定期購読者様限定ページはこちら

40周年を迎えた「エンポリオ アルマーニ」は、80年代90年代の若者たちにとって何だったのか?

COLUMN(コラム)
スポンサーリンク

かつて私(筆者のマヌエレ・メンコーニ)は、「ファッションおけるストーリーテラー(筋の運びのおもしろさで読者をひきつける作家)とは、一体どんな人物だろうか?」と考えたときがありました。 そして、「これまでに、そんな人物に出会ったことはあっただろうか?」とも…。

しかし、その解答はすぐに出ました。それは、「ジョルジオ・アルマーニ氏以外いないだろう!」というもの。彼は私が行った最初のインタビューのときから、私をファッションの魅力の深淵へと誘ってくれたのです。

アルマーニ氏は1975年、当時41歳のときに自身初のブランドである「ジョルジオ アルマーニ」を立ち上げます。今から思えば「遅咲き」とも言える彼のキャリアの一場面でしたが、その後の転機は早々に訪れました。およそ5年後の1980年には、映画『アメリカン・ジゴロ』でリチャード・ギアの衣装を手掛けることとなり、それと同時に「アルマーニ」の名は世界中へと拡大していったのです。

そしてその翌1981年には、当時は“セカンドライン”というカタチで「Emporio Armani(エンポリオ アルマーニ)」をローンチします。そんな「エンポリオ アルマーニ」は2021年で、40周年を迎えるに至ったわけです。

1981年にこのブランドがローンチされた当時は、「この時代の若者の声を如実に反映した、そんな彼らのユニフォーム同然の存在となるだろう」と思っていました。なぜなら、それは単なる服である以前に、ジョルジオ・アルマーニというアーティストの心が具(つぶさ)に宿ったものだと感じていたからです。そして、その服自体がコミュニケーションツールとなり、「当時の若者たちの代表的なシンボルとなるだろう」とも思われていました。

そのとおり「エンポリオ アルマーニ」は、当時の若者たちをその親世代が築き上げた固定観念から、新しい時代へと解放する役割を見事に担いました。ですが、全く予期せぬ結果も導き出していたのです。

ミラノで行われた「エンポリオ アルマーニ」の2020-21年秋冬コレクションで、ショーの最後にランウェイ上に登場したジョルジオ・アルマーニ氏。

80年代初頭はパンク、パニナリ(アメカジ)、ビジネスボーイといった、社会の中心となっている文化的慣習や体制に反する精神を擁する「カウンターカルチャー(対抗文化)」の新たな幕開けの時代でもありました。ですが実際には、このムーブメントは都市部に住むごくわずかの若者だけのものだった…そう私は個人的に思えていたのです。若者のマジョリティの真実は、都市郊外に住む者たちにあったのだと…。

その事実を察知していたかのように、アルマーニ氏も郊外の住む若者たちにも視野に入れていたのです。彼はデザイナーとしてのベーシックな部分を学び、その能力をフルに発揮しました。ですが、そればかりではありません。ビジネス的な視点にも長けた人物だったのです。これこそが氏のブランドが、成功という階段を絶え間なく上り続けている理由とも言えるのです。

ここでは、簡単に“郊外”と述べていますが、その表現は、「アルマーニ」が拠点としているイタリアという国だけに存在する言葉ではありません。世界中に“郊外”はあり、そこでは10代の若者たちが都会への夢を抱きながら過ごしている…それは、世界共通の現象と言えるでしょう。

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント