定期購読者様限定ページはこちら

Z世代で「ポーカー」が空前のブーム 店舗急拡大、サミーも本腰

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

1970年代のボウリング、80年代のビリヤード、2000年代のダーツと、時代ごとに若者の間で流行する遊技は変遷を重ねている。そして21年の今、Z世代の間でブームを呼んでいるのが、実はカードゲームの「ポーカー」だ。遊技機メーカーのサミー(東京・品川)は専用遊技場を出店、アプリを展開するなど本腰を入れ始めた。なぜポーカーなのか。

サミーが手掛ける「m HOLD’EM(エムホールデム)目黒」。店内にはポーカーテーブルが8卓設置されている。肩肘張らず、ポーカーを気軽に楽しめるカジュアルな雰囲気だ

2021年8月、東京・目黒に新たな流行発信地が産声を上げた。仕掛けたのは、遊技機メーカーのサミー。カードゲームのポーカーが手軽にできる「m HOLD’EM(エムホールデム)目黒」を出店した。

 店内には、一度に9人のプレーヤーが座れるポーカーテーブルがVIPルームを含めて8卓設けられ、中央にはバーカウンターがあり、軽食やアルコールを楽しめる。店内で一度に座れるのはポーカーテーブルとカウンターを合わせて90人程度。照明は明るく、壁や窓にはトランプのマークなどが飾られ、カジュアルな雰囲気だ。初めて来る若い人や女性でも、入りやすく、居心地がよいように工夫されている。

中央にはバーカウンターが設置され、ビールやオリジナルカクテルが飲めるほか、ピザ、カレーなどの食事もできる

店内奥のVIPルームは特別な空間になっており、仲間だけで楽しみたいときには重宝しそうだ。使用料は1時間2万5000円(税込み)

若者を魅了する「テキサスホールデム」とは?

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント