定期購読者様限定ページはこちら

為替とは? 円高・円安ってどういうこと?

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。

わかっているようで、実はよくわかっていない「為替(かわせ)」の仕組み。円高・円安とは何か、為替レートとは何か……。投資信託などを使って資産形成をする際には、ぜひとも押さえておきたい知識です。

日興フロッギーより

「円高還元セール」のカラクリ

経済ニュースに限らず、いろいろなところで耳にする「円高」「円安」という言葉。あまりにもよく聞く言葉なので、ついつい理解しているつもりになりがちですが、「ところで、円高って何だっけ?」と急に聞かれたら、きちんと答えられますか?

ひと昔前に、スーパーマーケットなどで「円高還元セール」が盛んだった時期がありました。なぜ「円高」になると「還元」されて、買い物をしたお客さんが得をするのでしょうか? ややこしく見える円高・円安の仕組みを、スーパーでのお買い物を例に、わかりやすく説明します。

ある日スーパーマーケットへ行くと、以前1000円で売られていた米国産のサーロインステーキ肉が、円高還元セールで15%オフの850円になっていました。なぜ、スーパーはお肉を安く売ることができるのでしょうか?

米国産の牛肉を日本のスーパーで売るためには、アメリカでお肉を仕入れる必要があります。当然、支払いは日本円ではなく米ドルです。したがって、仕入れ担当者は日本円を米ドルに交換する必要があります。

このときに円と米ドルを交換する取引のことを「外国為替取引」、あるいは単に「為替取引」といいます。そして、円と米ドルの交換比率を「為替レート」と呼びます。

たとえば、米国産牛肉を仕入れるために100万円用意したとします。為替レートが1ドル=125円であれば、100万円は8000ドルと交換できます。1ドル=100円なら、100万円は1万ドルになり、125円のときより2000ドル多くなります。

1枚10ドルのステーキを買う場合、円高の方がより多くのお肉を買えます。

同じ800枚分のステーキを比較した時、円高のおかげで、2割も安く仕入れることができます。したがって、値下げしてもスーパーは利益を確保できます。お客さんにとっては安く買える方がうれしいので、スーパーはお客さんを呼び込むためにセールを開催します。これが円高還元セールの仕組みです。

為替は私たちの生活と切っても切れない関係

私たちの身の回りにあるものは、多くが外国から輸入した材料で作られています。普段食べているパンも、原材料の小麦の約9割は輸入に頼っています。機械の部品で使われる金属やプラスチックも、その材料となる鉱石や石油は日本ではほとんど生産できません。そもそも、日本の発電所で使われている天然ガスや石炭も、その大半が海外からの輸入です。

たとえアメリカやカナダなどの国内で小麦の値段が変わらない場合でも、為替が円安になると、日本人にとっては小麦が値上がりすることになります。このため円安になると、パンは値上がりしやすい状況になります。逆に、円高ならば小麦が安く買えるようになるため、パンの値段も下がりやすくなります。

このように為替は、私たちの生活とは切っても切れない関係にあるのです。

為替(外国為替)とは

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント