定期購読者様限定ページはこちら

Tesla(テスラ)の収益性をトヨタ・ホンダと比べると?

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

今回は、米電気自動車(EV)最大手のTesla(テスラ社)の業績が好調な要因を分析します。さらに、日本の自動車メーカーであるトヨタやホンダと比べ、Teslaの収益性が高いのか低いのかを分析していきます。

Tesla Inc. Q2 2021 Update
トヨタ自動車株式会社 2021年3月期決算要旨
トヨタ自動車株式会社 2021年3月期決算説明会資料
本田技研工業株式会社 2020年度決算報告書
本田技研工業株式会社 2020年度決算説明会資料

※以下の解説で使用したスライドは、Tesla Inc 2021年Q2決算(2021年7月27日)、トヨタ自動車株式会社 2021年3月期決算要旨(2021年5月12日)、トヨタ自動車株式会社 2021年3月期決算説明会資料(2021年5月12日)、本田技研工業株式会社 2020年度決算報告書(2021年5月14日)、本田技研工業株式会社 2020年度決算説明会資料(2021年5月14日)から引用しています。

今回は、Teslaの2021Q2(2021年4−6月期)の決算を取り上げていきます。

2021Q1に引き続き業績好調なTeslaを、日本の自動車メーカーであるトヨタ自動車、本田技研工業の2社と、収益性という面で比較していきます。

Tesla決算資料より

まず、Teslaが決算報告資料で報告している重要指標から見ていきましょう。

左側のグラフ(vehicle deliveries)は、四半期ごとの納車台数が示されており、2021Q2は20万台を初めて超えました。さらに、2020Q1から6四半期連続で納車台数が増加しています。

Qとは、クオーターの略で四半期決算を指します。 例:Q2=第2四半期のこと

真ん中のグラフでは、営業キャッシュフロー(青)とフリーキャッシュフロー(赤)が示されており、2020Q2から5四半期続けてキャッシュフローがプラスとなっています。

・Operating Cash Flow(営業キャッシュフロー):事業活動を通じて実際に稼いだお金のこと
・Free Cash Flow(フリーキャッシュフロー):事業活動を通じて得た資金のうち、自由に使える額のこと

右側のグラフは純利益(青)とEBITDA(赤)で、2021Q2では$1.2B(約1200億円)と大きく純利益を伸ばしており、直近の4半期でも$300M(約300億円)を大きく下回ることがなく、安定して利益を出しています。

EBITDA:Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortizationの略。税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益のこと

赤字が問題視される時期もあったTeslaですが、直近の決算は絶好調の内容であると言えるでしょう。

Teslaの好調の因数分解

Tesla決算資料より

では、なぜ好調な業績を続けられているのでしょうか? その要因を製造、納車などのデータから分析していきます。

「モデルS」と「モデルX」は、新モデルが発売されて製造も納車も始まりましたが、製造は2021Q2で2340台、前年同期比(YoY)−63%、納車は1895台、YoY−82%と、まだ元のペースには戻っていません。

一方、「モデル3」と「モデルY」は、製造が20万台を超え、YoY2.7倍と大幅に増産しており、納車も約20万台、YoY2倍以上と、Teslaの収益の柱となっています。

充電ステーションのSuperchargerも3000ヵ所に迫る勢いで増加しており、YoY+46%と順調に増えています。

Tesla決算資料より

こちらは、Teslaの需要量と供給量に関するデータが示されています。

中国(上海)での製造量は45万台強になっており、生産量を増やし続けていることが業績に大きく貢献しています。ちなみに、日本で販売している「モデル3」も、中国で製造されています。

下のグラフは、地域別のTeslaの市場シェアの推移を表しています。
中国でのEV(電気自動車)シェアは、2021年Q2で1%を超えてきており、YoYで2倍以上にシェアを増大させており、急成長しています。

Teslaの収益性は?

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント