定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

VR秋葉原駅も登場 バーチャルマーケット6、リアルと接点広げる

BizMAG
スポンサーリンク

VR(仮想現実)事業を手掛けるHIKKY(ヒッキー、東京・渋谷)主催の「バーチャルマーケット6」が2021年8月14日から28日まで開催中だ。百貨店やメーカーの他、JR東日本やNTTドコモが参加するなど出展企業の幅が広がっている。実ビジネスとの接点をどう生み出すのか。各社ブースを訪れて検証した。

日経クロストレンド より

 

「バーチャルマーケット6」企業出展エリアの一つ「Core(コア)」。VR空間上の街に、実在する企業や商品の広告が並ぶ

HIKKY(東京・渋谷)が主催するバーチャルマーケットは、世界最大のVRマーケットだ。日本だけでなく米国や韓国など世界中からユーザーが訪れ、来場者数は100万人を超える規模という。2020年4~5月に開催した「バーチャルマーケット4」では、「VRマーケットイベントにおけるブースの最多数」としてギネス世界記録に認定された。

 もともとはVR空間上で使用するアバターや3Dアイテムなどを制作する個人クリエイターの展示即売会として始まったものだが、近年は大手企業が続々と参加。リアル商品の販売も充実しつつある。

 出展企業にとっては、イベントや展示といったバーチャル空間ならではの「体験」を提供できるのも魅力の一つだ。バーチャル空間を生かし、従来のECサイトでは実現できなかった顧客体験をつくり出している例が、大丸松坂屋百貨店のブースだ。

「VR飲み」に使う3D食品モデルを販売

 VR空間に置かれたカタログをめくると、色鮮やかなフルーツでデコレーションされたアイスキャンディーが目の前に飛び出してくる。ヘッドマウントディスプレー越しに見ると、ごろっとした肉厚なマンゴー、持ち手に印字された「COLD STONE」というブランド名まではっきりと見える。

 バーチャルマーケット6で大丸松坂屋百貨店が展示した、百貨店業界初の「飛び出すバーチャルカタログ」だ。カタログのページをめくると、3Dモデルで表現された商品が飛び出す仕組みになっている。3Dモデルは360度好きな角度から商品内容を確認できるのが特徴。ワインなら手に取ってラベルの情報を読むことができるし、ハンバーグや鯛(たい)めしは盛り付けられた食材の細部まで見て取れた。

大丸松坂屋百貨店の「飛び出すバーチャルカタログ」(写真中央)。「BUY」マークの付いた赤い吹き出しをタッチすると、Webブラウザーが立ち上がりECサイトの該当ページが表示される。バーチャルマーケットの会場を離れることなく、そのまま商品を購入できる

これらの食品3Dモデルは、展示だけでなく一部販売もされている。実際には食べることのできない3Dモデルを何に使うのかといえば、オンライン飲み会ならぬ「VR飲み」だ。

 VR空間では、日々3Dモデルを使ってユーザー同士のコミュニケーションが行われている。直接顔が見えないからこそ、ビールやおつまみの3Dモデルが重要な役割を持つ。みんなでビールジョッキを持って乾杯したり、ケーキの3Dモデルで誕生日を祝ったりするのである。

 こうしたVR空間を生活圏にしている「VR民」の文化に合わせた商品を販売することで、「食品=大丸松坂屋百貨店」のイメージを浸透できるだけでなく、新たな収益源も得られる。また、VR民の20~30代の中には、百貨店での買い物になじみがない人もいる。彼らの生活圏に出店することで、新たな客層にアプローチできるというわけだ。

VRでスーパーバイクに試乗

 初出展となるヤマハ発動機はバーチャルマーケットの会場内を移動できる「VRシェアライドサービス」を展開。普段バイクになじみのない人でも、気軽に本格的な二輪車を体験できるサービスを提供した。

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント