定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

1本33万円でも完売の超高級緑茶 ノンアルブームで再び脚光

BizMAG
スポンサーリンク

ノンアルコール飲料の新商品の投入が相次ぐなど、ノンアル市場の勢いが増している。そうした中、2006年から飲食店を中心に“高級なお茶”の販売をしていた会社がある。高いものだと1本30万円にも上り、ワインを選ぶような感覚でお茶を楽しめる。15年たちノンアルブームを迎えた今、この高級茶にも影響が及んでいるという。

2021年7月24日から受注予約を開始した1本33万円(税込み)の「King of Green YAME GYOKURO Super Premium(キング オブ グリーン 八女玉露 スーパープレミアム)」(画像提供/ロイヤルブルーティージャパン)

お茶でもできる、食事とのマリアージュ

 飲料メーカー各社が、ノンアルコール飲料の新製品を次々に発売している。その背景に、消費者のアルコールとの付き合い方が変わってきていることがあるだろう。

 「アルコール離れ」が進んでいるともいわれるが、実際にどれほどの人がお酒を飲まなくなっているのだろうか。厚生労働省が実施した2019年の「国民健康・栄養調査」によると、飲酒頻度について「飲まない(飲めない)」「やめた」「ほとんど飲まない(月に1回以下)」の人の合計は、55.1%にもなる。半数以上が月に1回もお酒を飲まないというのは驚きだ。

そんな現在の状況を、15年前から予測していた人物がいる。茶飲料の製造販売を手がけるロイヤルブルーティージャパン(神奈川県茅ケ崎市)の吉本桂子社長だ。同社はボトル入り高級茶のトップブランドで、商品の税込み価格(以下同)は安いもので4000円台、高いものだと33万円にも達する。お酒を飲めない人の選択肢は、大抵ウーロン茶かジンジャーエールなどのソフトドリンクだ。しかし、ロイヤルブルーティーを置いているお店なら、高級なワインを選ぶようにノンアルコール飲料を選ぶことができる。

 吉本社長は15年前から「ノンアルコールの市場がある」と言い続けていた。しかし、「当時は誰も聞く耳を持たなかった」と振り返る。なぜ当時からノンアルに対するニーズがあると分かっていたのか。

 

 「日本人の多くはお酒をたくさん飲めない体質。さらに飲めるけど飲みたくない人、年を重ねてお酒をやめた人、お酒を控えている人がいる。このファジーな層がいるのは明らかで、マーケットが広いことは分かっていた」(吉本社長)

 アルコール健康医学協会の資料によると、アセトアルデヒドを分解する酵素(ALDH2)の活性が弱い、または働きが全くない日本人の合計は44%に上る。ノンアルコール市場について書かれた『ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ!』(藤野英人著・日経BP)によると、お酒を飲まない人の市場は3000億円以上の潜在力があるという。

 巨大な市場があるとはいえ、数あるノンアル飲料の中から高級茶に狙いを定めた理由はどこにあったのだろうか。

 「事業を起こす前、駅構内の物販やホテルの宴会、住宅展示場などの様々な場所でお茶を淹(い)れ、約1万人に提供した。その一環でレストランに提供した際、料理と組み合わせてマリアージュする機会をつくった。そこでおいしく召し上がっていただければ、高くてもお金を払ってくれる人がいることが分かった」(吉本社長)

 美食家たちはお酒と料理の組み合わせを楽しんでいる。魚に合うのは軽めの白ワイン、肉料理にはフルボディーの赤ワインなどだ。それがお茶でもできると吉本社長は考えたのだ。

お茶をおいしく淹れる時間とコストを考えればお得

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント