10アイテム+αで20日着回せるコーディネート術(レディース)

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

もう秋になって気温の方がぐっと下がり、ファッションの方も秋服を着こなしている方も多いかと思います。
でも、毎日のコーディネートを考えるのが大変という方もいるはず。

今日はそんなお悩みを持った方は必見ではないでしょうか?
10アイテム+αで20日間のスタイリングを提案していきます。

とは言っても僕の提案ではなく。

本日はレディースファッション誌「MORE 12月号」さんを参考に、ルックを見ていきましょう。

引用元は下記になります。

MORE (モア) 2020年12月号 [雑誌] | 集英社 | 女性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonで集英社のMORE (モア) 2020年12月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

フレンチシックとは?

今回MOREさんがこの秋提案するスタイリングは、「フレンチシック」になります。
フレンチシックって何?って思う方もいますよね?

まずは、MOREさんが提案するフレンチシックについてです。

”フレンチシック”は、上品で女性らしく、それでいて可愛げもあって旬に流せれないスタイルのこと。
まず必要なのはたった10着。
ポイントを押させたワードロープ選びをすれば実現できるんです!
「ベーシック」「甘め」「上品」「ビンテージ風」、MOREの”フレンチシック”に必要なのは、この4つのテイスト。
これらのアイテムをバランスよく配置するというルールを覚えて入れば、季節や時代が変わっても、その時々の服選びで再び最高の”フレンチシック”な10着を選択できます。

引用元=MORE

個人的にフレンチシックは、秋らしくてどのトレンドでも着こなせる提案であると思います。
自分自身で学んで取り入れたら、流行に左右されず自分独自のフレンチシックスタイルが作れるかもしれませんね。

10アイテムとは?

まずは、10アイテムを一緒に見ていきましょう♪

ベーシックアイテム

1.黒いタートルニット
色と首の詰まったデザインに洗練されたミニマルさが。一枚でさまになり、レイヤードではコーデを引き締める。ハイゲージで身幅に少しゆとりのあるシルエットが今の気分。
(メンズ)¥2990/ユニクロ

2.ストレートデニム
デイリーに使える、ちょうどいい品のよさがモア世代らしい、インディゴデニム。はりのある素材できちんと感を、脚が美しく見える細身ストレートで女性らしさを醸しだして。
¥22000/ボウルズ(ハイク)

3.ステンカラーコート
いつの時代も魅力がすたれず、はおればどんなコーデもこなれた佇まいに。ミニマルなデザインは服を選ばず、ベージュカラーが凜とした可愛げや知的さだって添えてくれる。
¥68000/TICCA

甘めアイテム

4.赤いゆるニット
チャーミングだけど媚びない赤は“フレンチシック”にぴったりの色。ボクシーなシルエットのニットなら気負いなく着られるし、ゆとりのあるサイズ感があか抜けた印象。
¥28000/バトナ—

5.白いプリーツスカート
シンプルなワードローブの中で華やかさ、軽やかさをくれる存在。フェミニンな白でも、はりのある素材と折り目のしっかりとしたプリーツなら、落ち着いた甘さが加えられる。
¥11000/ノーク

上品アイテム

6.ストライプ柄のシャツ
清潔感のあるシャツは、着るだけで上品だけど、ブルーのストライプなら知的な存在感も。赤ニットとでトリコロール配色にだって! ロング丈でニットとのレイヤードも想定。
¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店

7.黒のセミフレアパンツ
自分の体型に合った、美しい黒のパンツを持っているのは、“フレンチシック”のたしなみ。この冬選ぶなら、旬だけどやりすぎない落ち着きがあるセミフレアがいい。
¥14000/AKTE

8.ボウタイブラウス
ベーシックなトップスが多い中、上品かつ華やかなアイテムも投入。オフホワイトととろみ素材で、よりやわらかな印象を漂わせて。ボリューム袖が今っぽさを引き立てる。
¥11000/ノーク

ヴィンテージ風アイテム

9.花柄ワンピース
いい甘さを醸しだすヴィンテージ風の小花柄は、パリジェンヌもお気に入り。合わせやすくムードが出る茶系、トップスを重ねてスカート風にも着られる長めの丈感を。
(インナーつき)¥26000/Stola.

10.ケーブル編みのニット
温かみのあるオフ白と編み目のニュアンスが、コーデにいい抜け感を添えてくれる。メンズライクなオーバーサイズがヴィンテージ感を高め、着こなしの幅も広げて。
¥29000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン)

+αのアイテムは?

ここからは、さらに引き立てる+αのアイテム紹介です♪

ベーシック

  • a.飽きのこないシックなオールブラック ¥15000/デサント ブラン 代官山(デサント ディーディーディー)
  • b.重めな足もとが好バランス。いいものをはき込んで自分の味を出して ¥52000/グラストンベリーショールーム(サンダース)
  • c.知的なアクセント ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ
  • d.アクセも長く使えるシンプルなデザインをひとつ ¥20000/LON inc.
  • e.装いが華やぐ。フレンチシックには赤系が似合う ¥57000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス)

甘め

  • f.必須小物の筆頭候補。黒とのコンビネーションできれいめに ¥12000/セムインターナショナル(バグマティ)
  • g.ドット柄の上品な可愛さがコーデを盛り上げる ¥6500/アルアバイル
  • h.エレガントな黒ベロア ¥18000/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店
  • i.クリーム色と丸いフォルムで顔まわりをやわらかに ¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス)
  • j.足もとが寂しくならない甲深が今っぽく、冬服とのバランスがとりやすい ¥25000/フラッパーズ(スペルタ)

上品

  • k.上質素材にしか出せない品のよさ。一生ものとして大事にしたい ¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン)
  • l.洗練されたライトベージュで ¥24500/シップス 有楽町店(キャロル ジェイ)
  • m.ビットつきが上品見え ¥13500/ダイアナ 銀座本店
  • n.華奢なレザーベルトを ¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)
  • o.ゴールドの深みがコーデを格上げ (片耳分)¥13000/ココシュニック
  • p.欠かせないレディな定番 ¥26000/シンゾーン 表参道店(カドー)

ヴィンテージ風

  • q.デイリーになじむ黒が取り入れやすい ¥20000/メゾンドリリス
  • r.懐かしさ感じるハーフムーンに味のあるゴールド金具 ¥35000/ビショップ(ミミ)
  • s.のみの市で買ったみたいな雰囲気のレトロ可愛い樹脂アクセ ¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス)
  • t.トリコロールカラーならさらにフレンチシック ¥12000/フラッパーズ(マニプリ)
  • u.起毛感が雰囲気たっぷり。キッチュなテラコッタカラー ¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)

20日スタイリング

ではアイテムがわかったところで、実際に20日間のコーディネートを一緒に見ていきましょう♪

DAY1:赤のニットとラインの美しいパンツの組み合わせ。パールのネックレスや足首の素肌をちらっと見せて、女性らしさを出したのが実はフレンチシックらしさの重要なポイント。

DAY2:コートの中はモノトーンでキリッと。チュニック柄のストールも1ポイントですね。

DAY3:デニムにふらっと靴でアクティブに仕上げていますね。肩がけのニットもポイントですね。

DAY4:ワンピースにクロノタートルを合わせていますね。モノトーンでシックに見えますね。

DAY5:ボウタイケーブルニットで凹凸感のある上に黒パンツでミニマルに演出。
DAY6:靴下とローファーでカジュアルダウン。ワンピ1枚でも雰囲気出ますね。
DAY7:ニットもウエストインしてスタイルアップを演出。
DAY8:上は黒のタートルネックと組み合わせてますね。白と青で爽やかな感じですね。

DAY9:大きめのコートに中はシャツで大人っぽいスタイリング。
DAY10:首元のスカーフがワンポイントですね。あとカチューシャ。
DAY11:小物が黒だから全体的に引き締まりますね。
DAY12:赤と白の組み合わせは可愛らしいですね。ストールで小顔効果を演出。

DAY13:大ぶりのニットに爽やかなシャツをイン。僕的に小物使いが良いと思った。
DAY14:これが王道っぽい秋コーデな感じかな?
DAY15:ボウタイを後ろで結ぶのと、ブーツの組み合わせですね。
DAY16:ニットの使い方がうまいですよね。黒で締めるのも良いですね。
DAY17:モノトーンだけど、スカーフなどの小物使いで華やかさがでますね。
DAY18:パリジャンの休日コーデって感じ?ストール使いも良いですね。
DAY19:ヒールで着てるのが味噌かな?あと爽やかなシャツを中に入れてるのも。

DAY20:異素材で難しく見えるけど、小物と靴で全体のバランスが良いですね。

 

引用元は下記になります。

MORE (モア) 2020年12月号 [雑誌] | 集英社 | 女性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonで集英社のMORE (モア) 2020年12月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

まとめ

どうでしたでしょうか?
本当に20日間のスタイリングが組めちゃいましたね。
目を引くのが、小物使いですね。
スタイリングに合わせて、小物の使い方で全然雰囲気が変わりますので。
参考にすべきポイントかな?と思います。

 

あと、「おしゃれ」をテーマにブロマガ書いていますので。
そちらも合わせて参照して見てください。

ブロマガの詳細はこちら
初めまして。 KM Letterに訪問頂きありがとうございます。 こちらのブロマガでは、noteというブログサービスを利用して。 『おしゃれ』をテーマに 毎週末あなたにとってお得な情報と共に私の日々感じる想いを添えて...

自身の経験談も含め、皆さんに『おしゃれ』に必要なノウハウなどをお届けできれば幸いです。
ファッション好きにはたまらない、アパレルの最新情報など。
ここでしか配信されない内容も盛り沢山です♪

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント