定期購読者様限定ページはこちら

KADOKAWA2つのDX戦略とは?

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。

今回取り上げるのは、コロナ禍でも出版事業の利益が倍増したKADOKAWAです。KADOKAWAが進める2つのDX戦略とは?

株式会社KADOKAWA 2021年3月期 通期決算(2021年4月30日)
KADOKAWAグループ企業HP 事業概要

※以下の解説で使用したスライドは、株式会社KADOKAWA 2021年3月期 通期決算(2021年4月30日)、KADOKAWAグループ企業HP 事業概要から引用しています。

日興フロッギー(https://froggy.smbcnikko.co.jp/)より

今回の決算の印象は?

早速、業績を見ていきましょう。2021年度4クールの売上は571億6900万円と前年同期比+4.9%、営業利益は4億2100万円で黒字転換しています。

通期で見ても、前回予測には届かなかったものの、売上が2099億4700万円、営業利益が136億2500万円と、それぞれ前年同期比+2.6%、+68.5%で、売上高、営業利益共に過去最高を達成。

今回の印象で一番大きいのは、売上はほぼ同じで営業利益がすごく増えている点です。

デジタルシフト(DX)を強烈に推し進めてコロナを乗り切ったのでしょう。出版社には難しいと思われるDXに成功し、利益を大きく伸ばしたのが印象的でした。

このページで気になったポイントは?

セグメント別の数字を見ていきましょう。

出版事業が主力となっており、映像、ゲーム、Webサービス、その他、という形になっています。

通期では、出版事業とゲーム事業で前年同期比+100%を超える増益。4クールでは、出版事業は好調であるものの、ゲーム事業は営業利益の部分が赤字になっていました。

また、映像、Webサービスに関しては、トップラインが落ち込んでおり、コロナの影響を受けたのかなという印象でした。

このページで一番目を引くのは、出版事業の営業利益がすごく伸びている点です。売上も2ケタ成長なので、すごく強いと思いました。

出版に関しては、先ほどから言っている通り、DXが順調に進んでいます。ゲームも、通期で見ると好調ですから、コロナに強いビジネスが成功したのではないでしょうか。

書籍で返品率が高いのは何故?

出版セグメントの部分について、細かいトピックスも見ていきましょう。

出版セグメントは、紙と電子の出版に加え、「BOOK☆WALKER」を中心とした各種電子プラットフォームの展開や、UGC(User Generated Contents=ユーザー生成コンテンツ)発の作品発掘・新人作家育成を行なっている事業です。

紙書籍の売上を見てみると、前年同期比+6.8%と増えているものの、電子書籍の伸びが前年同期比+29.6%でした。

やはり伸び率は電子書籍の方が高く、電子書籍の売上が増えることで、営業利益率も改善されます。

また、自動追送システムと書店専用発注システムが増えたことに加え、EC経由販売の拡大により、紙書籍の返品率が大幅に改善された、とあります。

今まで返品率が30%以上もあったことに驚かれる方もいるのでは? 書籍でここまで返品率が高いのは何故なのか解説します。

書籍の場合、コンシューマー(購入者・消費者)から本屋さんに返品されるのはもちろんありますが、それが30%もあるわけではありません。

書店と出版社をつなぐ、取次という人がいます。彼らが書店に本を卸すのですが、日本の取次の仕組みはかなり特殊です。

書店で売れ残った本は、いつでも取次や出版社に返品できるのです。出版社は、取次に頼んで本を置いてもらうのですが、売れない場合、本屋さんはいつでも返品できる仕組みになっています

そのため、高い返品率になるのです。これは元々仕組みとして成り立っているので、なかなか商習慣を変えるのは難しいでしょう。

取次が数社の独占構造になっているので、そこと取引をしてもらえなくなると、出版社としてはビジネスになりません。

取次の言うことを聞かなければならない世界なので、返品がこれだけ多いのは当然なのです。

ただ今回面白いなと思ったのは、出版社からすると非常に分が悪い仕組みの中、自動追送システムなどのDXをすると、返品率が5%も下がったことです。

このオペレーションのDXが、出版セグメントの大きく伸びている一つの理由ではないでしょうか。

出版セグメントの戦略についてJ-Novel Club買収は成長の一因になる?

今後の成長戦略について見てみましょう。

IP(インテレクチュアルプロパティ、つまりコンテンツのこと)の育成、様々なメディア展開、さらにそこからグローバル展開という掛け合わせが掲げられています。

この中で、出版セグメントに関する戦略を見てみます。一つ目が、新規IP点数の拡大。

二つ目がDXの加速。

三つ目が、電子書籍のグローバル展開です。

以上より、繰り返しになりますが、とにかくDXを徹底的にやっている印象です。

KADOKAWAのDXは二つあると僕は思っています。

一つ目は、デジタルコンテンツの面で、とにかくIPを増やして売っていくことです。その流れの一環で、北米のJ-Novel Clubを買収しました。

アメリカでも日本のコンテンツが好きな人は一定数います。そういったところに届くようなプラットフォームを持っている人を買収して、どんどん海外に進出しているのです。

そのため、デジタルコンテンツをフォーカスしていくのが一つ目のDXと言えるのではないでしょうか。

二つ目は、元々オフラインでやっていたことを電子化し、少しでも精度を上げたりコストを抑えたりすることです。

書店の受発注は、どうやらFAXで行われているところも未だにあるようです。どこにどれくらい在庫があるかといった情報は、FAXでは把握できませんから、その管理をきちんとする必要があるでしょう。

また、画像にあるようにオンラインとオフラインの融合や、SNSを活用した作品開発も行っていかなければなりません。

今までは、編集者が「最近良い人いませんかね」と著者を開拓していましたが、今はTwitterやInstagramでフォロワーが多い人に本を書いてもらいます。

その人たちにはもう既にファンがいるので、本が全く売れないという可能性は非常に低いですよね。

このように、本の作り方、売り方、卸し方を変えていくのが二つ目のDXなのではないでしょうか。

まとめると、デジタルコンテンツにフォーカスをあてるというのが一つ目です。 このDXをすると、売上が一定でも利益が増えます。

二つ目が、今までオフラインでやっていたことを、なるべくオンラインにしていくことです。

この二つを徹底的にやっているのがすごく強いと思います。実際、売上が2ケタ成長、営業利益は大幅に増益といった決算が今回出ているわけです。

出版業という、昔からの古い産業でDXを行っているのは本当にすごいです。これからどうなっていくのか、個人的にすごく楽しみでもあります。

サイバーエージェントやソニーグループから約100億円の調達をした狙いは?

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント