定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

Z世代に人気のTikTok企業アカウント3選 企業イメージUPに大貢献

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

Z世代が注目するインフルエンサーのトレンドが「人柄重視」に変わってきた。実は、人気を集める企業の公式アカウントも同じ傾向がある。企業のインフルエンサー施策を手掛けるサイバー・バズの担当者が、Z世代に人気の企業アカウントとその背景にある理由に迫った。

日経クロストレンド

より

企業のTikTok活用が加速。企業の“中の人”の思いや普段の様子が垣間見られる動画が若者の共感を呼ぶ

Z世代に人気のインフルエンサー9選 映えよりも人柄重視?」の記事で、今のZ世代に人気のインフルエンサーのトレンドは「人柄重視型」に変わってきていることをお伝えしました。近ごろ、そのトレンドは個人の人気インフルエンサーだけでなく、企業のTikTokアカウントでも注目を集める要素になってきています。

 今回は、企業の新しいSNS活用のトレンドについて、解説していきます。

 まずご紹介する1組目は、「#ざっきーとゆってぃー」です。

【#ざっきーとゆってぃー】
TikTok:@zakkyyutty

「#ざっきーとゆってぃー」のTikTokアカウント

この2人は、通信事業者の代理店としてモバイルショップを展開しているArrowグループ(神戸市)の採用担当です。撮影は社員同士で行っており、最初に大きな反響を呼んだのが「先輩にタメ口使ってみた」という内容でした。

「#ざっきーとゆってぃー」さんは、仲の良い先輩後輩の掛け合いが人気

一見ひやひやしそうな企画ですが、先輩が笑いながら鋭いツッコミを入れる様子に「ホワイト企業」「先輩後輩、仲良くて羨ましい!!」「きっと普段ちゃんとしている関係だからこそ、信頼し合ってできるんだろうなー」など、会社の雰囲気や先輩後輩の人間関係を羨ましいと感じる人からのコメントが、多く寄せられました。

 「タメ口使ってみたシリーズ」の他にも、「○○して出勤してみたシリーズ」など、社員同士の仲の良さそうな様子や、時には就活生へのアドバイス、自社のインターンの告知なども行い、採用面でSNSをフル活用しています。

インターンの告知など、採用面でもフル活用

初めは「こういう会社が羨ましい」という表現のコメントが大半でしたが、ざっきーさんとゆってぃーさんの信頼関係があるからこその仲の良さや、会社の風通しの良さなどが視聴者に伝わり始め、現在は「ここの会社で働きたい」と、この会社自体に魅力を感じている若い世代が増えています。

 採用に関連して、大抵の企業はホームページや会社説明会などを通じて社内の雰囲気や経営者の考えを発信しています。しかし、そのような発信だけだと、どこか用意された言葉に感じたり、実際の社員同士の距離感が見えづらかったり、本当の社内の様子を感じることは難しいでしょう。飾った言葉では今の若者には刺さりにくい。ざっきーさんとゆってぃーさんのように、自然体の社員同士の掛け合いを見せることで、若者が実際にその企業で働くことをイメージしやすくなるのだと思います。

 今や会社も選ばれる時代。誰と働くのか、中の人がどのような思いで働いているのか、ホームページ上の言葉だけでは見えないことをどのように伝えていくか。TikTokは生の姿を見せるツールとして、今後さらに活用が進みそうです。

“おじさん”たちが主役 お堅いイメージを「人柄」で払拭

 続いて紹介するアカウントは、「大京警備保障てゃ」です。

【大京警備保障てゃ】
TikTok:@dkykeibi_tokyo

「大京警備保障てゃ」のTikTokアカウント

こちらは、大京警備保障(東京・新宿)の広報担当者が会社や社員の様子を発信しているアカウントです。

 警備会社と聞くと堅いイメージがあったのですが、このアカウントでは「部長が初めてパンケーキを食べてみた」や「社長、課長、部長で踊ってみた」など、社員の楽しそうな姿が投稿されており、従来の業界のイメージを大きく変えつつあります。

社内の“おじさん”たちが生き生きと登場する姿に若者も反応

社長や部長、広報、教育係と、様々な立場の“おじさん”が出演し、おじさんが楽しそうにしている投稿に「部長かわいい!」など、いわゆる“おじキュン”のコメントや「ここで働きたい!」という声が多く寄せられています。

 人柄重視型の記事でも解説したように、その人の人柄をどれだけ好きになるか、共感するかによって、視聴者の見方や熱狂度は変わってきます。

 それを大京警備保障さんは、部長の飾らない姿や社内の和気あいあいとした様子を投稿し、社員の人柄や社内の雰囲気に好感を持ってもらうという方法で、会社の良いイメージにつなげることができています。

 警備会社としての知名度を上げるための宣伝活動として、また求人に生かせるのではないかと始めたとのことですが、多くの若者が興味を持ち、実際に問い合わせ数も増えているそうです。

愉快で楽しい“あおり”でコメントを誘発するほっともっと

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント