着映えトップスで洒落る【ブラックジーンズコーデおすすめ12選】華やぐシックな着こなし

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

カジュアルをシックに&きちんと感をリラクシーに中和してくれる黒デニム。きれいめ派にもクール派にも合う、大人のマストアイテムです。メンズライクなボトムには、フェミニンな要素で緩急をつけたい。華やぎトップスなら顔印象もぐっと上品に。

着映えトップスが“映え”を約束

色味の重心で落ち着いた印象にまとまる黒デニム。ふわっと軽やかなトップスで緩急をつくると好バランスです。今季は、フェミニンデザインや透け感トップスに大注目! 旬の甘辛スタイルが大人の洒落感をアップしてくれます。

≪POINT≫
・黒デニムが簡単にキマる甘トップス
・シルエットの緩急でメリハリを
・透け素材で着こなしに奥行きを

思い切りのいいフェミニン要素がアクセント

オンライン対策・マスク顔にうってつけの“着映えトップス”。ボリューム袖や大胆フリルなど、大胆なフェミニン要素が黒デニムコーデを華やかにアップデートしてくれます。ふんわりしたニュアンスが窮屈感・堅苦しさを排除してくれるので、ぐっと親近感のある印象に。

【1】上品映えビッグ襟ブラウス

パンツと合わせるだけでこなれるフリルカラーブラウス。ナチュラルになじむとろみ素材が、ワイドデニムとも好相性。

  • ブラウス¥25,000(TOMORROWLAND〈BACCA〉)
  • デニムパンツ[共布ベルト付き]¥22,800(ショールーム セッション〈SERGE de bleu〉)
  • バッグ¥17,000(DES PRÉS〈DES PRÉS BEVINI〉)
  • 靴¥29,000(PIPPICHIC)
  • 〝イロリエール〟のイヤリング¥18,000(ロードス)
  • リング¥32,000(カレンソロジー 青山〈Ariana Boussard-Reifel〉)

【2】細身デニムですっきりと

品のいいニュアンシーカラーが洗練さをもたらす、ラッフル袖ブラウス。二の腕をカバーしてくれるのも嬉しい。

  • カットソー¥19,500(モクオン〈ハイムクンフト〉)
  • パンツ¥2,000(ストライプ インターナショナル〈クラフト スタンダード ブティック プレスルーム〉)
  • イヤリング¥6,500(ステラハリウッド)

【3】甘辛モノトーンコーデ

タフな黒デニムと、くしゅっとしたボリューム袖がフェミニンな甘辛コーデ。浅めのVネックがきちんと感をキープ。

  • カットソー¥13,000(ストラ)
  • デニムパンツ¥12,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス®〉)
  • ヘアバンド¥12,200(ZUTTOHOLIC〈Jennifer Ou ellette〉)

【4】メリハリで下半身をスマートに

黒デニム×立体感のあるボリュームブラウスのワントーンコーデ。胸元のスリットが、“甘さ”よりも“女らしさ”を加速してくれる。

  • ブラウス¥18,800(デイトナ・インターナショナル〈アーセンス〉)
  • パンツ¥13,000(GUEST LIST〈Healthy〉)
  • バッグ¥28,000(ノーブル コレド日本橋店〈ラステリエール〉)
  • 靴¥27,000(ビームス ライツ 渋谷〈ファビオ ルスコーニ〉)
  • サングラス¥32,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)
  • ピアス¥26,000(アニカ イネズ)
  • リング¥38,000(アガット〈agete〉)

【5】女らしさと強さのシンプルコーデ

ボリューム感+透け感でより今っぽい甘めトップス。モードな黒デニムで引き締めることで、女らしさが引き立つ。

  • サンダル¥7,800(デッカーズジャパン〈テバ〉)
  • ブラウス¥40,000(ノーブル コレド日本橋店〈マーレット〉)
  • パンツ¥22,000(FLORENT)
  • バッグ¥14,800(ELENDEEK〈Maison Vincent〉)
  • ピアス¥65,000(アガット〈agete〉)

【6】上品で機能的なリラクシートップス

スタイリストもヘビロテするボリュームブラウス。

「カジュアルボトムとの組み合わせが気に入っているボリューム袖ブラウス。カーキ×黒のダークトーンも透け感のおかげで軽やか。食料の買い出しに愛用している保冷バスケットも黒ならおしゃれにまとまります」(スタイリスト:渡辺智佳さん)

  • Blouse_Whim Gazette
  • Pants_ZARA
  • Bag_FROM ST XAVIER
  • Shoes_BOTTEGA VENETA
  • Sunglasses_BLANC..
  • Earrings_ノーブランド

【7】力みを抜いて軽やかにギアチェンジ!

ファッションエディターが一目ぼれ! ハリのある素材がボリューム感をキープしてくれる、デザインブラウス。

「襟のついた辛口の白シャツよりも“かっこいい”とか“知的”とか“大人っぽい”とかという、強いメッセージ性は含んでいません。そのかわり、辛さも甘さも超越した白ブラウスには、おおらかさがあります。それがなんだか30代にはしっくりくるんです」(ファッションエディター:小林 文さん)

  • ブラウス/ZARA(¥5,990)
  • デニム/Mila Owen

シアーな軽やかさが新鮮さをプラス

もう一つのアラサー世代におすすめのトップスが“透け素材”。ハードな黒デニムに、ヘルシーな女らしさを投入して今っぽいバランスに。シンプルなデザインでも奥行きが生まれます。

【1】大人の余裕ただよう着こなし

シンプルなワントーンコーデも、ブラウスのドット柄と透け感でメリハリが誕生。黒デニムの色あせ感もいいバランスに。

  • デニム¥28,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈ザ ブラック〉)
  • シャツ¥9,000(ジャーナル スタンダード プラスイー〈ジャーナル スタンダード プラスイー〉)
  • バッグ¥12,000(エイトン 青山〈エイトン〉)
  • 靴¥5,400(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ニコラス ライナス〉)
  • イヤリング¥15,000(アガット〈agete〉)
  • リング¥8,500(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉)

【2】流行にとらわれない愛されトップス

こちらもドット柄のシアーなヴィンテージ風ブラウス。黒デニムでキレをプラスして、ほどよいモードに。

  • ブラウス¥1,490(GU)
  • デニムパンツ¥12,800(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム〈ローラス〉)
  • バッグ¥3,000(キャセリーニ〈キャセリーニ〉)
  • 靴¥8,900(ウィム ガゼット 丸の内店〈ティキーズ〉)
  • 手に持ったサングラス¥36,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)
  • 時計¥42,000(ビヨンクール 新宿髙島屋店〈D1 MILANO〉)
  • イヤリング¥10,500(ソワリー)

【3】個性派ブラウスは辛口ボトムで大人っぽく

ラインが透け素材になっているデザインブラウス。シックな黒デニムを合わせて、クリーンな女らしさをにじませて。

  • ブラウス¥51,000(ブランドニュース〈シー ニューヨーク〉)
  • パンツ¥39,000(エイトン 青山〈エイトン〉)
  • バッグ¥9,900(ビリティス〈ビリティス・ディセッタン〉)
  • 靴¥17,000(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)
  • 手に持ったスカーフ¥11,500(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム〈ポム アムステルダム〉)
  • イヤリング¥6,873(アビステ)
  • ネックレス[短]¥25,000・[長]¥28,000(エスケーパーズオンライン〈ハルポ〉)

【4】“きれいな人”印象のデニムコーデ

エレガントな白のレースブラウス。タンクトップをインすればヘルシーにまとまる。カジュアルさを足すデニムは黒を選んで、“張り切ってない雰囲気”に。

  • ブラウス[インナー付き]¥58,000(ebure)
  • デニム¥19,000(GUEST LIST〈RED CARD〉)
  • バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)
  • 靴¥30,000(PIPPICHIC)
  • ピアス¥18,000(エテ)
  • バングル¥18,000(ジュエッテ)

【5】カーディガンはトーンの近い色でなじみよく

透け感はカーディガンで取り入れるのもアリ! タンクトップをインすれば嫌味のない女らしさをまとえる。シアーな素材感で、ダーク配色の着こなしも軽やかな雰囲気に。

  • 〝アンスクリア〟のカーディガン¥39,000・〝OUD〟のタンクトップ¥9,800(アマン)
  • デニムパンツ¥18,000(バロックジャパンリミテッド〈BLACK BY MOUSSY〉)
  • バッグ¥15,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店〈MARROW〉)
  • ネックレス¥60,000(カオス丸の内〈フェイ アンドラダ〉)
Oggi(オッジ) 2021年 06 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのOggi(オッジ) 2021年 06 月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またOggi(オッジ) 2021年 06 月号 もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

より

最後に

今季はゼッタイに取り入れたい、トレンドトップス×黒デニムのおすすめコーデをご紹介しました。甘さや女らしさを、ハンサムな黒デニムに合わせる新鮮コーデ。

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント