世界的な経済悪化が見受けられる今日。私たち一人一人ができる事とは何か?

経済
スポンサーリンク

2020年3月に入り新型コロナウイルスの影響で、全世界に猛威を振るっていますが。

その影響は、ウイルスだけでは止まらず。
経済にも影響が見えている。

3月17日現在は日経平均は1万6000円程度まで落ち込んでいる。
米国株式相場は大幅下落。ダウ平均は2997.10ドル安の20188.52ドル、ナスダックは970.28ポイント安の6904.59ポイントと落ち込みを見せ。

さらに、欧州でも感染拡大が増え。
イタリアでは、致死率7%と世界的にも高く。ドラックストやスーパー以外のお店は軒並み閉鎖すると政府の意向。

他の国にも、全校休校の措置や入国禁止などあらゆる施策が飛び交う。

僕たちが、見て取れるように実体経済に悪運が経ち飲める。

そんな経済悪化が今後見受けられる状態で、私たち個人個人はどういきて行くべきか?

今日はそんなテーマでお話ししていこうと思います。

会社に依存するな

今回の経済悪化から想定されるのは、リストラや。就活生では、内定切りなど。

今までの生活から一転するケースが増えてくる可能性が高い。
また会社では、給料が下がったり。ボーナスの支給がなくなる?って事も十分考えられる。

現に日経新聞の情報では、新型コロナの影響で海外/国内便問わずキャンセルが相次ぎANAやJALなどの航空会社の利用が減りかなりの損失が見込まれている。
もともと香港の大規模デモや日韓対立の影響もあり日本での観光業の影響も懸念されていましたが、今回の新型コロナによって大打撃を受けている。

これは、日本の航空会社のみならず世界の航空会社にも影響が及ぼしている。

このように、実体経済にも影響がある中、企業が第一に行う措置はリストラではないだろうか?
もちろん全体的な立て直しもしますが、リストラも十分考えられる。

KLMオランダ航空は13日、最大2千人を解雇する方針を発表している。

 

ではここからが本題でしょうか!
僕たちはこのような状況下の中。どのような行動をとっていけば良いのでしょうか?

 

私が思うには、やはり現在は個人の時代になってきていると思う。
働き方改革の1つとして、政府が副業を推進しているのは皆さんお分かりかと思います。

裏を返せば、政府は日本国民1人一人を見ていられなくなっているのも現状です。
なので、副業や投資を進めており。国民1人一人が自立し将来のための家計を作る必要があるのです。

皆さんも安易に想像できるかと思います。
日本は、少子高齢化社会であります。若い働き手が将来少なくなり。
年金をもらう高齢者が増加してきますよね?

ということは?
日本に収める税金を払える若者が少なくなりますから、少ないって事は当然一人当たりの納税額を上げざる得ないですよね?
プラスで、年金をもらう人も今まで以上に増えていますよね?

今後消費税は、20%まで上がると言われております。
また終身雇用制度の崩壊や収入が減るという人も出てくるでしょう。
しかし、税金は高くなり収入が低い上に支払いは高いという負のスパイラルに陥る可能性があります。

現在もうその影響は見受けられますが、今後もっと加速するかもしれません。

そうなったら、上記でも触れましたが。
個人一人ひとりが自立し、会社に依存せずとも収入が得られるように行動していかなくてはいけません。

簡潔にまとめると

副業しましょう

ですね(笑)

副業の勧め

副業というと、何から始めたら良いのか?
わからない人も多いかと思います。

私自身も、副業を経験してから起業しました。

副業は良い経験です。会社員として働きながら、自分のスキルアップにもなります。
また会社員のお給料以外の収入が入る事で、実生活にも少し潤いができます。

副業はたくさん種類がありますので。
焦らずに、まずは色々とリサーチして見て。自身で何かアクションを起こして見ましょう。

こちらのブログでは、今後自分の実体験も交えながら副業についても触れていきますので。

お楽しみにしていただければと思います。

 

 

コメント