定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

洒落者たちの自宅SNAP:「ドレイクス」マイケル・ヒルさん

アパレルマグ
スポンサーリンク

英国のシェルフ、ブラジルのチェア、日本の器…。世界各国の名品が入り交じったインテリアですが、それらには共通するキーワードがあることに気づきます。

「一見シンプルでいて、実は巧妙に計算されたデザインであるもの。実用的で、使うほど秘められた魅力が発揮されるもの。そんなプロダクトに引かれますね」と話すのは、「ドレイクス」でクリエイティブ ディレクターを務めるマイケル・ヒルさん。英国を軸にしつつ、国際的な感性で躍進する「ドレイクス」の担い手らしい美学です。

そんなマイケルさんの自宅に、今回訪問しました。

PROFILE
1977年生まれ。父は「ドレイクス」初代ネクタイデザイナーである、チャールズ・ヒル氏。2010年に現職へ就き、一躍世界から注目される。ちなみに写真は平日用に構えるロンドンの住居で、週末はデヴォン州の本宅で過ごしているとのこと。

MEN’S CLUB (メンズクラブ)[特別版] MEN’S CLUB 2021 Summer Special issue (2021-07-24) [雑誌] | ハースト婦人画報社 | 男性のライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonでハースト婦人画報社のMEN’S CLUB (メンズクラブ)[特別版] MEN’S CLUB 2021 Summer Special issue (2021-07-24) 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な...

より

マイケル・ヒルさんの自宅SNAP#1

 さまざまな書籍が並べられた、「ヴィツゥ」の606 ユニバーサル・シェルビング・システム。

「間仕切りとしても機能する、優秀な家具です」と、マイケルさんはコメントしました。

マイケル・ヒルさんの自宅SNAP#2

 アートの収集にも熱心なマイケルさん。「友人の芸術家による抽象画が多いですね。服づくりのインスピレーションにもなってくれます」と、アートについて語ってくれました。

マイケル・ヒルさんの自宅SNAP#3

 大分の伝統工芸・小鹿田焼の器は、日本の友人からのプレゼント。

「本宅があるデヴォン州の近隣に、小鹿田焼にもゆかりのある陶芸家バーナード・リーチが残したポタリー(陶器)があり、その縁もあって深い愛着を感じています」と、マイケルさんは陶芸への思いについて話してくれました。

マイケル・ヒルさんの自宅SNAP#4

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
定期購読(サブスクリプション)サービスのご案内をご訪問頂き誠にありがとうございます。 noteでのサービス提供廃止に伴って、noteで提供しておりました過去の有料コンテンツならびに、これからの有料コンテツは全て「Kazuhiro Mour...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント