定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

新たな販売チャネル ライブコマースの始め方

Fashion(ファッション)
スポンサーリンク

コロナ禍で注目されている新たな販売チャネル「ライブコマース」。ライブコマース・サービス「HandsUP(ハンズアップ)」を提供する17LIVEが、普及の背景と実際に販売現場で活用するまでを解説する。

 

2021年後半に入っても依然コロナ禍の中での生活を余儀なくされ、消費の回復は厳しい現状が続いています。そんな中、飛躍的に伸び、成果を出し続けている新たな販売プラットフォームであるライブコマースが注目されています。

世界ではITを活用した様々な購買プラットフォームが誕生しています。ライブコマースもその一つで、日本国外に目を向けると、アメリカでは複数のライブコマース関連のスタートアップが資金調達をしています。ライブコマース先進国の中国では、利用するユーザー数は既に約2.65億人に到達し、ECを利用している人のうち約4割は既にライブコマースを通じてモノやサービスを購入するほど市場は成長しています。

日本でのライブコマース関連の事業者も続々と増えてきているので、今後、中国同様に盛り上がりが期待されています。

当社の営業担当が各企業と日々やり取りする中でも、ライブコマースへのニーズが大きくなっていることを非常に強く感じます。昨今、DXというワードが飛び交っていますが、購買における「DX」ともいえるライブコマースも、日本国内で重要な接客・販売チャネルと認識され、導入し始めたと捉えています。

ライブコマースの特徴

そのようなライブコマースの特徴は、主に3点あります。

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント