定期購読者様限定ページはこちら

色使い、着崩しの達人! ヴィクトリア・ベッカム【ファッションスナップ50】

CELEBRITY(セレブ)
スポンサーリンク

大人が絵になるスタイルを叶えるなら、ヴィクトリア・ベッカムの着こなしを参考にしたいです。定番アイテムを使っているのに、着崩しの極意を得ているから垢抜けて見える。意外性のある色合わせで、新鮮さを宿す…。今すぐ参考にできる着こなしテクニックは必見です。

  1. 「パンツ」は洗練感の宿るかっこいいスタイルへ
    1. 「穿き方」と「持ち方」で垢抜けさせて
    2. ニュアンスカーキで雰囲気たっぷりに
    3. 寒色ネイビーを支えるグレーと白
    4. つかず離れずなシルエットでモダンに誘導
    5. ぬくもりコーデに切れの良さを授けて
    6. 定番カジュアルにきれいめ小物を添えて
    7. スパイス小物で「着映え」を実行
    8. ロゴ入りで単調さを回避
    9. 大人のシンプルカジュアルの作り方
    10. 白を基調として凛とする
    11. 差し色の赤が大きく作用
    12. カラーブロックでモードな佇まいへ
    13. 赤を基調として目を引くスタイルへ
    14. レザー素材と少量の赤でかっこよく
    15. 抑揚シルエットで黒コーデに動きをつけて
    16. 真っ赤なセットアップで楽して絵になる
    17. 淡いグリーンで軽やかさをプラス
    18. ニュアンスカラーで品よく
  2. 「スカート」をスタイリッシュに着こなす方法
    1. ビッグトートでモダンさをミックス
    2. マチュアなボルドー×切れの良い白で抑揚を
    3. ポジティブイエローが黒によく映える
    4. 最高にかっこいいスカートスタイルの作り方
    5. カラー×カラーでエレガントをブラッシュアップ
    6. 寒色と暖色でメリハリ付け
    7. 真っ白なキャンバスに少量の赤と青をオン
    8. 柄ON柄で上級者な佇まいへ
    9. パステルグリーン×ベロアでキャッチーに
    10. 淡色×原色でメリハリある色使いへ
    11. モードなボトムコーデで定番ニットが見違える
    12. セットアップ活用でテクいらずで様になる
    13. ワインレッドでリンクさせて
  3. 「ワンピース」スタイルが垢抜けて見えるテクニック
    1. 白ストライプとイエローで清潔感たっぷり
    2. シンプルだからこそ色にこだわって
    3. 清々しいブルー小物でシャープさを加味
    4. レイヤード×小物テクでモダンさをアピール
    5. ぱきっとしたレッドとピンクで高揚感を授ける
    6. ワンショルダーでシックにきめて
    7. 赤とチャンキーチェーンを共鳴させる
    8. 深みのあるボルドーとカーキで大人の魅力を放つ
    9. ちらりと覗かせた赤で無難を脱却
    10. レイヤード術でリズミカルに魅せて
  4. 「アウター」で立体感を盛り上げて
    1. 襟を立たせてきりっと見せる
    2. 仕立ての良いチェスターコートで端正な表情へ
    3. きゅっとベルトマークしてメリハリラインを作る
    4. イエロージャケットを重ね、ぱっと華やかに
    5. カラー×カラーの繋ぎ役としてベージュコートを活用
    6. 黒コートをばさっと羽織って颯爽と
    7. カモフラージュ柄でハンサムにきめて
    8. 白投入でフレッシュカラーを引き立てる
    9. つややか襟でリュクスな雰囲気へ

「パンツ」は洗練感の宿るかっこいいスタイルへ

ヴィクトリア・ベッカムの「パンツ」スタイルは、定番アイテムを使っていても着崩し方にこだわったり、大胆な色合わせでこなれたオーラを放ちます。シンプルからモードまで、絵になるパンツスタイルをお届けします。

「穿き方」と「持ち方」で垢抜けさせて

定番色、アイテムを使った着こなしですが、パンツを腰落としで穿いたり、ビッグトートバッグをクラッチ風に抱えることでこなれた表情に仕上げています。

ニュアンスカーキで雰囲気たっぷりに

タートルニットとスラックスのシンプルワンツーは、ニュアンスのあるグレイッシュなカーキカラーを選ぶことで「雰囲気のある人」な佇まいへ。

寒色ネイビーを支えるグレーと白

ノーブルなネイビーニットトップスに、グレーと真っ白というスタイリッシュな色を添えることできりりと大人らしく。

つかず離れずなシルエットでモダンに誘導

白とパステルブルーという爽やかな配色も、つかず離れずな絶妙シルエットにこだわりつつ、パンツを腰落としで穿くことで垢抜け。

ぬくもりコーデに切れの良さを授けて

たっぷりネックのホワイトタートルニットとチェック柄パンツという温度を感じる装いも、Vカットパンプスでシャープさを授けるのがヴィクトリア流。

定番カジュアルにきれいめ小物を添えて

プリントTシャツとジーンズという定番カジュアルは、程よく身体が泳ぐシルエットを選んで今っぽく。小物はきれいめで統一し、クラスアップに繋げています。

スパイス小物で「着映え」を実行

プレーンな白Tシャツに、ほんのりダメージの入ったブルージーンズを合わせ表情をつけて。シルバーのチャンキーチェーンネックレスと真っ赤なパンプスでスパイシーな味付けを。

ロゴ入りで単調さを回避

シンプルな白黒コーディネートのアクセントになるよう、ロゴTシャツをセレクト。ここでも、パンツは腰落としで。クラッチバッグを小脇に抱えると、伊達男のようなかっこいいオーラを放てます。

大人のシンプルカジュアルの作り方

こちらのコーディネートでも、パンツの腰落とし、ビッグトートバッグをクラッチ風に抱えるテクニックを披露。ちょっとした着崩しで、シンプルカジュアルが様になります。

白を基調として凛とする

トップスからシューズまで、全て白で繋げたコーディネート。パンツをゆったり穿きつつ、フラットサンダルを合わせたことでエフォートレスなムードが盛り上がります。

差し色の赤が大きく作用

パステルブルーのニットプルオーバーに、イエローのグラフチェックが新鮮な白パンツを合わせフレッシュな配色へ。そこに鮮烈な赤シャツを覗かせ、エッジを効かせました。

カラーブロックでモードな佇まいへ

シンプルなプルオーバーとパンツという着こなしも、こんな鮮やかカラーの組み合わせならモード感たっぷりに仕上がります。

赤を基調として目を引くスタイルへ

マルチボーダーとパンツ、バッグを赤で統一した目を引く着映えスタイル。上下にバランスよく黒が散っているので、きりっと印象が引き締まります。

レザー素材と少量の赤でかっこよく

白Tシャツと黒パンツという定番ワンツーも、パンツの素材をレザーに置き換えることで辛口に。真っ赤なベルトを添えれば、オーソドックスな配色がたちまち新鮮に着地。

抑揚シルエットで黒コーデに動きをつけて

オールブラックスタイルは、細身のトップスとシューズを選び、インパクトのあるガウチョパンツを引き立てることでメリハリたっぷりに。

真っ赤なセットアップで楽して絵になる

ゆったりシャツとパンツのリラックスセットアップも、こんな鮮やかな赤なら簡単に着映え効果が手に入ります。グリーンピアスのセレクトも粋!

淡いグリーンで軽やかさをプラス

黒とコンパクトなシルエットで統一したシンプルスタイル。そこに淡いグリーンのポインテッドトゥブーツを合わせ、軽やかな印象と洒脱なムードを手に入れました。

ニュアンスカラーで品よく

パープルとグリーンという新鮮な色合わせも、ニュアンスカラーを選ぶことで大人らしくまとめることに成功しました。

「スカート」をスタイリッシュに着こなす方法

フェミニンな「スカート」スタイルも、ヴィクトリアの手にかかればスタイリッシュな印象に。都会派ムードを盛り上げる着こなし術をチェック。

ビッグトートでモダンさをミックス

マルチカラーのプリーツスカートをアクセントに、シャツとのコンサバスタイルをブラッシュアップ。白のビッグレザートートバッグでモダンさをミックスすれば、スタイリッシュにまとまります。

マチュアなボルドー×切れの良い白で抑揚を

深みのあるボルドーで統一したプルオーバーとパンプスの組み合わせに、シャープな白のナロースカートを合わせ切れよく整えて。

ポジティブイエローが黒によく映える

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント