竹下玲奈さんに学べ!チープシックコーデ

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

本日は、レディースファッション誌「otona muse 1月号」を参考に。
竹下玲奈さんのチープシップコーデを一緒に見ていきましょう♪

大人にとっての「チープシップ」って、ただやすいものを探すことじゃないよね。
そんな思いをミューズ界隈のスタイリストも下を巻くおしゃれ番長、モデルの竹下玲奈さんにぶつけて見ました。
オトナミューズの単独表紙登場はこれが初。
服が好きで、ブレなくて、地に足がついていて共感できる、私らしいチープシックの定義とは?

引用元は下記になります。

otona MUSE(オトナミューズ) 2021年 1 月号 | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでのotona MUSE(オトナミューズ) 2021年 1 月号。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またotona MUSE(オトナミューズ) 2021年 1 月号もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

竹下玲奈さんについて

モデル。1981年12月17日生まれ、鹿児島県出身。O型。1997年、ファッション誌『プチセブン』でモデルデビュー。ファッション誌『MORE』や、『non-no』、『sweet』、『GINGER』などで活躍。12年5月、結婚。同年12月、第1子女児を出産。

トレンドアイテムは ZARAで賢く! いつもカートに入ってる

今、流行ってるけど長くは使わないかも。
でも着たい!というものはZARAで買います。
フェイクレザーのスカートとか。
ネットストアのモデルの写真も可愛くて、参考にしたりする、ポージングの(笑)。
3日に1回くらい見て、とりあえずいいなと思ったものをネットストアのカートに入れて、10日間くらい足したり消したりして、でも結局買う。
ひと夏、ひと冬で使うつもりで。
でも、意外と気に入って長く着てるものも中にはあるかも。
何だろう、好きだと自分になじんじゃって、買ったときの値段は関係なくなりますよね。
多分そのころには、もう十分元が取れてる(笑)。

  • コート¥15,446、ニットプルオーバー¥5,446(共にザラ)
  • デニムパンツ¥23,000(RHC/RHC ロンハーマン)
  • バッグ¥186,000、パンプス¥203, 000(共にロジェヴィヴィエ/ロジェ·ヴィヴィエ·ジャパン)

私の定番、ミリタリーシャツは 10年愛モノ。あだ名はボロ布だけど(笑)

オトナミューズの私服特集で毎回使っているミリタリーシャツは、みんなにボロ布って言われるけど(笑)必需品。
例えばスニーカーみたいに「身に着けるものを育てる』って考え方があると思うけど、そういう次元じゃなく。
昔ね、Cherでチェリー柄のインナーセットを10年くらい、気に入って穴があいても着ていて、 妹に『いい加減ちゃんとした下着買いなよ」って何度も言われて、丁寧に包装して「ありがとうございました』って言ってごみ箱に捨てたんだけど、今でも捨てたことを後悔してるの。
だからこれは本当にボロ布になっても捨てないと思う(笑)。

  • JANTIQUESで思い出せないくらい 昔に買ったミリタリーシャツ、ACE by MORIZANEのブレスレット、ヴィンテージのリングは竹下さん私物
  • ブラウス¥52,000(ノーウォス/ビオト ープ)
  • オーバーオール¥39,000(ア パルトモン/アパルトモン 青山店)

ユニクロのカシミアに一生モノのバーキン、両極端だけど、私的にチープシック(左)

服を買うと着心地のためにタグを切っちゃうことが多くて。
で、ある日カシミアニットに穴があいてしまって、もったいないって縫ってたらユニクロだって気づいて。
そのときにユニクロってすごいなあとも思ったし、カシミアと名の付くものは高いブランドだろうとユニクロだろうとあったかくて素晴らしいんだと思った。
ユニクロはメンズのTシャツも愛用してます。
一方で2年くらい前に思いきって、娘にも受け継ぐことができるヴィンテージのバーキンを買ったの。
一生、使う。
これって、どちらも私にとってはチープシックなアイテムだな、と思います。

  • 服を買ヴィンテージのエルメスのバッグ、ソシエンティフィンチのベルトは竹下さん私物
  • カシミア100%タートルネックニット¥8,990(ユニクロ)※オンラインストア、 一部店舗のみ販売
  • パンツ¥36,000(マディソンブルー)
  • ALEXANDRE DE PARISのコラボヘッドバンド¥28,000、同バレッタ¥21,000(共にJ&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)
  • シューズ¥21,000(ドクターマ ーチン/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)

デッドストックのTシャツで即、こなれ感ゲット。古着も味方です(右)

¥3,900とかで買えるけど形と生地がよくって、首のところ破れちゃってるけど着てるのが古着屋さんで見つけた、デッドストックのTシャツ。
リーバイスのデニムは倉庫みたいなお店で見つけた掘り出し物で、一目惚れで2、3 万円くらいで買ったんだけどもっと価値のあるものだったみたいで、ラッキーだったね、って。
裾がほつれてきたら好きな糸で縫って、最近はハイウエ ストにしたりして。
好きなものを着倒すのは、結果的にコスパがいいのかも。

  • WilsonのデッドストックのTシャツ、20 年前に買ったLevi’sのデニムパンツは竹下さん私物
  • ニット¥22,000 (スティーブンアラン/スティーブンアラントーキョー)
  • モチーフネックレス¥182,000(タナーズ インディアン ス ーツ)
  • シルバーパールネックレス¥9 6,000(ハルポ/共にロンハーマン)

着なくてもいい。愛でるドレスで物欲が満たされるの

VITA KINのドレスを5、6年くらい前に買って、 2回くらいしか袖を通してないけど、いつも目に入るところにかけてあるの。
RRLのドレスもすごく薄いシルク生地で、おしゃれしようって日にタイツはいてそれ着てニット着てコート着て、たまあに出動するけど、やっぱり大事にとってある。
心の栄養。
見ているだけでも自分になじんで、いつか似合うようになる、気がする。
1番目に好きな服があって、似た服を探して安く買ったりすることってあるけど、結局着るのは1番の服でしよう。
2番目って出番がなくてもったいないなら、高くても、1番を買ったほうがいいなって思う。

  • CELINEのメガネは竹下さん私物
  • ドレス¥182,500(SIMONE ROCHA /ドーバー ストリート マーケット ギン ザ)
  • シューズ¥186,000(ロジェ·ヴィ ヴィエ/ロジェ·ヴィヴィエ·ジャパン)

猛烈に今の気分な服、例えばアンスクリアはヘビーユースするから結局、得!

お仕事でいろいろな服に触れ合う中で、値段以上によくできてるなって思うのは、アンスクリア。
決して安いわけじゃないけど、シルエットとか着心地とか、ディテールがよくて毎シーズン結局何か買っちゃう。
カレンソロジーも「3万円くらい するかな』と思って値札を見たら半額くらいで、ほほ一って嬉しくなる。
いい型紙使ってるなって感じます。
ちなみに、10万円以上で買ったものは10年経っても捨てることはないかもしれないです。
10万円超えていると勢いでは買えないですよね、一瞬、素に戻る(笑)。
それでもずっと着ると思えたら思いきったほうがいいんだなって、大人になって思えるようになりました。

  • スエットプルオーバー¥36,000(アン スクリア/アマン)
  • ニットパンツ¥3,628(ザラ)
  • ブラトップは竹下さん私物

引用元は下記になります。

otona MUSE(オトナミューズ) 2021年 1 月号 | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでのotona MUSE(オトナミューズ) 2021年 1 月号。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またotona MUSE(オトナミューズ) 2021年 1 月号もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

まとめ

どうでしたか?
なんか竹下玲奈さんのモノへの愛情が感じられてすごく好きになりましたね。

 

あと、「おしゃれ」をテーマにブロマガ書いていますので。
そちらも合わせて参照して見てください。

ブロマガの詳細はこちら
初めまして。 KM Letterに訪問頂きありがとうございます。 こちらのブロマガでは、noteというブログサービスを利用して。 『おしゃれ』をテーマに 毎週末あなたにとってお得な情報と共に私の日々感じる想いを添えて...

自身の経験談も含め、皆さんに『おしゃれ』に必要なノウハウなどをお届けできれば幸いです。
ファッション好きにはたまらない、アパレルの最新情報など。
ここでしか配信されない内容も盛り沢山です♪

またオンラインコミュニティも作りました。

オンラインコミュニティのご案内
初めまして。 『KM Community』にご訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらのオンラインコミュニティでは、『コミュニティ』をテーマに。 お得な情報とコミュニティ環境を提供している。 クローズドな会員限定の...

こちらのオンラインコミュニティでは、『ビジネススキル』をテーマに。
小売・サービス業界/副業/フリーランス/経営者/ビジネス初心者にとってお得な情報とコミュニティを提供している。

クローズドな会員限定のコミュニティになっておリます。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント