定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

為替ヘッジって何? 資産形成と為替の関係

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

こんにちは。

知っているようで、実はよくわかっていない「為替(かわせ)」の仕組み。今回は、為替が資産形成にどのような影響を与えるのかを考えていきます。

為替の変化は「投資」にも影響大

為替は、私たち日本人が海外のモノやサービスを購入するときに必ずついて回るものです。前編で見てきたように、円高になれば海外の製品などを安く買えますが、円安になると高くなってしまいます。

日本は食料品や洋服などの日用品、天然資源やエネルギーなど、多くのものを輸入に頼っているので、為替変動は私たちの生活に大きな関わりがあります。

これは資産形成でも同じことが言えます。私たちは投資信託などを活用することで、海外の株式、債券、不動産などへ手軽に投資することができます。米国株のように、長期にわたって成長を続けている資産に投資できることは大きな魅力ですが、実はここでも為替が関わってきます。

日本円で海外の株式などに投資するとき、評価額が変動する要因は主に2つあります。資産そのものの価格や配当・分配金の変動、そして為替変動です。

ちなみに国内資産の値動きは、為替変動の影響を直接受けることはありません(ただし、個別銘柄について「円安のため海外での売上が伸びて株価が上がった」など、間接的に影響を受けることはあります)。

国内外の資産の主な変動要因

たとえば、日米それぞれの株価指数への連動を目指す投資信託を買ったとします。日本の株価指数が10%上昇すれば、指数に連動する投資信託の価格も連動して10%ほど上昇します(手数料などは考慮しません。以下同じ)。

しかし、米国の株価指数が10%上昇しても、投資信託が円建ての場合、価格は必ずしも10%上がるとは限りません。それは、為替変動の影響があるからです。

「為替ヘッジ」で為替変動の影響を軽減できる

為替レートは、いろいろな要因が複雑にからみ合いながら動きます。これから円高になるか、あるいは円安になるかは、プロの投資家でも正確に予測できないほど難しいものです。「来年は円安ドル高になりそうだから、米国の株式に投資しよう」と思っても、なかなか狙いどおりにならないのが投資の世界です。

実は、海外の株式や債券などに投資する投資信託やETFの中には、値動きの2つの要因のうち、為替変動の影響を抑える機能を持つものもあります。この仕組みのことを「為替ヘッジ」といいます。

為替ヘッジを行う投資信託を選べば、円高か円安かを気にする必要がほとんどなくなり、投資対象となる市場の値動きのみ見ればよくなります。

具体的なETFを例に見てみましょう。まずは、米国株式市場の代表的な株価指数である「S&P500」に連動する、為替ヘッジあり・なしのETFの値動きを比較してみます。

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント