定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

資生堂「アクアレーベル」に新ライン ユニバーサルデザイン採用

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

資生堂がスキンケアブランド「アクアレーベル」の新ライン「アクアウエルネス」を発表し、2021年8月21日に商品の販売を開始した。新ラインの商品ロゴは、広い層が「自分向けと思えるように」とシンプルで強い書体を採用。ユニバーサルデザインを取り入れ、女性だけでなく幅広い人たちが手に取りやすいパッケージにした。発売に先立ち、8月19日にはローンチおよび新商品発表会を開催。併せて同社が7月に行った調査結果から、「ウエルネスビューティー」への関心が高まっていることを示すなど、新ライン立ち上げへの自信がうかがえた。

アクアレーベルの新ライン、「アクアウエルネス」の新商品。左から「アクアローション(さっぱり)」「同(しっとり)」(1496円/税込み・編集部調べ)、「アクアミルク」(1683円/同)、「マルチアクアバーム」(1078円/同)

日経クロストレンド

より

「肌の状態を健やかに保つ」がウリ

 アクアウエルネスから発売した商品は、「アクアローション(さっぱり)」「同(しっとり)」「アクアミルク」「マルチアクアバーム」の全4品目。

 コンセプトは「素肌力にこだわるあなたへ」。発酵から生まれるアミノ酸を配合し、吸い込まれるような浸透感を得られるアクアウエルネスの商品を使うことで、乾燥などの肌トラブルを防ぎ、潤った健やかな肌へ導くというものだ。

 開発に当たっては、「必要なものを必要なだけ配合する」「日本の知恵を取り入れる」「環境変化を生き抜く自然の力を取り入れる」「人へのやさしさを考え抜く」「人々の未来を考える」という5カ条を設定したという。

 注目の一つが「日本の知恵を取り入れる」で、具体的にはアクアレーベルがこだわってきた「磨き上げられた日本の水」を使用し、「発酵食品を取り入れる」食生活から発想を得た「ツバキ種子発酵エキスGL」、「旬のものを取り入れる」から発想を得た「四季の恵みうるおい成分」である、サクラ(ソメイヨシノ葉エキス)、オクラ(オクラ果実エキス)、米(加水分解コメエキス)、ツバキ種子(ツバキ種子発酵エキス)など保湿成分を配合している。

 また新型コロナウイルス感染症の流行などによる生活の変化に対応すべく、「環境変化を生き抜く自然の力を取り入れる」として過酷な環境でも水分を守るという、天然由来の「トレハロースGL」を配合。いずれの成分も「肌の状態を健やかに保つ」ためのセールスポイントになっている。

新型コロナ流行で肌への意識も変化

 なぜ今、新ラインのローンチなのか。

 資生堂には「エリクシール」「d プログラム(d program)」「プリオール」など、ユーザーの年齢やニーズに合わせたブランドがあり、それぞれスキンケア商品を出している。今回新ラインを立ち上げたアクアレーベルは、その中でも2006年の誕生以降、「機能、品質には妥協しないことと、求めやすい価格帯のバランスにこだわっている」(資生堂ジャパン スキンケアマーケティング部バイスプレジデントの坂下真実氏)、いわば手に取りやすいブランドだ。主に1000円前後から2300円前後までの商品がラインアップされている。

 同社アクアレーベルグループブランドマネージャーの渡辺直人氏によれば、「15周年を迎えたアクアレーベル全体の累計販売個数は1億個を超える」。近年ではエイジングケアを担う高保湿ケアの商品に加え、「洗顔後のスキンケアはこれ1本で。」とうたうオールインワン商品が、オールインワンスキンケア市場で8年連続売り上げ1位を記録するなど好調だ(「インテージSRI セルフオールインワンスキンケア市場」13年1月~16年12月および「インテージSRI+ セルフオールインワンスキンケア市場」17年1月~20年12月の推計販売規模〈金額〉ブランドランキング。洗顔・メーク落とし除く)。

 販売が好調な一方で、近年は「ダイバーシティーへの意識の高まりや、新型コロナの流行などにより社会情勢が変化し、消費者の意識も変わってきた。これに伴い、アクアレーベルとしては、さらなる進化が必要と考えた」(渡辺氏)という。

肌が健康になるために何ができるか

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント