定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

リテールエンターテイメントのCAMP(キャンプ)!!小売の生き残りヒントがここに?

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。

皆さんは、A Family Experience Store「CAMP(キャンプ)」というおもちゃ屋さんをご存知でしょうか?
アメリカのニューヨークに店舗があるのですが。これが凄い!

2019年末までに、キャンプはニューヨークを皮切りに、コネチカットやテキサスに進出し、5店舗を展開。月平均で5万人の来客数を記録するまでに成長した。さらに勢いに乗り5~10店舗増やすことを計画していたが、コロナ禍でこの計画は破綻。「子供に遊び場を提供し、玩具を買っていただく」というコンセプトへの打撃はあまりにも大きかった。

だが、同社は2020年に前年比300%増という驚異的な増収を達成する(具体的な収益額は非公開)。さらに、2021年に新店舗開設を再計画しているという。
DIGIDAYより一部抜粋

またコロナ渦でも売上は好調みたいです。
ではなぜ?好調なのでしょうか?人気なのでしょうか?

今日は、小売の生き残りのヒントが隠されているかもしれません。
CAMP(キャップ)について少し深掘って見ていきましょう♪

▼第一回目はこちら▼

流行の仕掛け人RaaSビジネスとNeighborhood Goods(ネイバーフッドグッズ)について
こんにちは。 実は最初に、音声(ポッドキャスト)で収録しようと試みたのですが。何か上手い事まとまらなかったので(笑)文章で説明していこうと思います。 後日音声化するかもしれませんので、気長に待っててください。 と言う事で、コロナの...

きっかけはトイザらス

創業者のベン・カウフマン氏はBuzzFeedでCRO(最高収益責任者)兼CMO(最高マーケティング責任者)を務めていました。

2018年の夏頃、妻と息子とニューヨークシティに暮らしていました。
そんな中、2ヶ月前にトイザらスが、経営破綻に追い込まれたことが追い風となって、カフマンの思いに火がついた。

「街に玩具が買える場所がなくなっちゃったんですよ(カフマン氏)」

しかも親子連れで何度行っても楽しめるような場所もないことに気づいた。

「子連れファミリーが家族単位で定期的に通いたくなるような、ワクワクする体験はどうすれば生み出せるのか(カフマン氏)」

と考えを巡らせているうちに「CAMP(キャンプ)」をひらめいたとい言います。

「子供だけではなく、あくまでも家族一緒に楽しめる体験の場という観点で考えたんです(カフマン氏)」

スターバックスの遊び版と言えます。

そこで、カフマンはニューヨークの5番街に「CAMP(キャンプ)」をオープンすべく動き出したんです。

マジックドアで冒険心が沸き立つ

ニューヨークに建てられたお店は、1万平方フィート(約929平方メートル)と言われています。
しかし店内に入ると、物販に割かれている面積は、店舗全体の2割程度にすぎない。

残り8割は、同社に言わせると、子供と家族が体験できるブラックボックス的シアターになっている。

「マジックドア 」という空間があるのですが、ここは定期的に変わるテーマに沿った体験ができる場で、テーマは約3ヶ月ごとに変わり、多くの場合、何らかのブランドがスポンサーになっている。

同店では、玩具に加え、衣料、ギフト、食品の他、両親や祖父母をターゲットにした商品も並ぶ。

「子供たちが持ち歩けるような玩具は、私たちが重点をおいているもののごく一部に過ぎないんです(カフマン氏)」

物販などの売り場

マジックドアの先

複数の収益源

主な収益源はチケット販売、店舗内イベント、玩具販売となっていが、実際には3番目の玩具販売は売上全体の2割程度に過ぎず、ほかの2事業(チケット販売および店舗内イベント)が収益の牽引役を担っている。

チケット販売は、店内で開催するイベントです。
そして前述のとおり、かなり手の込んだテーマ型体験空間もあり。こちらは特定ブランドがスポンサーになる。

体験を実現するチーム作り

この特定のテーマに即した体験を実現するチーム面々がすごい!

いずれもカフマン自ら集めた顔ぶれらしいのですが。
メンバーは、舞台経験者ばかりなんです。

テーマに即した体験を演出する体験デザイナーは、ブロードウェイ経験者を採用しており、大ヒットミュージカル「ハミルトン」などの作品のセット作りを担当したメンバーもいるという。

なるほど、そういうクオリティだ。

カフマン氏いわく、「舞台」である。
子供心を失いかけた大人でさえ、まだ帰りたくないと思えるほどの内容。

カフマン氏いわく、舞台作品の制作陣とほぼ変わらない制作手順で取り組んでいることがわかった。

まずストーリーを書きます。いつも体験をデザインするときはそうです。店内には1つ動線があります。マジックドアを開けたところに舞台があります。食をテーマにしたクッキングキャンプの場合、いくつもの冷蔵庫の間を抜けると、農場に辿り着き、そこで畑から食品がどのように生まれてくるのかを追っていくんです。

ストーリーが書き上がってから、「CAMP(キャンプ)」のチームは動線上のポイントごとに配置できそうな商品などを考え始める。カフマン氏に寄れば、どのストーリーでも、展開に合わせて子供達が様々な商品で夢中にになって遊ぶ時間も考慮されている。

リテールエンターテイメントの特徴

こう言ったリテールエンターテイメント型の小売は、物販だけではなく、体験そのものも入場料やブランドスポンサー料と言った形で収益化に繋げている。

リテールエンターテイメント型の小売の考え方は、原点が商品販売ではなく体験づくりにある為、根本的に異質である。いや、むしろ体験こそが商品なのです。そして商品は、この体験の思い出となる一種の記念品なのです。

コロナ渦でビジネスモデルを増やす?

さてここからは、コロナ渦でロックダウンを虐げられ、持ち味の体験型店舗の売上と演出がストップしてからだ。

ここからはコロナ渦でどう売上を作って言ったかのか?の話をしていきます。

B2CからB2Bへのシフト

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント