定期購読者様限定ページはこちら

Presentation Session~相手を動かす絶対必要なスキル~

トークスキル
スポンサーリンク

相手を動かす絶対必要なスキル。
それが「プレゼンテーションスキル」になります。

この記事を最後まで見ていただくと。

  • 企画立案に加えてこのスキルで事業遂行ができる
  • 動画発信時代に人に話を聞いてもらえるようになる
  • 自分のアイデアを形にして発信できる
  • 周囲と視線や目線を合わせて経営ができるようになる
  • 営業スキルだけで独立できる
  • 日常のコミュニケーションのUP

上記のようになります。

アイデアに価値はなく、世に伝えた人に価値がある。

例えば電球を開発した人は誰でしょうか?
誰しもが、「エジソン」だと思うでしょうが。

本当は、「ジョセフ・スワン」という方です。
じゃあエジソンはというと、その電球を世に広めた方なんです。
でも結局は、「エジソン」の方が有名ですよね?

プレゼンの目的とは?

プレゼンの目的はなに?話すこと伝えることじゃなくて、重要なのは【相手を動かすこと】理解をしてもらって、契約を結ぶことです。

【問題】明日プレゼンを社長にするとしたら何から始めますか?

資料を作る?それだけじゃダメ!

重要なのは

  1. 理解をさせるため目的を明確にし
  2. 聞き手を理解して
  3. リードしていかないといけない。

プレゼンの目的 5W1H

プレゼンの目的は、5W1H。
何について聞きたいの?何でそれを聞きたいの?
これが重要になります。

事例

例えば、企業にSNS運用の代行サービスを販売しようとした場合、誰にプレゼンをするのか?
平社員の場合だったら彼らの作業が減るような説明。

部長にプレゼンできる場合は、今すぐ結果がでるような説明が刺さる。
社長なら長期的や経営が安定するような事を伝えないといけない。

だからまず明日皆さんがプレゼンをしなさいってなった時に。
その資料を誰に向けて作るんですか?

この誰に?で大きく変わってくるんですよ。

【重要】プレゼン相手・目的整理表

じゃあ実際にやるってなった場合。
これ(テンプレート)を使って整理してからプレゼンをしよう。

<趣味>例え話をする時に、相手の趣味に合わせてあげた方が分かりやすい。

<期待>何を期待しているかを考える

<ポイント>これだけは絶対に伝えておかなくちゃいけないこと。それ以外はAPPENDIX(資料の最後のページ)に書き連ねておく

<想定Q>想定される質問をあらかじめ予測。すべてAPPENDIX(資料の最後のページ)に書き連ねておく

<T:時間>何分お時間をいただけるのか?

<P:場所>ホール?会議室?カフェ?見せ方が違ってきます。

<P:場合>1対1なのか複数なのか?

【論理<感情】人は感情で動く!

ロジカルにプレゼンしても意味がない。
「感動」という言葉はあっても「論動」という言葉は無い。
感動して、行動に移してもらうために「見せ方」や「伝え方」を工夫しましょう。
【視覚】【聴覚】について説明します。

【①資料内容】基礎中の基礎!1ライド1メッセージ!

①-1:自社の強みと競合との比較は必ずページを分ける。

①-2:アジェンダーをまず見せる。
「今日はこのことについて話しますよ。」次に左上に話している内容の「見出し」アンカーフォローを書いておく。
で、次の説明にうつるときは、ブリッジスライドを出して、Bについて話す事を伝えてから、Bの項目の話をする。
資料は多くなるけどかなりわかりやすくなる。

①-3:タイトルではなくメッセージを記載する。

【NG例】売り上げ推移  【GOOD例】売り上げが30%増加。

図がないのであれば、箇条書きを心がける。

【NG例】2019年で100億円となりましたので、2020年は+20億円目標です。【GOOD例】2019年で+100億円・2020年は+20億円目標

図がある場合は、一瞬でわかるように、色分けなど工夫する

【②動作/表情】頭よく説明できても、これができない人が多いから、これで差をつけよう!

②-1:アイコンタクト。
一人当たり1秒から2秒。

②-2:スクリーンを見ない。
PPTの開発モードで次ページを頭に入れておく。
何回も練習すること。

②-3:動きをつける。
人間は本能で動くものに目がいくので、身振り手振りを大きくつける。

【③会話構成】ソリューションファースト。相手が聞きたい事をなるべく早く伝える

人の集中力は30分をピークに低下します!
先に相手が自分の商品を使ってもらえば何が解決するのか?を伝える。

事例:オンライン会社設立FREEをプレゼンしてください。

  • オンラインで設立できます。
  • 自動資料作成機能
  • 印鑑などの付属サービスも充実
  • 時間や手間が短縮できます
  • コストが短縮できます

「これを導入することで作業時間が3時間は削減できます!」機能の説明はしちゃダメ!

なぜかというと、ソリューションファーストになっていないからです。

機能ではなく解決を説明しないといけない。
例えば、CREC法での会話構成。

さらに3つの効果(証拠)を入れる。4つが一番数字高いけど時間のわりに合わないので3つがベスト!
下の画像の通り。

【④トークスキル】アテンションフレーズ。これ重要です!これないと絶対に無理!などを入れる

④-1:面白い事を言うぞ!という前おき言葉(10秒)を必ずいれる。

前置き言葉を入れると、全然違ってくる。
YouTubeやプレゼンでもなんでも「前置き」アテンションは絶対にいれた方が相手は聴いてくれる。

④-2:ひげ言葉を無くせ!「えーと」「あのー」「はい」これは、リハーサルでしかない。

④-3:意見を直接主張しない!質問の中に紛れ込ませる。質問のQA大切。

私「顔よりもスタイルの方が優先なんですよね?」

相手「まあそうですね」

私「じゃあ顔は目をつぶる感じですか?」

相手「まあ、顔もある程度は大事ですけどね。」

私「じゃあ○○ちゃんがいいかもしれないですね」

として、お客さんに選らばさせる。「でも」「しかし」は、絶対に営業のとき使っちゃダメ。クライアントの前では一切否定しない!

まとめ

苦手でも練習すればできるようになりますので、実際に声を出して練習してからプレゼンを行いましょう!

オンラインコミュニティも作りました。

note ご指定のページが見つかりません

こちらのオンラインコミュニティでは、『コミュニティ』をテーマに。
お得な情報とコミュニティ環境を提供している。

クローズドな会員限定のコミュニティになっておリます。

最後までありがとうございました。

 

コメント