SEOの基礎〜競合コンテンツ調査〜

SEO
スポンサーリンク

競合コンテンツ調査とは

記事に独自性を加えるため。
→グーグルのっていうのは、ユーザーが何かしらのキーワードを検索しました、での祖検索したキーワードに関連する検索結果っていうものを返しますよね?
例えば、独自性って部分で、あなたが何かしら検索したとします。そこにサイトが出てききますと。
いろんなサイトが同じような情報しか発信してなかったらあなたどうですか?
多分満足しないですよね?
やっぱりグーグルっていうのも検索ユーザーに対して満足してもらいたい。満足してグーグルっていう物を使ってもらいたい。と思っているので。
検索結果に多様性をもたらしたいってグーグルは思っているわけですよ。
その中で、あなたが競合のコンテンツをぱくりながら記事を製作したら必然とやっぱり競合と同じようなコンテンツになるじゃないですか?つまり待った独自性のないコンテンツになりますよね?
そうなると検索ランキングでもなかなか上位を獲得しずらくなるんですよね。

なので、この「独自性」っていう部分は記事ランキングをあげる中でも重要なポイントとなります。

独自性は2種類あります。

・情報としての独自性

・情報の切り口(見せ方)としての独自性

 

情報としての独自性

例えば、事件が起きた時にメディアてニュースを使って公開するじゃないですか?事件の情報を一番早く世の中に公開したメディアって。それって一次情報の発信者じゃないですか?つまり他のどのメディアも発信していないような情報っていうものを発信していることになりますよね?
つまりそれって独自性が担保されているって事。

つまり、他のメディア/他のウェブサイトで紹介されていないような情報それを発信すること。
あなた自身が一次情報の発信者であること、それが1つ情報としての独自性ですね。

情報の切り口(見せ方)としての独自性

以前、FXってキーワードで検索した時に検索ランキング1位になっていたのは、漫画コンテンツだったんですよ。
なんかFXって聞くと小難しく感じるじゃないですか?その小難しい情報を漫画で紹介するコンテンツそれがFXっていうむちゃくちゃ難しいキーワードで1位をとったんですね。
つまりそれが情報の切り口としての独自性

調査手順

・タイトル/構成を抜き出す

・文字数の調査

・その記事ならではの情報

例えば、「店舗集客」ってキーワードで記事を製作する場合。どういう競合のコンテンツの調査の仕方があるかっていうところを紹介していきます。

「店舗集客」って実際に検索してみて、今1位2位3位を獲得している競合のウェブサイトを調査するんですね。
例えば、1位のサイト。
タイトル/その記事の構成を抜き出します/最後に文字数も抜き出します。

この3つを抜き出したら、この記事ならではの情報を書き出していくって形ですね。


例えば、店舗が活用できる集客方法を10個紹介しているな〜とか。

こういった形で競合の1位2位3位の情報を実際に自分の目で読んでみて実際に抜き出してみてこの記事にはどのような情報が含まれているのか?この記事にはどのような情報が含まれていないのか?ってところまで全て書き出していきます。

でこの後者の部分が非常に大切なんです。

競合のコンテンツのどの情報が含まれていないのか?っていうところを調査することが非常に大切なんです。

ようはそこが実際に分析できれば、自分の記事にその独自性を落とし込むことができる。

独自性を出すとしたら

例えば、「店舗集客」で各集客方法におすすめの基準がライター次第になっちゃっているなってなっているから。
各集客方法におすすめの基準を設けると良いかなと。

こういった7つの基準で店舗集客のオススメ情報をお教えしますってやったら。
このような前提条件の整理があったら、ユーザー自体も理解しやすいと思います。
でこういう7つの基準で店舗集客を選べばいいんだってところまで理解できると思うんですよ。

なので独自性を出すとしたらこういった基準を設けてみるとか。

または より多くの店舗集客方法を掲載するとかですね。

競合が10個だったら、11個とか12個記載してみる。そうすれば、そこでも独自性を担保でs来ますよね。

あとは、自分から発信できること。

自身の思想とか創作物とか経験。体験談とか

自分しか発信できない情報とかも独自性が担保されます。

 

 

コメント