定期購読者様限定ページはこちら

ETFで、世界の資産に投資しよう!

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。

株式の個別銘柄と同じ手順で投資信託が買える──。それが「ETF」という金融商品です。ETFを使えば、日本やアメリカ、ヨーロッパや全世界の株式をまとめ買いできるうえ、「REIT」「債券」「金」にも手軽に投資できます。

日興フロッギーより

日本と世界の主な株価指数を網羅するETF

ETFの特徴は、「株式と同じ方法で」「投資信託と同じように、日経平均株価やNYダウのような市場平均に連動した投資ができる」ことです。

そんなETFの大きな魅力は、通常の投資信託が扱っていない株価指数などもカバーする、投資対象の幅広さです。

例えば株式だけでも、日本なら日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)、JPX日経インデックス400、東証マザーズ指数、さらにはTOPIXの業種別指数など、主な株価指数をほとんどカバーしています。東証マザーズ指数と同じ値動きを目指して運用する投資信託はなく(2021年1月時点)、将来有望なベンチャー企業が上場するマザーズ市場に連動する投資ができるのは、今のところETFだけです。

海外の株式では、アメリカならNYダウ、S&P500指数やナスダック100指数。さらにはユーロ圏、イギリス、中国、韓国、インド、ブラジル、ロシアなど、さまざまな国・地域の株価指数がETFの投資対象です。「全世界」「先進国」「新興国」の株式を対象とするETFもあります。

「JPX日経インデックス400」は、2014年1月に公表が始まった比較的新しい株価指数で、企業の業績や資本効率(どれだけ効率的に利益を出せているか)、情報開示の姿勢などを基準に400社を選びます。
「東証マザーズ指数」は、ベンチャー企業が数多く上場するマザーズ市場を対象とした株価指数です。指数そのものは2003年からありますが、東証マザーズ指数を対象としたETFができたのは2018年のことです。

REIT、債券、貴金属……ETFで分散投資

ETFで投資できるのは株式だけではありません。一般の投資信託と同じく、債券やREIT(不動産投資信託)、金やプラチナなどの貴金属にもETFを通じて投資できます。

例えば債券なら「FTSE世界国債インデックス」などの指数があり、ETFはこれらの指数への連動を目指して運用します。REITは、日本なら「東証REIT指数」が対象です。金などの貴金属も、その価格に連動したETFが設定されています。

 

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント