WEB・SNS集客爆上がり【超実践型フレームワーク】

BizMAG
スポンサーリンク

個人時代になり、WEBやSNSを活用しなければ生き残れない時代になっています。なぜ自分のお店のフォロワーは伸びないの?ページは見られているのに購入に至らないの?などは、WEBマーケティングの知識が浅いからです。

今回はWEBマーケティングの基礎と、問題を解決できるフレームワークについて説明します。

  • WEBコンサルの基礎知識
  • クライアント様への問題発見
  • 自分のマーケティング効果を上げる、利益拡大

例えば、オンライン通販の経営が赤字。どうやって立てなおしますか?

商品やサービスを見せる→興味を持ってもらう→欲しいなぁと、思わせ続ける(例:Instagramの投稿頻度を上げる。連絡するとか単純接触を繰り返す)→買ってもらう。買わせる→また買ってもらう。買わせ続ける→紹介してもらう。紹介させる。

この流れを作り続けることが大事。購入や来店をしてもらうまでに至らないには、このどこかでつまずいている可能性があるので、オンライン販売やオンライン広告をしている場合、数値をみて分析することが大切。

オンライン販売でなくても、店舗販売でも同じようなことが起きている。

この下の図めちゃ大事です!頭に叩き込みましょう!

マーケティング

この、【集客施策】【購買施策】【CRM施策】の3つ全部がマーケティングです。この中のどこかがうまくいってないと、結果的に購買にはつながらない。

このそれぞれのどこに問題があるのかを探る。分析して改善してくことが大事。オフラインでも似たことが起きるので、参考になると思います。オンライン販売のメリットはこの数値分析が行いやすい職種だから、解決策が見つけやすいです。分析を行っていない企業は必ず行ってください。

一瞬、英語ばっかりでムリーー!!!ってなりますが、英語の意味を理解できればそんなに難しくありません。というか、英語の勉強にもなるから覚えてしまいましょう!

ではポイントを解説します。

【営業/広告=集客施策】

SearchQuery(検索クエリ)(Query=問い合わせ・特にデータベース関連の時に使用)

お客さまに「当店を何で知りましたか?」と聞くと「Instagramできた」といった場合に、それで会話が終わってはダメ!

「Query(ハッシュタグ・検索したときの言葉)はなんですか?」も、一緒に確認をすること!

impression(表示回数)自社のサイトが何回表示されているか?

■ Refferer(参照元)どこから自分のサイトに来たのか?ブログ?検索?SNS?口コミ?予約サイト?どこから流入してきたか?強化するべき媒体が見えてくる!

CTR(クリックスルーレート/タイトルディスクリプション)

表示回数が多いのに、CTRが低い場合は、ディスクリプションのライティングがユーザーに響いていないかもしれないです。

では問題!次のサイトの問題点の解決するべきポイントは次のABCのうちどれでしょう?(複数回答可)

 

【インプレッション数(表示回数)が多いのに、まったくサイトへの訪問がない】

<A>サイトの内容を変えてみる

<B>サイト画像に有名人を起用する

<C>ディスクリプションやサムネネイルの改善をする

正解は、C。ディスクリプションの内容にインパクトがない、キャッチーじゃないから変更するべき。

【美容室の店舗のインプレッション数(表示回数)が上がらない】

<A>HPの画像を修正する

<B>リファラ(参照元)を調べ媒体毎に優先順を変更

<C>検索クリエを調べてHP内部改善

正解はBとC。表示回数が上がらないので、検索クリエを調べてキーワードを入れるようにする。

例えば、「ヘアサロン 表参道」と、HPのテキストの中に書かれていても誰も検索しないからヒットしない⁼表示されないサイトになってしまっている。HPに書かなければいけないワードは「美容院 表参道」が正しい。

流入媒体は何を使っていますか?Facebook?Twitter?Instagram?YouTube?予約サイト?ユーザーはどこから流入しているか確認してください。一番流入数の多い媒体のコンテンツに力を入れてみて、予約や購買のユーザー導線をしっかり作つくってみましょう。

CPC(コストパークリック)

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント