定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

非日常空間の観戦体験を追求し満員のアリーナを実現

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

宇都宮ブレックスは、プロバスケットボールBリーグに所属する人気チームのひとつ。2019−20シーズンはメインアリーナのほぼ全試合で満員を記録した。2020年に社長に就いた藤本光正氏に集客術を聞いた。

ホームゲーム入場者数が右肩上がりで伸長

2007年6月、「栃木ブレックス」として活動を開始。2008年にはJBL2(日本バスケットボールリーグ2部)で優勝、JBL1昇格を果たした。2009年から2019年まではネーミングライツ導入によりチーム名を「リンク栃木ブレックス」に。2019年に現在のチーム名へと改称している。2010年にはJBL優勝。2016年にスタートしたBリーグではB1東地区に所属、2016−17シーズンは総合優勝を果たし、リーグの初代王者に輝いた。

ホームゲーム入場者数は右肩上がりで伸び、2019−20シーズンのメインアリーナでの観客動員率は101%とほぼ全試合が満員。チケット平均単価もリーグ1位を記録した。

チーム名のブレックス(BREX)は、BREAK THROUGHを元にした造語。現状を打破し、チャレンジする姿勢を表現しながら、ラテン語で王者を意味する「REX」を含み、バスケットボール(B)の王者を目指す意味も込められている。

チームカラーの青と黄は栃木県の姉妹提携州である米インディアナ州のNBAチーム、インディアナ・ペイサーズのチームカラーを踏襲した。日本初のNBAプレーヤーとしても知られる田臥勇太は、2008年の加入以降チームを牽引しているシンボル的な存在だ。

宇都宮ブレックスの集客に秘策はない。シンプルに魅力的なチームをつくり上げ、そのチームがプレーするアリーナを「非日常」空間にするための努力を続けてきた結果だ。

選手を交え「ブレックスらしさ」を追求

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント