定期購読者様限定ページはこちら

28億円赤字オールバーズのスニーカーはなぜ投資家を魅了するのか

Fashion(ファッション)
スポンサーリンク

サステナビリティー(持続可能性)の追求は常に、米オールバーズにとって最も重要なことだった。その追求は、普通に考えれば収益確保への道のりを遅らせかねない。しかし、投資家は同社がいずれ黒字に至ることに懸けている。

サステナビリティーを追求し、気候変動と戦う姿勢を示してきた米オールバーズは投資家からも高く評価された

エコフレンドリーな(環境に優しい)新興スニーカー企業オールバーズが、上場企業になった。

 2021年11月3日朝、米サンフランシスコに本社を構えるオールバーズがIPO(新規株式公開)した。公開価格は1株12~14ドルの予想レンジを上回る15ドル(約1650円)で、初日の取引途中には株価がさらに高騰した。

 3億300万ドル(約333億3000万円)近い資金を調達したオールバーズは今、21億6000万ドル(約2376億円)の株式時価総額を誇り、20年につけられた17億ドル(約1870億円)のバリュエーション(企業価値評価額)を大きく上回っている。これは、(従来は企業の高収益を妨げる要因とされてきた)サステナビリティー(持続可能性)の追求に大きな重点を置いても、大きな株主価値を生み出す収益性の高い企業になれると投資家が考えている兆候だ。

素材開発のR&Dエンジンがカギ

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント