定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

60代、70代、80代のおばあちゃん&おじいちゃんインフルエンサーに注目! インスタ&TikTokを使いこなす今どきシニア15人

COLUMN(コラム)
スポンサーリンク

今世界を席巻している“グランフルエンサー(シニア世代のインフルエンサー)”をご存知? インスタグランマ、インスタグランパとも呼ばれていて、おしゃれなコーディネートから日常のほっこり動画まで、スマホ&SNSをフル活用して発信されるおばあちゃん&おじいちゃんたちの姿が話題沸騰中! “人生100年時代”といわれる世の中で、年齢を重ねてますますパワフルに活躍する今どきシニアたちをご紹介。

Gramps(グランプス)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jannik(@jaadiee)がシェアした投稿

ドイツのマインツに住む75歳のグランプスは、「ナイキ」「シュプリーム」「ディオール」「ルイ・ヴィトン」などを着こなすストリートファッションインフルエンサー。孫のジャニークが撮るスナップ写真が「イケてる!」と話題を集めフォロワーは100万人以上。ジャスティン・ビーバーやカニエ・ウエストなど、セレブのファッションを完コピするマネっこコーデにも注目。

Lyn Slater(リン・スレーター)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Accidental Icon(@iconaccidental)がシェアした投稿

“Accidental Icon”の名で知られる67歳のインスタグランマ、リン・スレーター。NYのフォーダム社会福祉大学院で教授として働いていたリンだけど、NYFW中にスナップを撮られたことでその名の通り突然ファッションアイコンになったアメリカンドリームの体現者。美しい白髪がトレードマーク!

Grece Ghanem(グレース・ガネム)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Grece Ghanem(@greceghanem)がシェアした投稿

56歳のグレースは、モデル兼インフルエンサーとして活躍する世界屈指のおしゃれシニア。レバノンで生まれ育ったのち、2005年に娘とともにカナダへ移住。現在はケベック州・モントリオールを拠点にしている。「ヴァレンティノ」「ディオール」などの憧れブランドから「スタウド」「スティーヌ ゴヤ」のような最旬ブランドまで、着こなしの幅は天下一品。

Günther Krabbenhöft(ギュンター・クラベンホフト)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Günther Krabbenhöft(@g.krabbenhoft)がシェアした投稿

ドイツ・ベルリンに住む75歳のギュンターは、スタイリッシュなスーツ姿を披露するインスタグラムで一躍人気者に。シングルファーザーとして男手ひとつで娘を育て、50年近く料理人として働いてきたそう。ちなみにギュンターの純資産は約5000万円と推定され、ベルリンで最もリッチなシニアファッションインフルエンサーとして君臨している。

Britt Kanja(ブリット・カンジャ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Britt Kanja (official)(@britt.kanja)がシェアした投稿

先ほど紹介したギュンターの妻、ブリットも同じくシニアファッションインフルエンサーとして活躍中。ふたりは1960年にアメリカで大学在学中に出会い、1970年にベルリンへ移住。ギュンターは75歳、ブリットは70歳ながらファッションへの情熱は誰にも負けない! ドレスにヘッドピースを合わせたクラシカルな装いがお得意。

Helen Ruth Elam(ヘレン・ルース・エラム)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Helen / Miss Baddie 💐🧁🎟🏆🎭(@baddiewinkle)がシェアした投稿

“バディーウィンクル”の名で知られる92歳のヘレンは、インスタグラムのフォロワー数驚異の350万人以上を誇るシニアファッションインフルエンサー界のスター。鮮やかなカラーやド派手な柄を組み合わせる個性派の着こなしに世界が夢中。何歳になっても自分の好きなスタイルを追求する姿は、若い世代に勇気を与えてくれること間違いナシ!

Kang(カン)

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント