有末麻祐子さんからパンツスタイリングを学ぼう

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

みなさん、モデルの「有末麻祐子さん」という方をご存知でしょうか?
すみません、僕はお会いしたことないのですが(笑)

女性ファッション誌「CLASSY. 12月号」の特集で。
有末麻祐子さんのパンツスタイル特集がありました。

このスタイリングがイケててですね、参考になると思いますので。
本日は、有末麻祐子さんのパンツスタイリングをご紹介したいなと思います。

引用元は下記になります。

CLASSY.(クラッシィ) 2020年 12月号 | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのCLASSY.(クラッシィ) 2020年 12月号。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またCLASSY.(クラッシィ) 2020年 12月号もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

有末麻祐子さんについて

すみません、お会いしたことがないので。
ネットでの参照になりますが。

「ミスセブンティーン2007」に選ばれ、『Seventeen』専属モデルとなった後、2012年より『ViVi』レギュラーモデルになる。2014年10月から2019年7月までは、JJ専属モデルとして活躍した。現在、『Oggi』、『CLASSY.』、『andGIRL』等、複数の雑誌でレギュラーを務める。また、「東京ガールズコレクション」などのショーにも出演し、ブランドとのコラボアイテムも発売している。

引用元:ザテレビジョンより

セブンティーンご出身の方だったんですね
でも確かに、OggiやCLASSY.などで良く見る気がします。
最近では、一般人男性とのご結婚で話題になりましたね♪

なぜパンツスタイル?

今回参考にさせて頂きました、「CLASSY.12月号」の特集はパンツスタイルがテーマに挙げられていました。
この秋のコーディネートのスタイルの1つとして、パンツスタイルはトレンドの1つではありますね。

パンツスタイル1つ取っても、色々なスタイリングがあります。
今回は、ほぼ「100%毎日パンツスタイル」の有末麻祐子さんからインスプレーションを頂き。
本日のコーディネートの参考にしていただければと思います。

そんな私も30歳を目前に、少しずつ服に対する気持ちや基準が変わってきました。
毎日どれだけ違う服を着るかに執着していた今までとは違い、長く使えるいいものを手に取るように。
服を作る過程で、素材などのディテールと価格のバランスに深く向き合うことになったのもいい気づきになったかも。
厳選したアイテムの中でも、ワードローブに欠かせないのはやはりパンツ。
外出する機会が減り、プラおベート空間で過ごす時間が増えた分、着心地の良さよも以前より意識するように。
今はパジャマにならない「キレイめカジュアル」を目指しています。

引用元:CLASSY.12月号 有末麻祐子さんの言葉の一部

やはりこの秋はデニムスタイル?

ハイウエスト×フレアパンツ。
デニムパンツはとアニマル柄を組み合わせて今っぽく仕上げていますね。
トレンドってサイクルですから、長く使えるデニムフレはいつの時代でも活躍できる気がします。

  • デニム=OSHIMA REI
  • カットソー=HYKE
  • コート=muller of yoshiokubo
  • バッグ=Stella MeCartney
  • シューズ=MAISON RUREKA

ワントーンキレイ目スタイリング

年上の先輩と出かけるときは、キレイめ&華やかさを意識。

ポイントは、ワントーンやオフホワイト、色合いのことなる白を気にせず重ねるところ。
全体的にルーズなシルエットだから、ウエストマークしている。

  • デニム=CLANE
  • ニット=ELENDEEK
  • カットソー=UNIQLO
  • シューズ=Reebok
  • EARRINGS=Bijou R.I

パンツスタイルと足元の組み合わせ

太めのパンツには、ボリューム靴&インパクト靴でバランス。
原則ヒールは履かずに、その日の予定に合わせた足元で。

バックでワンポイント

秋冬のアウター類と、ワイドパンツやフレアパンツなどと共に。
ボリューム調節として、斜めがけのバックなどおすすめに。

  • バッグ=BOTTEGA VENETA
  • オーバーオール=ALEXA CHUNG for AG
  • ブラウス=Rouje
  • シューズ=Maison Margiela

引用元は下記になります。

CLASSY.(クラッシィ) 2020年 12月号 | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのCLASSY.(クラッシィ) 2020年 12月号。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またCLASSY.(クラッシィ) 2020年 12月号もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

日常を切り取るならインスタグラム

僕が見ててもおしゃれやな〜って思う。
インスタグラムは、誰でも見れますし。
日常を切り取っていますので、参考になると思います。

本日は、僕が独断と偏見でピックしたパンツスタイルを紹介します。

このスウェットは多分ご自身でやっているブランドだと思うのですが。
そのグリーンとパンツの組み合わせですよね。
柄物を加えることで、より立体的に見えますよね。

この投稿をInstagramで見る

☕️☕️☕️

Mayuko Arisue(@mayukoarisue)がシェアした投稿 –

PUBLIC TOKYOのシャツとデニムで秋っぽい着こなし。
みなさんココにも斜めがけバックが。
先ほどもお伝えしました、ボリュームの甘辛ですね。

この投稿をInstagramで見る

赤だった日🤡

Mayuko Arisue(@mayukoarisue)がシェアした投稿 –

muller of yoshiokuboの赤いパンツ。
白TEEとの組み合わせで、靴も白靴を持ってきています。

組み合わせが難しそうなパンツですが。
さらっと着こなしているところがイケていますね。

この投稿をInstagramで見る

ブランドはタグ付けました!

Mayuko Arisue(@mayukoarisue)がシェアした投稿 –

これ3月なので、春のスタイリングなんですが。
全然この時期でも着こなせそうですね♪

 

他にもいっぱいありますが。
気になる方は、ご自身で訪問して見てくださいな♪

まとめ

本日は、有末麻祐子さんのパンツスタイルを学んで行きました。
パンツ1つとっても色々な組み合わせができて面白いですよね♪

あと、素材や形で雰囲気がまたガラッと変わりますから。
みなさんも上記を参考に色々な組み合わせを試して見てはいかがでしょうか?

 

あと、「おしゃれ」をテーマにブロマガ書いていますので。
そちらも合わせて参照して見てください。

ブロマガの詳細はこちら
初めまして。 KM Letterに訪問頂きありがとうございます。 こちらのブロマガでは、noteというブログサービスを利用して。 『おしゃれ』をテーマに 毎週末あなたにとってお得な情報と共に私の日々感じる想いを添えて...

自身の経験談も含め、皆さんに『おしゃれ』に必要なノウハウなどをお届けできれば幸いです。
ファッション好きにはたまらない、アパレルの最新情報など。
ここでしか配信されない内容も盛り沢山です♪

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント