定期購読者様限定ページはこちら

ANAのMaaS新戦略 “空旅”を変える「移動データ」活用の勝ち筋

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

型コロナウイルス禍の移動自粛ムードの中で、旅客数を大きく減らした航空各社。移動需要回復の一手として、本腰を入れているのが地上交通との連係を深めるMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の取り組みだ。そこには航空会社ならではの“勝ち筋”も見えてきた。全日本空輸(ANA)の戦略を追う。

ANAは今後の成長戦略の一つとしてMaaSを推進する

コロナ禍は、特に“空の移動”へ大打撃を与えた。全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の国際線は、コロナ前と比べて乗客数が9割も減少し、国内線も度重なる緊急事態宣言の発令で減便体制が続いた。しかし、2021年10月1日からの“全面解除”で、明るい兆しも見えてきた。

 そんな中、withコロナ、アフターコロナの成長戦略の1つとして、両社が本腰を入れているのが、MaaSだ。航空便を軸に、自宅から空港まで、空港から目的地までの交通手段をスマートフォンアプリ1つでスムーズに検索・予約・決済できるようにし、移動のストレスを限りなくゼロに近づける。また、MaaSアプリのデジタル接点と、強固なマイレージ会員組織を生かして、広告やクーポン配信などデジタルマーケティングによる新たな収益源の獲得も狙う。

航空会社ならではのMaaSとは?

 コロナ禍下で目立たないが、実はすでに具体化しつつあるのが、ANAのMaaSだ。いち早く同社は19年7月にMaaS推進部を設立、20年3月にはANAアプリやウェブサイトで「ANA空港アクセスナビ」サービスを始めている。

ANA空港アクセスナビの経路検索画面(左)と、検索結果の例(右)。フライトに合わせて保安検査場や搭乗口まで案内する

空港アクセスナビでは、事前予約したANA便の最新発着時刻に合わせた空港までの移動手段を検索、地上交通の一部は予約やチケット購入ができる。また、行き先の空港への到着時刻に合わせて、到着ゲートから最終目的地までの経路を把握することなども可能だ。

 従来の経路検索サービスと異なり、ANA便のリアルタイム情報を基にしているため、遅延発生時も修正した発着時刻に合わせた検索結果が得られる。また、空港の搭乗口が確定していれば、近くの保安検査場と、その締め切り時間も案内するなど、航空会社らしい細かな配慮がある。

 21年9月末時点で、鉄道、バス、タクシー、レンタカー会社など、連携パートナーは27社を数える。例えば、浜松町―羽田空港間を結ぶ東京モノレールとの間では、20マイルがたまる片道乗車券、30マイル付与に加えて大人で200円割引となる往復乗車券を用意。空港アクセスナビの検索結果で東京モノレールが出てきた際に購入ボタンを押すと決済画面に飛び、乗車時はモバイルチケットを改札で見せる仕組みだ。

空港アクセスナビの経路検索結果(左)から東京モノレールの割引チケットなどを購入可能

同じように、大阪空港交通(大阪府豊中市)や大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)などと共同で、空港アクセスナビ限定の「大阪あおぞらきっぷ」も提供している。これは、伊丹空港から大阪市内に向かう空港リムジンバス往復乗車券に加え、大阪メトロ全線と大阪シティバスが1日乗り放題となる企画乗車券。通常よりも、平日は300円、土日祝日は100円安く購入できる。

 他にも、空港アクセスナビでは、MKタクシーの空港定額タクシーや空港送迎ハイヤー、NearMe(東京・中央)が展開する定額シャトルサービス「nearMe.Airport(ニアミー エアポートシャトル)」などとも連係している。

MaaSアプリが店舗などの“集客装置”に

 こうした他の交通サービスの予約・購入機能自体は、他のMaaSアプリでも実装されており、必ずしも珍しいものではない。しかし、長距離の航空便を軸にすると、そのメリットが際立つのも確かだ。

 まず、通常、航空便はすべての移動手段に優先して予約されるもので、ユーザーはそれを基に前後の移動を考えることがほとんど。そのため、予約した航空便を軸にしたスムーズな経路検索を実現、交通手段の選択肢を増やすことは理にかなっている。日常的な移動に使う鉄道やバスなどと違って、特に航空便の到着地では土地勘のない“非日常”の移動となることが多いため、経路検索などの重要性は増す。故に、航空会社がMaaSアプリに取り組むことは、移動時の不満解消に直結しやすいのだ。

 「もともと航空会社は他社とのコードシェア便の連携や、遅延・欠航による振り替え輸送といったイレギュラー対応の経験を積んできている。これらのノウハウはMaaSで他の交通機関とつながる際にも生かせる」(ANA企画室MaaS推進部長の鈴木謙次氏)

 空港アクセスナビは、連携する交通事業者にとっても重要な接点となる。ANAマイレージクラブの会員数は、19年度で約3702万人を誇る。東京モノレールなどのようにマイル付与の特典連係を行えば、相応の集客効果を期待できるわけだ。また、航空便は移動日から余裕を持って事前予約されることが多い特性がある。「航空便による移動はほぼ確定した未来。MaaSの接点を生かせば、移動日までの期間で地上交通が効果的なマーケティングアプローチを行うことも可能になる」(鈴木氏)という。

空港アクセスナビの検索結果(左)には空港店舗で使える割引クーポンなどが表示される

これは、移動経路上の飲食店や物販店にとってもチャンスとなる。すでに空港アクセスナビで経路検索をすると、搭乗する航空便の機内販売を案内するページへのリンクや、利用する空港で使える割引クーポン、マイル付与特典の情報が表示される。現在は、簡易的な活用だが、「今後はユーザーの状況に応じて必要なクーポンなどを出し分けることも可能」(鈴木氏)という。

 例えば、空港アクセスナビは航空便の出発1時間前など、ユーザーがあらかじめ空港到着時間を指定して検索する仕組み。そのため、空港で過ごす時間が長い人にはゆったり食事できる飲食店や土産店の割引クーポンを提供したり、時間に余裕がない人へは機内で食べられる空弁や飲料などの割引クーポンをプッシュしたりできるというわけだ。もちろん、空港の外でも、旅先の飲食店や物販店などがアピールすることも可能になるだろう。

 また、他の交通機関と違って、航空券は購入時に詳細な個人情報が必要で、マイレージ会員の個人データもそろうのが大きな特徴。個人情報に配慮した形で移動データをひも付けられれば、今後より精度の高い広告、送客プラットフォームになり得る。MaaSの運用でしばしば問題点として挙げられる、マネタイズの面でも有利に働きそうだ。

移動総量を上げる「ユニバーサルMaaS」

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント