定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

唯一無二の体験型書店「文喫(ぶんきつ)」について

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。

皆さん、東京六本木にあります「文喫(ぶんきつ)」と言う書店はご存知でしょうか?
2018年12月、六本木・青山ブックセンター跡地に誕生した書店なんですが。1,500円(税別)の入場料を支払わないと入れないという新しい形が話題になり、オープン当初から注目を集め続けています。

え?入場料いるの?

と思った方!
僕も初めはそう思いましたが、人気書店なんですよ。

書店の淘汰が進み、今では街で書店を見かけることも珍しくなりつつある今、「文喫(ぶんきつ)」という書店は従来の書店の当たり前を破り注目を集めています。

今日はそんな「文喫(ぶんきつ)」について解説していきます。

▼第一回目はこちら▼

流行の仕掛け人RaaSビジネスとNeighborhood Goods(ネイバーフッドグッズ)について
こんにちは。 実は最初に、音声(ポッドキャスト)で収録しようと試みたのですが。何か上手い事まとまらなかったので(笑)文章で説明していこうと思います。 後日音声化するかもしれませんので、気長に待っててください。 と言う事で、コロナの...

▼第二回目はこちら▼

リテールエンターテイメントのCAMP(キャンプ)!!小売の生き残りヒントがここに?
こんにちは。 皆さんは、A Family Experience Store「CAMP(キャンプ)」というおもちゃ屋さんをご存知でしょうか? アメリカのニューヨークに店舗があるのですが。これが凄い! 2019年末までに、キャンプはニュ...

▼第三回目はこちら▼

AIを駆使して顧客に最適なアイテムを提供するSTITCH FIX(スティッチ・フィックス)について
こんにちは。 皆さんは、STITCH FIX(スティッチ・フィックス)と言う企業をご存知でしょうか? いや、聞いた事もない! って方も結構いるんじゃないですかね? 一応、D2C企業と言われているみたいなんですが。 僕...

「文喫(ぶんきつ)」について

日本出版販株式会社および株式会社リブロプラスが2018年12月に開業。スタッフが一点一点丁寧に選んだ本が各1冊ずつ並び、人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍が並ぶ話題の本屋です。

文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋。
住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
電話:03-6438-9120
営業時間:9:00~23:00(L.O.22:30)※緊急事態宣言により変更アリ
定休日:不定休
URL:http://bunkitsu.jp/

同社では、「ライブラリー共創サービス」と呼んでいます。

「ライブラリー共創サービス」は、「文喫 六本木」における、本を起点に多様なアクティビティが生まれる場づくりのノウハウを活かし、本のある空間を通して「企業の文化的課題解決」を促進する。

ライブラリー共創については、「文喫(ぶんきつ)」ホームページより詳しく記載しておりますので。
そちらをご参照して頂ければと思います。

文喫 | BUNKITSU | 本と出会うための本屋。
文化を喫する、入場料のある本屋。人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設しています。エントランスでは約九十種類の雑誌を販売。店頭ではあまり出会うことのできないラインアップも交え、来店されたお...

独自性と入店までの流れ

まず店内に入る前に入場料がある。
そう、書店なのに入場料を払うのだ。
店に入るだけで1500円を払う必要がある。
だが、入場料にはコーヒーと緑茶の飲み放題が含まれ、店内にある3万冊以上の書籍が1日中楽しめる。

独自性はこれだではなく。
一般的な書店では、ジャンルやタイトルに沿って売り場づくりをする。
だが、「文喫(ぶんきつ)」は、全てとは言わないまでも、基本的にそういう売り場づくりをしない。
例えば、赤い色の本を一か所にまとめたコーナーがあったりする。
かと思えば、一部の本がわざと隠されていて、客が店内で宝探しを楽しめる仕掛けもある。
さらに、終日滞在できる入場料を払った客だけが利用できる店内併設の小さなカフェもある。

「文喫(ぶんきつ)」が他の書店と一線を画するポイントは、このように他店では味わえない独特の要素を含めた体験があるからだ。

収益モデルについて

2019年の記事で少し古いですが、『文喫』店長の伊藤晃さんとのインタビュー記事に書かれたので一部抜粋して

nippon.com

より

 一般書店の場合、売上は「本」のみだが、文喫の売上品目は「本」「喫茶」「入場料」の3つある。
 書籍の粗利は通常は22パーセント程度が基本である。一般書店が利益を上げるには売上冊数で勝負するしかない。文喫では粗利のよい「喫茶」に加え、「入場料」はまるまる利益となる。これらの利益を積むと、全体の粗利率は通常の書店粗利よりだいぶ上がる。1日あたりの入場者数も非公表だが、平均滞在時間は4〜6時間で、数百人。週末は入場待ちの列ができる。

 1500円の入場料を払ってでも行きたいと本好きに思わせる書店であるために、ゆったりとした空間づくりと、文喫らしい選書を重視している。それは同時に、入場料というポケットがあるからこそ、思い切った選書ができるということでもある。

棚は「本との出会い」を念頭に設計されている。1タイトルあたり1冊を原則に3万冊がギュッと詰まった選書室だ。選書するスタッフは各テーマに深い愛着と知識を持った人たちである。
「演劇の棚は劇団で俳優をやっているアルバイトスタッフに任せていますし、建築の棚は建築学科の学生がアルバイトで入ってくれています。ふつうの書店では到底置くことのできない高額な専門書もうちでは認めています」
 その結果、一般書店では10年かかっても売れないような3万円もする美術書が、棚に並べた翌日に売れた。そんなことが何度もあった。
 通常の書店の客単価が平均1000〜1200円に対し、文喫では3000円を超えるという。

スペース業という発想

「でも、考えてみてください」
 有料書店が成り立つ仕組みを咀嚼しきれずに唸っていると、伊藤さんが言葉を重ねた。


「六本木という飛び抜けて地価の高い場所で1500円払うだけで一日中過ごすことができる、それ自体、ありえない安さですよ」

『文喫』店長の伊藤晃さん

逆に言えば、この一等地で入場料を取らずに書店業は成立しない。スペース業という概念で空間を捉えないと書店は成り立たない時代にきていると伊藤さんは話した。

「大元にあるのは、本だけでは通常の書店経営は立ち行かないということです。だけど僕らは書店という空間を存続させたい。そのために、極端なことを言えば、本が全く売れなくても成り立つビジネスを模索しています。その可能性が文喫にはあるなと手応えを感じています。というのも、文喫にはもう一つ、収入源があるんです」

 企業とのコラボやタイアップなどの「広告収入」という第4のポケットだ。文喫でのコマーシャルや番組の撮影や、企業からのタイアップの依頼が引きも切らない。初年度売上に占める割合は、これもまた非公開で、とのことだったが、その数字の大きさには驚いた。

「僕らも予想外でした。でも、このことから『本』から連想される文化的な雰囲気や教養に対する企業や社会の持つイメージがよいことがわかります。これは僕らのビジネスチャンスです」

 文喫の経営本体は取次大手の日販である。

 文喫のプロジェクトは日販のリノベーション推進部につくられたユアーズブックストアというチームから始まった。新しい書店の形を模索する実験的なプロジェクトだ。空間やブランドづくりは「スープストックトーキョー」のスマイルズが行なった。そして日販傘下の書店運営会社リブロプラスが運営している。伊藤さんはリブロプラスの社員だ。

「有料の書店も考えられるよね、といった話は僕ら書店員の間では10年ほど前から出ていました。本だけでは厳しい、本プラス何かを掛けあわせないと書店という業態を維持できないという危機感はもう長く現場では共有していました」

 伊藤さんの書店員歴は12年になる。雑誌編集者を経て2008年にリブロプラスに入社し、複数の店舗で店長として店舗経営に携わった。書店員として売り場からヒットをたくさん送り出した、「売れる本」の目利きである。本部でのマーケティングや商品開発を経て、昨年文喫の開業に伴い店長として配属された。

 一般に書店では、出版売上データをもとに「売れ筋」を中心に取り扱う本が決まっていく。極端に言えば、売上ランキングのトップの作品から順に並べていくと売上が上がる。また、出版社が力を入れる作家や作品には報奨金がつくことがあり、粗利を稼ぐために重要な資源となる。そのため、どうしても他店との違いを打ち出しづらくなる。委託販売制度により、返品など在庫管理が煩雑になることも書店を苦しめる。その結果、全国で書店は年間1000軒のペースで淘汰されている。

 ところが、文喫ではこれまでの店舗運営の経験とは真逆のことが起きた。

「これまでは「売れる本」を置くのが前提でした。ところが、ここでは『こんな本、誰が買うんだろう?』という本が売れるんです。これまでの店長経験は完全に覆っています」

 むしろ一般書店との違いが曖昧になると文喫らしさが薄れるため、スタッフの選書に口を出さない。文喫は今まで見えにくかった「本好き」の存在を可視化した。

逆走のプロセス空間デザインについて

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント