SEOの基礎〜SEOの概要編〜

SEO
スポンサーリンク

これを見れば、SEOとはなんぞやと友達に説明できるようになります。

 

SEOとは?

ウェブマーケティング手法の一種です。
ウェブを使ってマーケティングする。
オンライン上で集客していきますよっていうマーケティング手法の1つ。

SEOはどうやってユーザーを集客するのか?

検索エンジン
→GOOGLEとかYAHOOのこと

何かしらキーワードを検索すると検索結果って出ますよね?


その何かしらのキーワードを検索した時に出るこの検索結果を自分のサイトを表示されること。それがSEOの集客方法。
検索結果に自分のサイトを表示させることができたら、ユーザーが自分のサイトへアクセスしてくれますよね?

自分のサイトへアクセスしてくれる人が多ければ多いほど、自社のPRしたいサービスとか商品というものをユーザーに対して届けていくことができる。認知を拡大していくってこと。

検索エンジンの仕組み

検索結果が出ていると思います。検索結果の表示から上から1位2位3位って表示されていますよね?

これを「検索ランキング」って言います。

 

グーグルとヤフーの検索エンジンがるんですが。実は検索結果はどちらも同じなんですよ。

そうなんですよ。グーグルもヤフーも検索結果は同じになるんですよね。

これは、検索ランキングを決める仕組み。これを「検索アルゴリズム」って言ったりします。

「検索アルゴリズム」っていうものを、グーグルもヤフーも同じものを使って検索ランキングを決めているから。
検索結果は同じになるってことなんです。

日本国内における検索エンジンシェア率

グーグルを使っている日本人の割合 68%
ヤフーの場合は28%

グーグルとヤフー合わせて日本国内の検索エンジンシェア率は97%くらいになります。

日本人は、ほぼ全てグーグルかヤフーを使っているってことですね。

ここで、検索アルゴリズムをグーグルとヤフーは一緒って言いましたよね?
つまり検索結果は、グーグルもヤフーも一緒ですよね?

SEOに置いての基本中の基本は、グーグルに対応させる所がポイントです。

グーグルの検索結果上に表示させれば、つまりヤフーにも検索結果を表示させることができますよね?

いかにグーグルの検索結果上に自分のウェブサイトを表示させることができるか?
それが一番大事。

SEOの成功ポイント

検索ランキング
いかに上位を表示させることができるか?
検索ランキングで上位を表示できれば、たくさんのユーザーさんをサイトにアクセスさせることができる。

クリック率(CTR)

検索ランキング別のクリック率
例えば、検索ランキング1位を獲得した場合の自分のサイトをクリックステもらえる確率統計値では、23.86%

10位まで後退してしまうと、クリック率が2.4%まで下がってします。

検索結果で上位を獲得すればするほど、クリック率が高まる。クリック率が高まれば高まるほと多くのユーザーさんを自分のサイトに招き入れることができる。
つまり検索ランキングで上位を獲得すればするほど、自分のサイトへのアクセス数を増やすことができるという仕組みですね。

例外もあります!

ただ、あくまで統計値なので例外もあります。
DUDA(転職サイト)ってキーワードで2位を獲得するサイトがあったんですけど、ただその2位を獲得してたのに、全然ユーサーを獲得できていないサイトがあった。

調査分析したら、DUDAってキーワードで検索した時のクリック率が、2位のサイトは2%くらいしかなかった。

統計値では、16%あるはずなのに。DUDAでは2%しかなかった。
DUDAって検索する人は勿論DUDAの転職サイトにアクセスしたいって人じゃないですか?

だから1位の転職サイトへみんな流れるんですが。2位の「口コミ評判を解説」ってサイトは検索意図とはずれているんですね。だからキーワードによって検索ランキング別のクリック率は変わります。

あくまで統計値として覚えてください。

まとめ

SEOとは検索結果上に自分のサイトを表示させること
Gooleの検索結果に自分のサイトを表示させること。それがSEO

成功ポイント
グーグルで検索結果でいかに検索ランキングで上位を獲得するか?

コメント