定期購読者様限定ページはこちら

白、黒、ベージュ…「大人女子の秋シャツコーデ」12選

CORDE・DRESSING(コーデ・着こなし)
スポンサーリンク

1年を通して使える定番アイテム「シャツ」を使った着こなし。トップスとして着るのはもちろん、少し肌寒い今の時期なら、さらりと羽織ってアウター代わりに使うのもおすすめです。そこで今回は最新の「長袖シャツ」コーデを色別に12スタイルご紹介します!

より

秋の「白シャツ」コーデ3選

【旬のボリューム袖白シャツ】
ニットベストを重ねてひと手間感を

ブラウスとパンツのワンツーコーデにベストを重ねて、こなれた雰囲気を演出。幼く見えがちなニットベストは、上半身を同色でまとめることで、大人っぽく仕上がります。存在感抜群の柄バッグで、シンプルな装いにアクセントを加えて。

  • ベスト¥26,400(アダワス/ショールーム セッション)
  • シャツ¥13,000(ノーク)
  • パンツ¥18,700(カデュネ/カデュネ プレスルーム)
  • カチューシャ¥3,850〈ジェニファー オーレット〉バッグ¥59,400〈ア バケーション〉(ともにロンハーマン)
  • ピアス¥24,200〈インツーデザイン〉ブレスレット右¥36,960〈パズコレクティブ〉(ともにZUTTO HOLIC)
  • 同左¥6,600(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)

 

【きちんと感漂う白シャツスタイル】
カーキのジャケットでこなれ感を

白シャツに黒パンツを合わせたモノトーンコーデには、カーキのジャケットでこなれ感を加えて。真面目なジャケパンコーデも、足首のスリットデザインのおかげで、ほどよい抜け感が生まれます。

  • パンツ¥25,300(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan新宿店)
  • ジャケット¥25,300(FRAY I.D/FRAYI.D ルミネ新宿2店)
  • シャツ¥29,700(ティッカ)
  • ショルダーバッグ¥123,200 iPadケース¥40,700(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)
  • パンプス¥80,300(トッズ/トッズ・ジャパン)
  • ピアス¥8,690(マシェット/ZUTTOHOLIC)
  • 時計¥29,700(リップ/エイチエムエスウォッチストア表参道)

 

【白シャツ×切りっぱなしデニム】
頑張りすぎないパリシックコーデに

ベーシックな白シャツにデニムを合わせた定番の着こなしも、シルエットにこだわるだけでグッと今年っぽい雰囲気に。ボリュームスリーブのシャツなら着痩せ効果バッチリです。

  • ボリュームスリーブシャツ¥34,100(EVA MANN/THIRD MAGAZINE)
  • デニムパンツ¥26,400(レッドカード/ゲストリスト)
  • ストール¥39,600(アソースメレ/カオス表参道)
  • サングラス¥39,600(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)
  • パールピアス[右耳]¥59,400 ブレスレット¥39,600(ともにマリハ)
  • リング¥16,500(シンパシーオブ ソウル スタイル/フラッパーズ)
  • サンダル¥8,800(ティキーズ/エスケーパーズオンライン)
  • かごバッグ¥132,000(エバゴス/マドリガル南堀江店)

秋の「黒・ネイビーシャツ」コーデ3選

【ネイビーのシャツを上品に着こなして】
ハイカットスニーカーでカジュアルダウン

ネイビーのシャツには、くすみピンクのプリーツスカートを合わせて、大人可愛い雰囲気に。シャツ一枚よりも、タンクトップを重ねることで、コーデに奥行きが生まれます。足元はハイカットのコンバースで、カジュアルにまとめるのがポイントです。

  • シャツ¥10,450(ステートオブマインド/ゲストリスト)
  • グレータンクトップ¥2,090(ベイフロー/アダストリア)
  • プリーツスカート¥10,450(Mila Owen/Mila Owenルミネ新宿2店)
  • サングラス¥52,800(アイヴァン7285/アイヴァン7285トウキョウ)
  • かごポシェット¥18,700(ヴィオラドーロ/ピーチ)
  • イヤリング¥6,480ゴールドバングル¥5,400(ともにアビステ)

 

【レトロ可愛いオールブラックコーデ】
黒のドット柄なら大人っぽい雰囲気に

可愛らしいイメージが強いドット柄アイテムも、黒ベースなら大人でも着こなしやすい!ボトムスには黒パンツを合わせて、辛口にシフトするのが正解です。足元はヌーディーなフラットシューズで、抜け感を意識して。

  • ブラウス¥24,200(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)
  • パンツ¥8,990(プラステ)
  • バッ グ¥135,300(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)
  • シューズ¥27,500(カルチェグラム/デュプレックス)
  • 時計(スタイリスト私物)

 

【黒シャツ×フレアパンツ】
くすみオレンジのパンツで秋らしく

まろやかで優しい色合いのオレンジのパンツで、季節を意識した着こなしに。トレンドのフレアパンツなら、足首の華奢見えも叶います。締め色のシャツをトップスに合わせて、大人っぽく仕上げて。

  • パンツ¥1,990(GU)
  • シャツ¥13,500(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ丸の内店)
  • バッグ¥28,000(VASIC/ヴァジックジャパン)
  • ストール¥40,000(ベグ アンドコー/ボーダレス)
  • パンプス¥79,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシカスタマーサービス)
  • イヤリング¥15,219(アビステ)

秋の「ベージュ・ブラウンシャツ」コーデ3選

【アウター代わりのシャツでキレイめに】
ベージュ・黒・キャメルの大人配色

黒ニット×キャメルのパンツの組み合わせに、ベージュのシャツをプラス。コントラスト強めな配色も、ベージュカラーが加わることで、違和感なくなじみます。ベージュ・黒・キャメルの大人配色で、ニットパンツをスタイリッシュに着こなして。

  • ニットパンツ¥12,100(ステートオブマインド/ゲスト リスト)
  • シャツ¥26,400(GALERIEVIE/GALERIEVIE)
  • Tシャツ¥9,790(ティッカ)バッグ¥31,900(オルセット/オルサ)
  • シューズ¥26,400[10月発売](ツル バイ マリコ オイカワ)
  • ベレー帽¥6,930(CA4LA/CA4LAプレスルーム)
  • ピアス¥12,960ネックレス¥21,000バングル¥6,480(すべてアビステ)

 

【ブラウンのシャツで季節感を意識して】
アースカラーでまとめれば秋らしさ満点

カジュアルな雰囲気のパンツは、ブラウンのビッグシャツをINせず合わせてラフに着こなしたい。メンズライクになりがちなカーキのパンツは、光沢感のある素材で上品に。足元はストラップサンダルで、キレイめな印象をプラスするのがポイントです。

  • シャツ¥29,700(ANAYI)
  • タンクトップ¥11,000(COCUCA/ザ ストア バイシー 代官山店)
  • パンツ¥35,200(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)
  • カゴバッグ¥27,500(ケッシュ ル エッセンシャル)
  • サンダル¥20,900(ピッピ/ベイジュ)
  • サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)
  • ネックレス〔2本セット〕¥14,850ブレスレット¥8,250(ともにイン ムード/フォーティーン ショールーム)

 

【フェミニンなピンクベージュのシャツ】
バンドカラーデザインが今年っぽさ満点

ほどよいシアー感があるバンドカラーシャツは、キレイめな印象を守れば通勤にも使えます。女っぽい雰囲気のピンクベージュで、キレイめに着こなすのが正解です。ボトムスはワイドパンツをチョイスして、ちょっぴり甘口なピンクコーデをピリッと引き締めて。

  • バンドカラーシャツ¥19,800(エリオポール/エリオポール代官山)
  • ワイドパンツ¥23,100(ドレスレイブ/ジオン商事)
  • バッグ¥67,100(ジャンニ キアリーニ/ジャンニキアリーニ銀座店)
  • メガネ¥51,700(アイヴァン7285/アイヴァン 7285トウキョウ)
  • ピアス¥13,310(ヴィヴ&イングリッド/ZUTTOHOLIC)
  • キャミソール/スタイリスト私物)

秋の「カラーシャツ」コーデ3選

【ブルーのシャツ×ブルーのニット】
スリットパンツで今年っぽさをプラス

長め丈のブルーのバンドカラーシャツに、旬の黒パンツを合わせた秋コーデ。重くなりがちな黒パンツも、スリット入りなら軽やかなムードに。ニットを肩掛けすることで、シンプルなワンツーコーデに奥行きが生まれます。

  • パンツ¥22,000(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan新宿店)
  • シャツ¥28,600(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア青山店)
  • 肩にかけたニット※10月上旬発売予定¥8,910(グリーンレーベル リラクシング/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング自由が丘店)
  • バッグ¥179,300(ザンケッティ/八木通商)
  • パンプス¥31,900(ツル バイ マリコ オイカワ)
  • ネックレス¥46,200(インディアン ジュエリー/ロンハーマン)
  • リング¥25,300(e.m./e.m.表参道店)

 

【定番シャツは鮮やか赤をセレクト】
ボトムスはデニムでカジュアルダウンさせて

定番のデニムスタイルは、カラーシャツで大人の遊び心を演出して。シャツは長め丈やとろみ素材、長めの袖口など凝ったデザインをチョイス。いつものシャツコーデがグッと今年っぽく仕上がります。

  • デニムパンツ¥3,990〈UNIQLO〉
  • シャツ¥2,990 8月中旬、オンラインストアと一部店舗のみ販売〈HANA TAJIMA FOR UNIQLO〉(ともにUNIQLO)
  • バッグ¥7,590(カカトウ/アンビリオン)
  • サンダル¥8,800(eL JEANASIS/アダストリア)
  • ピアス¥3,740(mimi33/サンポークリエイト)

 

【デニムシャツでラフな雰囲気に】
インナーは黒でまとめて大人っぽく

黒ニットに黒パンツを合わせたオールブラックコーデ。アウター代わりのデニムシャツで、ほどよくカジュアルダウンさせるのが正解です。インナーが黒なら、幼く見えがちなデニムシャツコーデも、グッと大人っぽい雰囲気に仕上がります。

  • ニット¥27,500(スローン)
  • シャツ¥29,700(THIRD MAGAZINE/THIRD MAGAZINE)
  • パンツ¥28,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店)
  • サングラス¥41,800(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)
  • ネックレス¥415,800ピアス¥66,000(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)
  • 靴¥88,000(JIMMY CHOO)
  • バッグ¥97,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

SNSやブログでは語られない購読者限定のニュースレター配信。
購読者限定の特典も多数ございます。

ニュースレター配信のお知らせ
今なら初回2週間無料 Kazuhiro Mouri's Newsletter登録フォーム この度は、Kazuhiro Mouri’s Newsletterをご訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらのニュースレターは、僕が普...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント