定期購読者様限定ページはこちら

マーケティング

スポンサーリンク
BizMAG

『シン・エヴァ』が動画配信でアマゾンと組んだ理由 決定打はEC

興行収入100億円を突破した庵野秀明総監督作品『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、作品を世界に届ける手段として選んだのは動画配信サービスのAmazon Prime Video(プライム・ビデオ)だった。2021年8月13日から日本を含む24...
BizMAG

唯一無二の体験型書店「文喫(ぶんきつ)」について

こんにちは。 皆さん、東京六本木にあります「文喫(ぶんきつ)」と言う書店はご存知でしょうか?2018年12月、六本木・青山ブックセンター跡地に誕生した書店なんですが。1,500円(税別)の入場料を支払わないと入れないという新しい形が話題に...
CATERING INDUSTRY(飲食)

スターバックスも活用 台湾初の複合商業施設はこうして生まれた

統一超商を中心とする流通サブグループのトップとなった徐重仁は、子会社を増やし、結束力を固め、理想のグループ経営戦略を実行した。小規模でも数の力で勝負する「アリの兵隊」戦術とは異なる発想の複合商業施設で、流通ビジネスの可能性を広げた。その経営...
CATERING INDUSTRY(飲食)

今だからこそのDEAN & DELUCAのパッケージ

コロナ禍になっていったいどれだけの月日が経ったのだろう。いつから友人と会っていないのだろう?緊急事態宣言も4度目が発令された。外食産業の方々が心配である。しかし、やはり怖くて外に食事にもなかなか行けない自分がいる。たまに、無性においしいもの...
BizMAG

AIを駆使して顧客に最適なアイテムを提供するSTITCH FIX(スティッチ・フィックス)について

こんにちは。 皆さんは、STITCH FIX(スティッチ・フィックス)と言う企業をご存知でしょうか? いや、聞いた事もない! って方も結構いるんじゃないですかね? 一応、D2C企業と言われているみたいなんですが。 僕...
BizMAG

1本33万円でも完売の超高級緑茶 ノンアルブームで再び脚光

ノンアルコール飲料の新商品の投入が相次ぐなど、ノンアル市場の勢いが増している。そうした中、2006年から飲食店を中心に“高級なお茶”の販売をしていた会社がある。高いものだと1本30万円にも上り、ワインを選ぶような感覚でお茶を楽しめる。15年...
CATERING INDUSTRY(飲食)

古民家をリノベーションした人気店舗「コーヒーで人と人をつなぐ」

店舗オープン時から続く、9時開店と18時閉店。友人とのやりとりのような自然なサービスでなごむ。コーヒー豆などの販売を伸ばしコロナ下でも売上確保。 店舗はインスタ映え抜群、古民家を改修した造り。 東横線中目黒駅南口から歩いて数分、線路に隣...
BizMAG

アマゾンが百貨店に進出? 一等地で高級アパレル販売か

米アマゾン・ドット・コムが米国内で、百貨店の大型店舗に進出する。米メディアが報じた内容は、百貨店だけでなく、衣料品を扱うウォルマートなどの大手スーパーにも新たな脅威となる。報道や現在のアマゾンの取り組みから、進出シナリオと影響を見極める。 ...
BizMAG

リテールエンターテイメントのCAMP(キャンプ)!!小売の生き残りヒントがここに?

こんにちは。 皆さんは、A Family Experience Store「CAMP(キャンプ)」というおもちゃ屋さんをご存知でしょうか? アメリカのニューヨークに店舗があるのですが。これが凄い! 2019年末までに、キャンプはニュ...
BizMAG

VR秋葉原駅も登場 バーチャルマーケット6、リアルと接点広げる

VR(仮想現実)事業を手掛けるHIKKY(ヒッキー、東京・渋谷)主催の「バーチャルマーケット6」が2021年8月14日から28日まで開催中だ。百貨店やメーカーの他、JR東日本やNTTドコモが参加するなど出展企業の幅が広がっている。実ビジネス...
BizMAG

流行の仕掛け人RaaSビジネスとNeighborhood Goods(ネイバーフッドグッズ)について

こんにちは。 実は最初に、音声(ポッドキャスト)で収録しようと試みたのですが。何か上手い事まとまらなかったので(笑)文章で説明していこうと思います。 後日音声化するかもしれませんので、気長に待っててください。 と言う事で、コロナの...
JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)

セブンの店で揚げるカレーパンが絶好調 レジ横の“看板”目指す

「お店で揚げたカレーパン ついに販売開始!」。東京都や神奈川県にある一部のセブン-イレブンの店頭には、こんな張り紙が利用者の目を引く。店舗も売り込みにひときわ力を入れるその場で揚げるカレーパンが、想定の2~3倍の売り上げが続く人気商品となっ...
Fashion(ファッション)

東京・原宿にゲオが「SDGs店舗」 Z世代の集客狙う

メーカーや小売店の余剰在庫を買い取り、低価格で販売する「Luck Rack(ラックラック)」事業を運営するゲオクリア(名古屋市)は2021年7月22日、東京・原宿に新店舗「Luck Rack東急プラザ表参道原宿店」を出店した。19年4月に横...
Fashion Mag

「ソーシャルEC」で新しい越境ECのアプローチを魅せたYouzan Japan

近年、少子高齢化が進み、消費人口の減少が懸念される中、越境ECを用いた海外市場での販路の開拓が注目されています。さらに新型コロナウイルスの影響によって、インバウンドによる中国人観光客の来日や来店が難しくなり、越境ECを活用したアプローチの重...
E-mail magazine

「キンカン」が切実すぎる本音広告 「#若者に売れたい」を渋谷駅に掲出

金冠堂は6月21日から、渋谷駅の地下コンコースにおいて、虫さされ薬「キンカン」の切実すぎる本音広告「#若者に売れたい」を掲出。あわせて「キンカン」のボトルを模した巨大柱巻き広告も掲出し、若者に対する商品ラベルの認知拡大を目指した。 ▼続き...
BizMAG

アマゾンとガチンコ対決でも急成長! Cafe24の秘策はSNS連携

2021年上期末の顧客サイト数が前年同期比で4倍に急伸したEC構築・運営の支援企業がある。韓国発で日本、中国、台湾などでもEC構築・運営の支援サービスを展開するCafe24の日本法人、CAFE24 JAPAN(東京・港)だ。日本で急伸してい...
BizMAG

米Miles日本上陸へ 徒歩でも電車でも“マイル”がたまる

飛行機だけではなく、徒歩や自転車、自動車、電車などの移動手段を自動判別し、“マイル”を付与するアプリ「Miles(マイルズ)」。運営する米コネクトIQラボは2021年8月、海外初進出となる日本でティザーサイトをオープンした。日経クロストレン...
INSTAGRAM(インスタ運用)

成果を出すインスタ機能ベスト4 東急ハンズの“大失敗”に学ぶ

Instagram(インスタグラム)の特徴は、ユーザーがビジュアルを使ったコミュニケーションを通して、「自分が好きな世界」とつながること。そうした特徴を生かし、どうマーケティングに活用するか。東急ハンズや山本海苔店の取り組みから、企業がファ...
BizMAG

無収益でも持続可能な経営を目指す

会社勤めは安定なんかじゃない。いくつか収入の柱を作らないといけない時代です。会社員から事業を作り、結果を作り、資本を作り、投資家を目指そう!会社作って継続させ、拡大させ続ける攻めと守りための指標や考え方について説明します。 セーフティ...
E-mail magazine

ソニック30周年記念ゲーム 視聴者参加型のライブ配信で最大同時接続数は2万人超

セガは、同社のゲームキャラクターおよびゲームソフト「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の誕生30周年を記念し、ライブストリーミング形式でゲームの実況プレイを配信する“ストリーマー”と視聴者が一緒になって遊べる新感覚のゲーム「SEGA STREAM...
BizMAG

コーヒー豆販売から焙煎ノウハウ提供まで 異色の焙煎機メーカー

日本政策投資銀行(DBJ)産業調査部が、産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を読み解く連載。今回は、製造業で必要とされる「サービス化」の視点を、コーヒー焙煎(ばいせん)機メーカーの米Bellwether Coffee(ベルウェザー...
JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)

SNSでの拡散も考える 顧客が喜ぶノベルティの設計

顧客、顧客になり得る人との接点で活用するノベルティ。とりあえずつくってしまいがちな中、どのように考え、制作していけばいいのか。ヤプリの担当者に話を聞いた。 ノベルティの役割 ▼続きは有料会員限定になります▼ 定期購読(サブスプリクシ...
BizMAG

HOW TO GROW YOUR FAN

既存客を大切にしよう。新規客を獲得するのは、費用などの労力が、5倍違うから大変。既存客をKEEPしつつ、プラス新規客を増やさなければ継続的な経営はできない。 <前回の予習>HAPPYLINEとは?いくら稼ぐことができれば自分は幸せなのか?...
BizMAG

リーバイスとコメ兵の局地戦 中古の循環経済でアマゾンを排除

アマゾンの業容拡大やネット販売の進展による様々な業界への影響を意味する「アマゾンエフェクト」。アマゾンが本格的に攻め込めないでいる分野が、中古品の二次流通での局地戦だ。アマゾンエフェクトにあらがう日米欧各社の中古品の二次流通への取り組みを追...
Fashion(ファッション)

インフルエンサーが立ち上げる オリジナルブランドが増加

影響力を持ったインフルエンサーに、自社のブランドについて発信してもらうインフルエンサー・マーケティングが行われるようになったが、今、インフルエンサー自体がブランドを立ち上げることが増えている。 すでにファンが多数おり、SNSなどでリーチす...
Fashion(ファッション)

デジタルに新たな価値と概念を生むNFT。“NFT×ファッション”の創造が未来を紡ぐ

ブロックチェーン上で発行される「NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)」。デジタルコンテンツ市場の発展に大きく貢献する革新的技術です。 最近では、NFTを活用したデジタルアートやメディアが度々高額で売買され、IT・...
BizMAG

無印良品で冷凍食品が大幅増のワケ 店舗大型化戦略とかみ合う

ミールキットにカット野菜、カップアイス。無印良品がここ数か月、冷凍食品のアイテム数を大幅に増やしている。新たにミールキットを15種類も発売できたのは、無印が進める店舗の大型化戦略とうまくかみ合ったためだ。人気の「キンパ(韓国風のりまき)」の...
BizMAG

オリオンビールが沖縄限定商品を首都圏に拡大 チューハイに本腰

オリオンビールは2021年7月20日にチューハイブランド「WATTA」の新商品を発売。同日に新商品戦略発表会を行った。6月29日に早瀬京鋳氏が社長を退任したばかりだが、全国展開を見据え、今後どのように販売を拡大していくのか、担当者に話を聞い...
Fashion(ファッション)

旧態依然のアパレルビジネスから脱却 東レ子会社のD2C戦略とは?

東レグループのアパレル事業会社の東レ・ディプロモード(東京・中央)が、クラウドファンディングなどを活用し、消費者に直接販売するD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)の試みを次々と成功させている。最先端素材を最速で商品化し、消費者の声に基...
BizMAG

サブスクで利用額10倍に? データドリブンな異色のサラダ店

東京を中心に19店舗展開しているチョップドサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS(クリスプ・サラダワークス)」。運営するCRISP(東京・港)は、2021年7月14日からサラダの定期配送型サブスクリプションサービス「CRISP R...
スポンサーリンク