定期購読者様限定ページはこちら

FP解説! おとな女子のマネー不安解消法~貯金ゼロ編~

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

より現実的に老後を意識し始める40~50代。定年までの残りの期間で、いかに備えていくかが重要になってくるだろう。

「実は、オーバー40歳女性のおひとりさまで貯金ゼロという方が、意外と多いんですよ」

そう教えてくれたのは、オーバー40歳のおとな女子が老後に向けて準備しておくといいことをまとめた書籍『私がお金で困らないためには今から何をすればいいですか?』(日本実業出版社)の著者で、ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士の井戸美枝さん。

もし、40歳を超えて貯金ゼロの場合、どのように老後の準備を始めたらいいだろうか。井戸さんに具体的な解決策を聞いた。

貯金ゼロ脱出の第一歩は「収入と支出の見直し」

「オーバー40歳で貯金ゼロの女性は、実家住まいで生活費を親任せにしていたという方が多い印象です。実家住まいは決して悪いことではありませんが、家賃などがかからないため、収入がすべて自由に使えるお金になってしまい、貯める必要性を感じにくいのです。また、食費や水道光熱費を把握していないことも問題といえます」(井戸さん・以下同)

実家住まいで貯金をしてこなかった人が不安を感じるタイミングは、両親のどちらかが病気になったときが多いとのこと。

「いずれ親はいなくなるということを実感して、不安を覚える人は多いと思います。そうなったら、まずはお金の使い方を改めるため、収入と支出を見直すことが大切です。4つのステップで確認しましょう」

(1)使えるお金を書き出す
月々の給与と税金・社会保険料など控除されるお金を書き出し、ひと月で使える金額を確認する。

(2)暮らしに必要な額を知る
日々発生する食費や水道光熱費、通信費などをメモしていき、1カ月分の生活費を把握する。

(3)自分に合ったお金の使い方を考える
使えるお金と生活費を照らし合わせて、ひと月の予算を立て、節約できそうな項目を検討する。

(4)大きな支出があることも予定しておく
日々の生活費以外に、通院や入院、親の介護、家のリフォームなど、想定される大きな支出に備える。

「浪費を続けたまま定年を迎えると、収入は減るのに支出を減らせず、老後破綻のリスクを高めてしまいます。生活を見直し、収入と支出のバランスを取ることが重要です。実家が持ち家であれば、親の死後も家が残るので住居費はかかりません。しかし、日々の生活費や家の修繕費は発生するということを意識しましょう」

現役で働いている現在は貯金がなくてもなんとかなるとしても、いずれは貯えが必要になるときが来るという。

「定年前後で収入が減ったり、病気になって働けなくなったりするリスクは誰にでもあります。そのような事態に備えて、お金はストックしておくべきなのです。支出を見直して節約できた分のお金は、貯金に回しましょう」

貯金を継続させるコツは「先取り」

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント