Personal Media Structure~分散化社会の中のユニーク戦略~

FACEBOOK
スポンサーリンク

こんにちは。

1、発信は個人からの時代に

企業が商品やサービス提供する際は、メディアを使って発信すると思います。
その発信の仕方も2種類あり。

昔はPaid Media(ペイドメディア)と言って、お金を払ってリーチをしていたんです。
だから企業しかできなかった。

でも今っていうのは、個人から個人の時代に移りましたよね。
例えばFacebook 、Instagramなど個人で発信できるツールが充実している。

では個人が情報を発信するっていうのはなぜなったのか?
この事から理解を深めていきましょう♪

  1. Adリテラシーの向上
    →広告に溢れてしまい広告に免疫ができてしまった
  2. プラットフォームの向上
    →個人がコストをかけずに本音を発信できるようになった。
  3. 過剰供給時代の旗振り
    →ものに溢れすぎて購買時のアドバイザーが必要になった。

Adリテラシーの向上

広告に溢れてしまって、この広告に免疫ができてしまった。
だから、CMも時間にトイレに行ったり。
YOUTUBEの広告をすぐスキップしたり。

これはアドリテラシーの向上によって、誘導してくる広告をクリックしないようになった。

プラットフォームの向上

個人がコストをかけずに本音を発信できるようになる。
例えば何十万人のフォロワーを抱えるインフルエンサーが、呟けば何万人もの人がそれを見る
それは企業以上の影響もあるが。

こういった事ができるプラットフォームが整備されているからでもある。

過剰供給時代の旗振り

物に溢れすぎて、購買時に何を買っていいのかわからない。
購買時に何かアドバイスを求めるようになった。
しかし企業のアドバイスだと偏りが生じるため。
個人のアドバイスを重要視するようになった。

今は、コンテンツに価値を持つ時代ではなく、コンテンツで得られる体験に価値がある時代

今までっていうのは、情報をあげます。
あげた情報にお金を払うっていう時代でした。

でも現在は、情報は無料で手に入る。
その情報を使ったココにお金を払ってねという形に変化している。

例えば、雑誌。

昔は雑誌はめちゃくちゃ買われていました。
雑誌っていうのは、情報と交換で買われていました。
でも今は、雑誌がほとんど売れない時代になりましたね。

現在は、オンラインでコンテンツを発信して。
そこから購入という体験につなげるマネタイズ方法に変化しています。

なので情報自体に価値はなくなってきたんですね。

目的を何に設定するのか?

ここで一番重要なのは、目的っていうのを何に設定するのか?という事です。

あなたはフォロワーの行動をどうデザインしたいのか?
例:採用→職場の雰囲気を主に発信していくべき
集客→職場以外での人間味を発信していくべき

目的によって発信が変わってくる。

このような思考がない人は下記のように情報発信すれば集客できると思っている。それは間違い!!
キャラの発信での関係作りが大事!!
この関係作りが一番重要なんです!!

今から話すことは、ゼロの状態からセルフメディアを構築する方法です。

2、ゼロの状態からセルフメディアを構築する方法

まずはメディアの作り方の前に、人々はどうやって情報を取得しているのか?

情報取得方法は下記2つ。

例えばグーグルで何かを検索する時は、何かを知りたい。
特定のものをすでにわかっているから検索するわけです。

かたやSNSってどうでしょうか?
適当にとか暇だから開くって人が多いんじゃないでしょうか?
これは無意識的に開いているわけですね。

SNSを見ている人は無意識的に見ている人が多いので、興味を先に持たせることが必要!

では、何をどのようにやっていくか?

もっと細分化すると

これを言語化し、ロジックに基づいて考えると下記のようになる。

これの運用方法をロジックを基づいてやっていきます。
それは、マイクロコンバージョンを引くことなんですね。

例えば、WEBサイトの100人来て10人が購入してくれました。
コンバージョンレートは、10%ですよね?

ただ、逆にいうとこの90%はなぜ購入してくれなかったんでしょうか?

このなぜ?がわからないのであれば。
このWEBサイトのどこで離脱をしたのか?
何が原因だったのか?
知りたいですよね?

それをSNSでやっていますか?って話ですね。

3、アカウント構築改善

まずはコンバージョンを細分化します。
探索から発見をコンバージョン1。
発見から共感をコンバージョン2とします。以下同じ。

まずはコンバージョン1を見ていきます。

ページには来てくれるけどフォロワーが増えない人はどういう状況か?
アカウントの構築が原因。

まだみんな興味を持っていない。持たせるためには下記のように4つになる。

プロフィールは箇条書き
・アカウントは人を置く
・プロフィールは箇条書き
・プロフィールは以下記載
タイトル:キャッチコピー
1, 趣味・職業・地域など
2, メリット(子育て解決方法日々発信)
3, 自分の挑戦中の事等
4, 発見や興味タグ等
・フィード日常の綺麗さ
カメラ画質撮り方

ここら辺をしっかりとやっていけば、コンバージョン1っていうのは上がっていきます。

4、発信内容の改善

次にフォロワーがどんどん増えてきたけど購入に結びつかない人はどういう状況か?

発信内容に問題がある。
では何を発信すればいいのか??
以下4つだけ!!

下記の枠内に発信内容を埋め込むと、④が多いことに気づく。
優先順位としては興味があって知らないこと、③を発信するべき。
興味があって知っていたことも再度教えてあげるのも効果的。

知識やノウハウは下記を意識する!

SPEED
ニュース、即時性があるもの。一番難易度が低いが、一番競合が多い。速度勝負になりがちで辛い。
SIMPLE
複雑な物を簡単に解説したり、比喩を用いてわかりやすくする
ON FIELD
レストランなどでの現場知識、旅行先での知識など

5、発信方法の改善

興味は持っているけど、なかなか参加してくれない状況の人は、発信の仕方(リーディング)が悪い。

下記6パターンを活用して投稿していく。

こういうものを取り入れていくと、よりリーディングのコンバージョンレートが上がります。

6、拡散施策の向上

最後に購入してくれた人たちが拡散をしてくれない場合はどのようにすべきか?

投稿してもらえる施策を工夫する!

7、まとめ

・企業ではなく個人toカスタマーの時代へ
・コンテンツを使い別の収益に使う(コンテンツに価値はない)
・GoogleではなくSNSでの発信が必要(興味を持たれないので)
・SNSでの発信は短縮情報が基礎(KCYLの4つの内容を意識)
・EDEPSの通りのカスタマー動向を把握
・それに対しマイクロコンバージョンを引いて問題点の明確化
・各問題点に対しての施策を継続実施し目的に誘導

コメント