日本ブランドが手がける、モダンなネイビージャケット3選

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

ネイビージャケットは大人の好印象を醸すアイテムのひとつとして、人気を集めています。今回、集めたのはここ数年で知名度を高めている、日本の3ブランド。

三者三様、それぞれに工夫があって、大人っぽいけどモダンさも薫る仕上がりになっています。

マディソンブルー

ブレザーを長めの丈で、モダンに味付け

すでにレディースでは高い人気を誇る「マディソンブルー」は、スタイリスト出身のデザイナーが手がけていて、攻め感とリアリティのさじ加減が絶妙。

ダブルブレストのブレザーは丈を長めにすることで、ハーフコートのようなムードを獲得。

ラペルは大きめにデザインされ、金ボタンと相まってクラシックな側面を際立たさせています。

  • ジャケット10万7800円 、シャツ3万9600円 (2点共マディソンブルー/マディソンブルー TEL 03-6434-9133)
  • パンツ2万8600円(ビナイン/エヌエスナイン TEL 03-5877-9442)
  • 眼鏡3万8500円(フォーナインズ/フォーナインズ TEL 03-5797-2249)

ユーゲン

素材の特性を生かして丸みのあるフォルムに

2019年秋冬にスタートしたブランド「ユーゲン」。ニューカマーながら、目利きたちがこぞってラブコールを送る存在になっています。

紺ジャケットはゆるやかなシェイプで仕立ててあり、ハリのあるウールによって構築的なフォルムを形成。袖もあえて長めに設定することで、モダンさを付与。丸みを帯びた肩まわりが柔和な表情を引き出しています。

  • ジャケット9万6800円(ユーゲン/イデアス TEL 03-6869-4279)
  • ポロシャツ2万8600円(ジョン スメドレー/ビームス 六本木ヒルズ TEL 03-5775-1623)
  • パンツ1万9800円(ビームス プラス/ビームス プラス 原宿 TEL 03-3746-5851)

ラファーボラ

シャープなカットが生む新しいシルエットバランス

2015年にスタートした「ラファーボラ」。イタリア語で物語を意味する言葉のとおり、身につける人それぞれの物語を紡(つむ)いでほしいという願いが込められています。

シングルブレストの紺ブレは、スクエアカットの裾が新鮮。こちらも丈は長めで、落ち着いた表情に仕上げてあります。サイドベントのスリットが深く、横から見ると、裾広がりのシルエットに。

  • ジャケット8万6900円(ラファーボラ/ラファーボラ TEL 050-5218-3859)
  • セーター6600円(ナノ・ユニバース/ナノ・ユニバース カスタマーサービス TEL 0120-705-088)
  • パンツ2万5300円(グラミチ フォー カモシタ ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL 03-3479-8180)
MEN’S CLUB (メンズクラブ) 2021年7月号 (2021-05-25) [雑誌] | ハースト婦人画報社 | 男性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonでハースト婦人画報社のMEN’S CLUB (メンズクラブ) 2021年7月号 (2021-05-25) 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

マガジンまとめ
こんにちは。 マガジンまとめを訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらの記事では、普段私が発信しているマガジン/メディアを一覧化した物になります。 Kazuhiro Mouri Blogでは更新のお知らせを随時発信されている...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント