定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

メンタリスト DaiGoさん実践!難しい質問に「即答できる人」のすごい頭の使い方

Kazuhiro Mouri's Mag
スポンサーリンク
メンタリストDaiGoさんがYouTube生配信で寄せられる怒涛の質問に次々と”即答”し、膨大な研究結果や実験数値とともに説得力あるメソッドを展開できる理由は何でしょうか?それは「独自のノートを使い、日々筋トレのように『知識の応用力』を鍛えているから」と語ります。
DaiGo氏が世界の研究機関による「科学的データ」をベースに開発した“秘伝のノート術”をまとめた新刊、『あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術』より、「ノートと知識の応用力」について一部抜粋・再構成してお届けします。

 

Amazon.co.jp: あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術 eBook : メンタリストDaiGo: 本
Amazon.co.jp: あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術 eBook : メンタリストDaiGo: 本

より

授業の内容をがんばって記憶しても、いざテストになると問題が解けない。セミナーで学んだ情報をノートに書き込んだのに、使える知識として定着しない……。

そんな悩みを持つ人は多いでしょう。せっかく勉強して知識を増やしたのに、学んだ情報をどう活かしていいかわからないケースはよく見受けられます。いわゆる、「応用力が身についていない」という状態です。

たくさん勉強しても応用力が上がらないのは、受け身でノートを取る人にありがちな現象です。板書をただノートに書き写したり、教科書の内容をそのまま抜き書きしたり、セミナー講師の発言をそのまま書き出したりといった作業はいずれも受け身の行為であり、そのあいだ、あなたの頭はまったく活動していません。

脳に汗をかかない限り知識を使いこなせるようにならない、ということは本書の中でお伝えしていますが、授業やセミナーで得た情報と能動的に関わっていかなければ、いくらノートに大量に書き込んでも応用力は身につかないのです。

そこで使ってほしいのが、「チャンク化ノート」です。これは「チャンク化」という定番の記憶メソッドを応用したノート術で、学んだ知識を自由に使いこなせるようになるために使います。

多様な場面で応用が利く〝情報のかたまり〞

一例として、私が実際に書いたサンプルをご覧ください。

これは、過去に私がビジネス書を出した際に作成したノートで、「有能なビジネスマンになるには?」というテーマについてまとめた内容になっています。

書き込んだ内容の一部は、次の通りです。

● FBIのネゴシエーターが最初に使う交渉術は傾聴
● 違う畑の人と付き合うことで多様な価値感にふれて、知識が増えるという研究がある
● ダニエル・カーネマンの2クエスチョン ①最近の出来事について聞く ②どれぐらい幸せかを聞く
● トロント大の実験で、20代の人脈作りはモラルが低下するとの実験がある

これらの知識は、私が過去に学んだ情報から、有能なビジネスマンになるために役立ちそうなものを書き出したものです。ただし、情報を書き出すだけでは使える知識にならないため、ここで「チャンク化」を実践して、バラバラな情報をつなぎ合わせていきます。

このサンプルの例で言えば、「FBIのネゴシエーターが最初に使う交渉術は傾聴」と「ダニエル・カーネマンの2クエスチョン」は、どちらも「コミュニケーション能力」というジャンルで関連するため、それぞれの情報を赤ペンで囲んだあとに線でつなげました。

その後も同じ作業をくり返し、「人脈作り」に関する情報は緑のラインでつなげ、「仕事仲間への親切」に関する情報は青いラインでつなげています。

この作業により、バラバラだった情報が、大きく3つのチャンクになったわけです。こうして、関連する情報を複合的な知識の集合体として〝かたまり〞で覚えておくことで、多様な場面で応用が利くわけです。

DaiGoが難しい質問に〝即答〞できる秘密

私の場合、本の執筆以外にもチャンク化が役立つ場面は多く、なかでもここ数年で役に立ったのが、ネット配信で行う質疑応答においてです。

私のYouTubeチャンネルでは、視聴者の方々からリアルタイムで質問を受け、その場ですぐに返答する生配信を定期的に行っています。質問の内容は多種多様で、「不安になりやすい性格を直したい」というメンタルのお悩みがあったり、「好きな人にアピールしたい」といった恋愛相談を持ちかけられたり、果てには「効率的な筋トレの方法は?」などの健康相談まで出てきます。

これらの質問にすぐ対応するのは大変ですが、これまで答えに詰まった経験はありません。視聴者の方が投げてくるどの質問にも、平均して2〜3秒で答えを返すことができています。視聴者の皆さんからは「DaiGoの知識量はどうなっているのか?」と驚かれることもたびたびですが、このように高速で質疑応答ができるのは、私がつね日ごろから「チャンク化」を意識しているからです。

例えば、心理学の専門書を読んでいる最中に、「近年は筋力トレーニングが抑うつ症状の改善に有効とのエビデンスが増えている」との一文を見つけたとしましょう。

この場合は、過去に別の文献で見かけた「筋力トレーニングの効果を出すにはトレーニングのボリュームを意識することが重要である」という情報とつなげ、「筋力トレーニングはメンタルの改善に役立ち、効率的にトレーニングするためには運動のボリュームを意識しておくとよい」といった、ひとつなぎの知識にチャンク化してしまいます。

チャンク化の方法に絶対的な正解はなく、「不安対策には、瞑想と筋トレ、食事などの方法がある」のように別の角度からつなげてもいいですし、「筋トレは心と体の改善に役立つ」というふうにまとめてみるやり方もあるでしょう。一度情報を身につけてしまえば、さまざまな形に変化させて応用が可能なのです。

こうしてチャンク化した情報のおかげで、私はYouTubeの生配信でどのような質問を投げかけられても、即座に答えることができているのです。

もうおわかりのように、これがチャンク化で知識の応用力を身につけるプロセスになります。複数の知識が大きなチャンクとして頭に内蔵されているため、情報をバラバラに覚えたときよりも、反射的に大量のデータを脳から引き出すことができるわけです。

チャンクにして覚えるから、身につけた知識に応用が利く

さて、そもそもこの「チャンク」とは何なのでしょうか。

チャンクは認知心理学の用語で、人間が認識できる情報の集合を意味します。「マジカルナンバー4」という言葉をご存じでしょうか? ミズーリ大学の心理学者ネルソン・コーワン博士が提唱した概念で、「人間が短期的に記憶できるものごとは4個ぐらいしかない」という事実を表した言葉です。

人間が一度に記憶できるものごとの単位を、現在の認知心理学では「チャンク」として扱います。

例えば、「隋」「皇帝」「楊堅」「北周」という情報をバラバラに提示された場合、あなたの脳は、これらを4つのチャンクとして認識します。しかし、すべての情報をまとめて「隋の初代皇帝である楊堅は北周の外戚である」などと1つの文章にまとめると、今度は1つのチャンクとして認識するのです。

このように、複数の情報を〝かたまり〞に変えることを「チャンク化」と呼びます。バラバラな情報をそれぞれ覚えるのは大変ですが、1つの知識としてグループにすれば覚えやすくなるでしょう。この「チャンク化」を使いこなすのが、あなたの応用力を限界まで引き出すコツなのです。

ちなみに、チャンク化のパワーを初めて世に知らしめたのは、フロリダ州立大学の心理学者アンダース・エリクソン博士です。

1980年、エリクソン博士は学生の被験者を集め、デタラメな数列を覚えるように指示しました。実験に集まった学生は中距離走のランナーが多かったため、例えば「7897」といった数列なら「7分8秒97」のようにチャンク化し、トラックタイムを覚えるつもりで記憶させたそうです。

最初はどの学生も4〜7桁の数字しか覚えられませんでしたが、トレーニングを続けるうちに変化が起きました。大半の学生が、なんと瞬時に80桁もの数列を記憶できるようになっていったのです。

80桁といえば、初めて聞いた8人の電話番号をすぐに暗唱できるようなもの。まさにチャンク化おそるべし、といったところです。

いずれにせよ一番大事なのは、自分の頭に残りやすい方法で複数の情報をつなげることです。あなたなりのチャンク化を続けて、大量の情報を定着させましょう。

Amazon.co.jp: あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術 eBook : メンタリストDaiGo: 本
Amazon.co.jp: あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術 eBook : メンタリストDaiGo: 本

より

コメント