BTSやTWICEのオススメは?人気K-POPアイドルの愛読書11

Beauty&Life
スポンサーリンク

こんにちは。  

「第3次韓流ブーム」 と呼ばれる近年、音楽やドラマなどのエンタメとともに今注目されているのが、韓国発のエッセイや詩集などの「K文学」。「推しのアイドルが読んでいる本」としてK-POPファンからも注目を集めているほか、誰でも共感できる悩みを解決する言葉や、メッセージ性のある内容が世界中の読者を虜にしているんだとか。

そこで今回は、今をときめく韓国人アイドルたちの愛読書を厳選してお届け。K文学のみならず、日本で出版された作品や世界の名作もあるので、ぜひチェックしてみて!

cosmopolitanより

ナヨン(TWICE)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

人気アイドルグループ「TWICE」の絶対的エースで、リードボーカルとリードダンサーを務めるナヨン。

そんなナヨンが公式Instagramアカウントで紹介したのは、イ・ギジュ著の『言葉の温度』。

『言葉の温度』

韓国でベストセラーとなり、 日本でも翻訳版が2019年に発売された『言葉の温度』。

ソウル経済新聞の社会部・経済部・政治部記者として、言葉を扱うことを職業としてきた著者イ・ギジュが、日常生活で見聞きした人々の言葉選びや、そこに込められた「言葉の温度」について綴っています。

言葉に温もりを込めることはできるのか、熱すぎたり、冷たすぎたりしていないか…改めて深く意識したくなる珠玉のエッセイです。 

メンバーとのコミュニケーションの仕方はもちろん、言葉を世に届ける存在として、ナヨンにも様々な気づきがあったのかもしれません。

V (BTS)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

世界的アーティストの地位を確立しているアイドルグループ「BTS」のメンバーで、ミステリアスな雰囲気と低音ボイスが特徴的なV(ヴィ)ことキム・テヒョン。

「GRAMMY Museum Experience」のインタビューで、「最近インスピレーションを受けて、周りにシェアしたいことはありますか?」と質問された際には、クォン・ラビン著の『家にいるのに家に帰りたい』を紹介し、「癒されて、共感できる言葉が多かった」と話しました。

『家にいるのに家に帰りたい』

心に火を灯す癒しの言葉が綴られたエッセイ『家にいるのに家に帰りたい』。

ストレスやどうしようもない不安、心の傷を抱えた人々に、「無理しなくても大丈夫」と、自分をケアすることの大切さを気づかせてくれる一冊で、慰めの言葉がスッと寄り添ってくれるはず。 

BTSとして多忙を極めるVのように、“心安らげる場所に帰りたい”と感じる人にオススメです。

RM(BTS)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

BTSのリーダーでラップ担当の、RMことキム・ナムジュン。

IQ149の頭脳の持ち主で、日常的に本を読むという読書家のRMが、ライブストリーミング中にファンにオススメした作品が、チョ・ナムジュ作の『82年生まれ、キム・ジヨン』。

また、放送前の楽屋で集中して読んでいる姿が話題となったのが、マーティン・ゲイフォード著の『A Bigger Message : Conversation with David Hockney』でした。

『82年生まれ、キム・ジヨン』

韓国で社会現象になり、2020年に映画化されて日本でも大きな注目を集めた小説『82年生まれ、キム・ジヨン』。

33歳、一児の母であるキム・ジヨンは、ある日精神を病んで精神科に通うことに。そこで幼少期から大人になるまでの自身の半生を振り返りながら、女性であるがゆえに経験した理不尽や困難が紐解かれていきます――。

「示唆するところが多くて色々なことを感じた」というRMのように、この一冊を通して社会問題や日常的な生きづらさについて改めて気づかされるはず。

『A Bigger Message : Conversation with David Hockney』

美術評論家のマーティン・ゲイフォードが、イギリス出身の人気画家デイヴィッド・ホックニーと、アートについて対談している『A Bigger Message : Conversation with David Hockney』。

休日は積極的に美術館などに足を運ぶと言うRMならではのチョイスで、デイヴィッド・ホックニーの展示会に行ったことも公式Twitterで明かしています。

J-Hope(BTS)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

BTS屈指のダンスの実力を誇る、ラップラインのJ-HPE(ジェイホープ)は、太陽のように輝く笑顔が魅力的。

そんなJ-HOPEが、ファンとコミュニケーションをとることができるプラットフォーム「Weverese」で、オススメの本を質問されたとき、2020年4月28日に答えた作品が、名取芳彦著の『気にしない練習』。

『気にしない練習』

安・怒り・煩悩を「放念」するヒントを綴った『気にしない練習』。仏教的な観点から心を安定させる方法をわかりやすく説明していて、話題になりました。

メンバーいちのムードメーカーとも言えるJ-HOPEの優しさの秘訣は、この本に記されているのかもしれません。

イェリ(Red Velvet)

▼続きは有料会員のみになります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント