定期購読者様限定ページはこちら

2021年秋冬のカジュアルトレンド:カバーオール編

ACCESSORIES(小物使い)
スポンサーリンク

もともとは、シャツジャケット型のワークジャケットの総称の「カバーオール」。なので、ガシガシ着こなすことができてタフなイメージもあり、適度なカジュアルさをキープしながらタフなスタイルにぴったりです。

そこで今季展開される「カバーオール」を見れば、ドロップショルダーでシルエットに変化をつけたものや、スエード素材でラギッドさを足したものなどバリエーションも豊富。ドレッシーなインナーを選んで、上品さを加えた大人の着こなしもおすすめです。

ではここで、4つのおすすめカバーオールをご紹介。ぜひ、参考にしてみてください。

ドレイクス

存在感のあるレザーで、リッチなムードを獲得

光沢あるスエードを用いたラグジュアリーな逸品です。ベルベットのような輝きを放つ素材によって、カバーオールだけどエレガントな魅力を備えています。

ベージュのステッチも洒落たアクセントに。着倒して経年変化を楽しんでください。

  • 21万8700円(ドレイクス/ドレイクス 銀座店 TEL 03-6263-9955)

アスペジ

古着っぽいけど新しい。オリジンに近い色合い

ヴィンテージのフレンチカバーオールを思わせる、太畝(ふとうね)ヘリンボーンが特徴。着るたび、洗うたびに味が出て、こなれた印象になります。

シルエットはややゆったりめ。アームホールも余裕があるので、オーバーサイズのインナーも合わせられます。

  • 4万2900円(アスペジ/トヨダトレーディング プレスルーム TEL 03-5350-5567)

ラルディーニ

ゆるさときちんと感、両方演出できる逸品

カバーオールが人気の今季は、ニット素材のものもリリースされています。甘く編まれたミドルゲージで、カーディガンライクに着用可能。

優しい色合いと相まって、今どきなリラックスしたスタイルをつくるにはもってこいのアイテムです。

  • 7万2600円(ラルディーニ/トヨダトレーディング プレスルーム TEL 03-5350-5567)

トラディショナル ウェザーウェア

武骨なツイードを今どきシルエットで表現

柔らかく軽量な、日本製のツイードを使用したカバーオール。身幅もアームホールもゆったりしていて、今っぽいエフォートレスなムードが手に入ります。

パッチポケットはリベット(金属製のびょう)で補強され、男らしいワークテイストを後押しします。

  • 5万3900円(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 青山店 TEL 03-6418-5712)

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

SNSやブログでは語られない購読者限定のニュースレター配信。
購読者限定の特典も多数ございます。

ニュースレター配信のお知らせ
今なら初回2週間無料 Kazuhiro Mouri's Newsletter登録フォーム この度は、Kazuhiro Mouri’s Newsletterをご訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらのニュースレターは、僕が普...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント