定期購読者様限定ページはこちら

BLACKPINKジェニーのファッション&ビューティ50連発

CELEBRITY(セレブ)
スポンサーリンク

世界中に「ブリンク」(ファンの総称)を増やし続けている“ガールクラッシュ”グループBLACKPINKのメンバーで、圧倒的な歌唱力とドーリーフェイスが魅力のジェニー。SNSでも話題の個性派ルックからヘアアレンジ術、愛用の韓国ブランドなどを徹底調査。今すぐマネしたいジェニー流ファッションとヘアメイクをチェックして!

  1. 「サンローラン」のスーツでキリリ
  2. ツイードドレスでセクシーに
  3. もはやトレードマーク!ツイードのセットアップパンツ
  4. クロップトップもお手の物
  5. ニット×チェックのマフラーでスクールガール風
  6. 親しみやすいグッドガールルック
  7. TV番組にもやっぱり「シャネル」
  8. コスメブランドの会見にはかっちりスーツドレスで
  9. 「シャネル」のショーは全身「シャネル」で
  10. ペールカラーも大好き
  11. スーツはメンズライクに
  12. モノトーンでキメたコーチェラのディーバルック
  13. ステージ本番ではチュールをまとって
  14. プライベートでも「シャネル」を愛用
  15. クロップT×スラックスでフライトコーデ
  16. 定番コンビのクロップトップ×ハイウエストデニム
  17. 空港ファッションもやはり「シャネル」一辺倒
  18. 冬のオールブラックコーデ
  19. ツイード×デニムでカジュアルシックに
  20. グレー×チェックで作るモノトーン
  21. グレーのセットアップでオフコーデ
  22. ニットで作るカジュアルシック
  23. シャツにファージャケットでゴージャスに
  24. ロマンティックなチュールドレスで乙女ムード
  25. “ユニフォーム”のツイードミニドレス
  26. プリントデニムで90年代スタイル
  27. ロックTシャツで作るハードスタイル
  28. ブラトップ×色落ちデニムで90年代アイドルを気取って
  29. ボーダーのセットアップでドリーミーガール
  30. チェックのドレスでレトロスタイルに
  31. チュールドレスの足元はごつめブーツ
  32. ビッグサイズのニットをセンシュアルに
  33. ステージ衣装はとびっきりキュート&セクシー
  34. 「ザラ」のニットでママとお出かけ
  35. マフラーを使った韓国風ファッション
  36. お決まりのツイードのセットアップ
  37. 寛ぎタイムもカシミアでどこかエレガント
  38. パープルのスウェットでスイートホームな年末
  39. ゆったりグリーンニット×チェックパンツ
  40. ギンガムチェックをカジュアルダウン
  41. フェイス・フレーミング・ハイライト
  42. ビッグサイズのカチューシャを溺愛
  43. ステージではハイポニー
  44. 三つ編み低めのツインテール
  45. パールのヘアバンドでトレンドを押さえて
  46. シュシュでアクセントをプラス
  47. ブラックヘア×スモーキーのサファリメイク
  48. シュシュで作る上品カジュアル
  49. ブラックヘア×カラーアイシャドウ
  50. フラッフィーツインでキッチュに

「サンローラン」のスーツでキリリ

「サンローラン」のブラックスーツで、同ブランドの新作発表会に登場。クラッチ、プラットフォームのヒールもオールブラックでまとめて、シャープ&シックに着地。

(2017年2月)

ツイードドレスでセクシーに

こよなく愛する「シャネル」のツイードジャケットをベルトでウエストマークして、ミニドレス風にスタイリング。上品&モードに着こなせるのは“シャネルラバー”のジェニーだからこそ。ラウンド型チェーンバッグでひとさじのアクセントを投入。

(2017年6月)

もはやトレードマーク!ツイードのセットアップパンツ

トレードマークと呼べるほど、「シャネル」のツイードのセットアップをあらゆる場面で着用しているジェニー。パリで行われたショーでは、ベビーブルーのパンツスーツを白Tシャツに合わせてカジュアルダウンして。

(2018年10月)

クロップトップもお手の物

まだ表情にあどけなさが残る2018年、「プラダ」のイベントに現れたジェニー。シークインのセットアップで、彼女らしくチラリとおなかを見せて。

(2018年2月)

ニット×チェックのマフラーでスクールガール風

この日は「メゾンキツネ」のキツネモチーフがポイントとなったニットにチェックのマフラーを合わせて、スクールガール風に仕上げて。足元は「コンバース」のローカットでチアアップ。

(2018年12月)

親しみやすいグッドガールルック

スクール風ニットにウォッシュドデニム、ニット帽を合わせたカジュアルスタイルで空港へ。国内だけでなく海外のTV出演、世界中を飛び回るツアーなど多忙なスケジュールのため、移動の際はいたってカジュアルに。

(2019年2月)

TV番組にもやっぱり「シャネル」

アメリカの朝の有名TV番組「グッド・モーニング・アメリカ」に生出演した際には、勝負服である「シャネル」のツイードセットアップで登場。ベルトやブローチなどのアクセサリーも巧みに使って、スタイリング上級者に。

(2019年2月)

コスメブランドの会見にはかっちりスーツドレスで

自身がミューズを務める韓国コスメブランド「ヘラ」のフォトコールには、カマーベルト調ウエストが特徴のスーツ風ミニドレスでスマートに登場。陶器のように透き通る肌に漆黒のドレスが映える。

(2019年3月)

「シャネル」のショーは全身「シャネル」で

頭のてっぺんからつま先まで、全身「シャネル」でコーディネート。真っ白なツイードのドレスにCCロゴの太めベルトで、ブランドへの多大なるラブをアピール。

(2019年3月)

ペールカラーも大好き

ペールイエローの「シャネル」のドレスを白のタートルネックにオン。リボン付きの白カチューシャでワンポイントをプラスして、ジェニー流のキュートなアレンジ。

(2019年3月)

スーツはメンズライクに

メンズライクなスーツをクロップトップに合わせて、ストリートシックなスタイリング。「シャネル」のブローチを胸元にオンして、コーディネートを格上げすることも忘れずに。

(2019年4月)

モノトーンでキメたコーチェラのディーバルック

女性K-POPシンガーとして初の出演となるコーチェラフェスティバルにて、『キル・ディス・ラブ』を圧巻のパフォーマンスとともに披露し鮮烈な印象を残したブルピン。ジェニーは純白レースのタイトな衣装に白ブーツを合わせて、純真さと力強さをアピール。

(2019年4月)

ステージ本番ではチュールをまとって

コーチェラのステージでは、上の衣装にチュールを付けて登場。迫力のパフォーマンスを際立たせるような豪華絢爛な衣装も、ファンとしては見どころのひとつ。

(2019年4月)

プライベートでも「シャネル」を愛用

空港に到着したジェニー。「シャネル」のVネックのリブニットとCCロゴが入ったチェーンバッグをピンクで統一しつつ、足元の「ドクターマーチン」で甘さをピリッと引き締めて。

(2019年7月)

クロップT×スラックスでフライトコーデ

「F.A.M.T.(エフ・エー・エム・ティー)」のTシャツをクロップト丈にアレンジし、引き締まったおなかを大胆に見せたフライトコーデ。カジュアルながらも、セレブらしく「シャネル」のヴァニティケースでリラックスしすぎない仕上がりに。

(2019年8月)

定番コンビのクロップトップ×ハイウエストデニム

ヤングセレブにも人気の韓国ブランド「チュウ」のボーダークロップトップに「ラングラー」のウォッシュドデニムで、ご自慢のボディラインをアピール。

(2019年6月)

空港ファッションもやはり「シャネル」一辺倒

さすが「歩くシャネル」と言われているジェニー。この日はニット、トラウザー、バッグ、スニーカーとすべてを「シャネル」で揃えて。手元にはほぼ毎日身に着けている「ココ クラッシュ」のゴールドのリングをオン。

(2019年9月)

冬のオールブラックコーデ

「シャネル」の黒のタートルネックニットに金ボタンジャケットを合わせて、90年代スタイルを披露。ブーツはパリのブランド「クレジュリー」のスウェード地のものを選んで、オールブラックコーデの完成。

(2019年12月)

ツイード×デニムでカジュアルシックに

「ジェントルモンスター」とジェニーのコラボサングラスをかけて空港に登場。同じくお気に入りブランドである「サンドロ」のツイード×デニムのジャケットに、「アクネ」のウォッシュドデニムをリンクさせて。

(2020年2月)

グレー×チェックで作るモノトーン

K-POPアイドルの登竜門と言えば、仁川空港でのファッションスナップ。「ピクシーマーケット」のスラックスなど全体をグレートーンで統一し、「メゾン マルジェラ」の「グラムスラム」バックパックでモード度UP。

(2020年2月)

グレーのセットアップでオフコーデ

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント