定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

BASEのテイクレートは高い? 低い?

BizMAG
スポンサーリンク

今回は、コロナ禍で絶好調だったeコマースプラットフォームを提供するBASEの決算、さらにテイクレート(手数料)を上げていく施策について考えていきます。

BASE株式会社 2021年12月期第1四半期 決算説明会資料

※以下の解説で使用したスライドは、BASE株式会社 2021年12月期第1四半期 決算説明会資料(2021年5月11日)から引用しています。

日興フロッギーより

今回の決算の印象は?

今回は、eコマースプラットフォームを提供するBASEの2021年12月期第1四半期の決算を解説していきます。

BASEは、2019年に上場した日本最大級のeコマースプラットフォーム「BASE」及び、決算サービス「PAY.JP」の運営をしている会社です。

ネットショップ制作サービスプラットフォームとしては、日本最大級までに成長しています。

コロナ禍でEC市場が拡大したと言われている中、2020年から引き続き、今期月間GMV及び月間ショップ数は順調に推移しています。

GMV:Gross Merchandise Valueの略。そのプラットフォームで消費者が購入した商品の売上の合計額、流通取引総額のこと。

ただし、1ショップあたりの月間平均GMVに関しては、減少傾向にあります。

売上高、売上総利益共に、前年同期比約2倍で増加しており、販管費も前四半期比で削られていることから、黒字着地しています。

資料には出ていませんが、取扱高が約2倍、売上もほぼ2倍、そして黒字化と3つ揃いました。

この数字だけ見るとかなり完璧に近い決算だったと言えるのではないでしょうか。

カナダ発・世界最大のECサイト制作プラットフォームであるShopify(ショッピファイ)等を見ていても、前年同期比2倍になるのは、かなりコマースとして強い部類の決算です。

繰り返しになりますが、この数字だけを見ると本当に良い決算でした。

BASEはほかのプレイヤーと何が違う?

BASEのビジネスモデルは、昔で言うところのeBay、PayPal、最近ではSquareやShopifyといった組み合わせとも似ています。

こういったモデルは古くからあり、コマース事業によっては鉄板なビジネスモデルですが、彼らの何が他のプレイヤーと異なるのでしょう。

日本では、1990年代後半に楽天市場やYahoo!ショッピングが開設され、その当時の中小規模の店舗がオンラインで物を売れるようにしました。とても革新的でしたが、彼らの言う「中小」は、それなりに売上がある会社が相手でした。

2000年代に入りスマートフォンが登場・普及したことで、インターネットが世界中に行き届くようになりました。これを機に、今度は売り手側が更に小規模な人、いわゆるちゃんとした事業になっているのか分からないような人たちも含め、誰でも売り手になれる時代になったわけです。

楽天市場やYahoo!ショッピングが取りに行かないような小規模な人やお店の商品を、ネットで売れるようにしたのがBASEやShopifyでした。

そういう意味では、新しく出てきたマーケットに対しての先行者利益というのはかなり大きいのではないでしょうか。

BASEのeコマースプラットフォーマーは、楽天などと比べると出店するプロセスはとても簡単です。

コホートの改善の余地はあるのか

コホート:共通の特性を持つユーザーのグループのこと

BASEは、ショップの開設や維持は無料化し、売上に対する手数料のみを回収する、手数料単体モデルを採用しています。

ちなみにShopifyの方は、月間のサブスクリプション費と手数料の両方を回収する「サブスク+手数料」のハイブリッドモデルを採用しています。

これを見ると、手数料単体モデルのBASEは、取扱高が増えれば増えるほど収益が増えていくため、やはり取扱高が重要なKPIとなってくるはずです。

KPI:Key Performance Indicatorsの略。 重要業績評価指標のこと

このGMVを拡大させていくのは、新規出店はもちろん、既存店の継続的な成長も大事だと思います。

コロナ前の推移を見てみると、コホートがあまり成長していないようなところが気になりますが、改善の余地はあるでしょうか。

決算の前年同期比を見ると、去年の第1四半期がコロナ前だったこともあり、すごく大きく跳ねているように見えます。

しかし、2020年12月期の第2四半期からの推移を見てみると、緑や濃紺の部分のGMVが減ってきているように見えます。

コロナで特需はありましたが、その特需で買ってくれた人が、必ずしもリピートで購入してくれるわけではありません。

とはいえ、コロナの特需があったことは事実です。二つの見方があって、ちょっと減ってきているから心配だというのが一つ目、そうは言っても大分維持できているよね、というのが二つ目です。

まだShopifyなどはあまりスローダウンしていないので、日本特有の状況なのか、BASE特有の状況なのかは分かりませんが、コホートで見たときに、緑や濃紺の部分が落ちてくるのかというのをちゃんと見るべきです。

次の決算やその次の決算で、このグラフがどうなるのかに注目した方が良いのではないでしょうか。

テイクレートを上げるために改善すべき指標は?

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリション)へのご入会はこちら

コメント