定期購読者様限定ページはこちら

日本発信の世界展開は初 H&Mジャパンが日本ブランドとコラボ

Fashion(ファッション)
スポンサーリンク

アパレル大手、H&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパンが日本のブランド「TOGA(トーガ)」とコラボレーションしたコレクションを2021年9月2日に数量限定で発売した。H&Mは04年以来、有名デザイナーやブランドとコラボしてきたが、日本発信で世界展開が決まったコラボはこれが初めてとなる。

日経クロストレンド

より

2021年8月31日に行われた発表会に登壇したH&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパンのルーカス・セイファート社長(左)とTOGAデザイナーの古田泰子氏(右)

今回、H&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン(東京・渋谷、以下H&Mジャパン)がコラボした「TOGA(トーガ)」は、ジェンダーレスかつ個性的なファッションにより、ロンドンコレクションなどで高い評価を得ているブランドだ。

 1997年にデザイナーの古田泰子氏が設立。メインのラインとなるTOGAの他、「TOGA PULLA」「TOGA VIRILIS」などのラインを展開。オンラインストアを参照すると、価格帯はメインラインのTOGAのカットソーやニットなどのトップスで、約3万~7万円となっている。

 H&Mとのコラボに当たっては、「TOGA ARCHIVES X H&M」というコレクションを新規に立ち上げた。商品型数はウイメンズ、メンズ、アクセサリー、色違いを含めて55種類で、商品の価格帯は1299~2万9999円(税込み)。国内16店舗と欧州やアジアなどのグローバルの9カ国計27店舗、および公式オンラインストア(全52市場)で展開する。日本では9月2日の発売から約1週間でほぼ完売となり、再入荷分も売り切れ状態だ。

日本発のコラボとして初の世界展開

 H&Mは、2004年のカール・ラガーフェルドを皮切りに、これまで有名デザイナーやブランドと数多くのコラボを行い、世界で高い人気を得てきた(関連記事「ユニクロ、H&Mと有名デザイナーのコラボは〈愛用品〉になるか」)。ただこれまではすべて海外発信。21年8月31日に開催したTOGAとのコラボ発表会でH&Mジャパンのルーカス・セイファート社長は、「TOGAはH&Mジャパンから発信するコラボコレクションとして、初めて世界展開が決定した」と喜びを示した。

 世界展開が決まったのは、TOGAの「性差なく自分が着たい服をそのまま着られる社会になるように」という思いが込められたコラボコレクションが、本国から高い評価を得たからだという。

 発表会の席で古田氏自ら解説していたが、TOGA ARCHIVES X H&Mの商品は、カットアウト(切り抜きなどの加工)から違う柄を見せたり、肌の露出を増やしたり、着る人によって様々な楽しみ方ができる点が大きなポイントだ。「今回のコレクションを通して一人でも多くのユーザーに、自分らしいファッションを楽しんでいただければ」(H&Mジャパン広報担当者)という。

 また「プロジェクトは2年前にTOGAに依頼しスタートしたが、東京オリンピック2020開催により日本が注目される」ことも大きかったとセイファート社長。

 加えて、H&Mジャパンとしては、同コラボの世界展開が、グループ全体で取り組んできたサステナビリティー(持続可能性)や多様性に関するメッセージ発信の機会になることにも期待する。

 スウェーデンに本社を置くH&Mは07年に日本で事業を始め、ファストファッションとして存在感を放ってきた。多くの人が購入しやすい価格帯で、デザイン性とクオリティーの高い商品を販売する姿勢を保つ一方、カナダの出版・調査会社であるコーポレート・ナイツ社が20年に発表した「Global 100」では、サステナブルな企業100社の内の1社に選ばれるなど、サステナビリティーにも力を入れる。

 「この(サステナビリティーへの)取り組みは、終わりがあるものではない。世界全体で永続的に対話を続け、取り組み続けていかなければいけないものだ。本コレクションは、TOGAやデザイナーの古田氏の思いと弊社の思いが一致している」(H&Mジャパン広報担当者)として、より多くの人々にコラボを通じてメッセージを発信することへの意欲を見せた。

発表会では実際にコレクションを身に着けたモデルも登壇。古田氏がデザインについて解説。「カットアウトから違う柄を見せたり、肌の露出を増やしたり、着る人によって様々な楽しみ方ができる点も大きなポイント」という

コラボを知った幅広い層に認知

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント