Twitter書籍紹介まとめ【2022年1月〜2022年2月中旬】

COLUMN(コラム)
スポンサーリンク

おはようございます、もうりです。

日々発信しておりますTwitter。
その中で、ブログには紹介しておらずTwitter上でおすすめしておりました。
書籍を紹介していこうと思います【期間2022年1月〜2022年2月中旬】。

  • 何かインプットを増やしたい
  • 自分の悩みを解消したい
  • おすすめの書籍を教えて欲しい

そんな方に必見の内容になっています。
ビジネス本から古典まで様々なジャンルを取り扱っていますので。
きっとあなたの好みの書籍が見つかるはず!
是非最後まで見てみてね♩

Twitterおすすめ書籍紹介

それでは、順に書籍を紹介して行きます。
ここでは、2022年1月〜2022年2月中旬の期間に呟いた書籍を中心にご紹介します。
また2月中旬以降は、別でご紹介していきますので。
お楽しみに♩

知的生活/G・フィリップ・ハマトン

時間の使い方・金銭への対し方から読書法・交際術まで、そこにはいささかの空疎な議論もなく、切実な実体験から生まれた「人生の極意」にみちている。

超多忙な弁護士が教える時間を増やす思考法/谷原 誠

本書で紹介する「時間の増やし方」をひと言で言うと、
「自分にとって優先順位が高いことに対して最高の集中力をもって時間を投下し、そのほかのことは犠牲にし、あきらめる」
ということです。
「あきらめる」ことは、とても難しいことですが、
時間を増やすためには、やり抜かなければなりません。
そして、そのための実行プロセスは、次のようになります。

  1. 自分の価値観を知る
  2. 価値観に従って優先順位を決める
  3. 優先順位に従ってやることを絞り込む
  4. 3で決めた以外のことを犠牲にし、あきらめる覚悟を決める
  5. 自分の時間を奪おうとする人間関係・機器類を整理する
  6. 栄養・睡眠・運動により、最高のパフォーマンスを発揮できる状態にする
  7. 集中力が途切れないよう休憩を活用する

これらを意識するだけで、あなたの時間はどんどん増えていきます。
仕事でもプライベートでも、自由に使える時間を手に入れることができます。

日本人が知らない世界標準の働き方/谷本 真由美

内容を一部紹介すると、

  • 日本人は向上心がありすぎるから悩んでしまう
  • 実は仕事が大嫌いな日本人
  • 年功序列賃金は役所でさえ廃止されている
  • 貧富の差の「3つの要因」と働き方の激変
  • 誰もが「自分商店」にならざるを得ない時代
  • 「職種の需給予測」を参考にせよ
  • コロナ禍での仕事のリスク
  • リモートワークの成功法則
  • 投資と節税の勉強に時間を費やす

どのように働くべきかを考えるためのヒントが満載。

茶の本/岡倉天心

岡倉天心が欧米人のために英語で著したのが「茶の本」(1906年)。茶を通して、日本や東洋のさまざまな文化の領域(歴史、宗教、建築、芸術鑑賞、花道、死生観など)を紹介しています。
岡倉天心と言う人物のみを調べても面白く凄い人です。

方丈記/鴨 長明

著者鴨長明が見聞し体験した、大火、大風、遷都、飢饉、大地震などが迫真の描写で記録され、その天災、人災、有為転変から逃がれられない人間の苦悩、世の無常が語られる。
現代人の悩みが少しでも和らぐそんな書籍です。
鴨長明と言う人物も歴史的背景や人物像など調べてから読んでも面白いです。

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である/クリスティーン・ポラス

仕事で成果を出すための戦略をエビデンスに基づき紹介

  • なぜ、本当にできる人は礼節を重んじるのか
  • あなたの礼節をチェックするリスト
  • 礼節を高めるための方法とは
  • まわりの礼節を高めてチームで成果をだす方法とは
  • あのマイケル・ジョーダンが大切にする2つの言葉
  • 世界最高の職場、グーグルが取り組むプログラム
  • 会社に損害を与える無礼な人の4つの対策不法とは
  • 「成功の自覚」があなたを強くする
  • 即レスが正しいとは限らない!生産性を下げるメールとは

幸福論/ヒルティ

実は幸福論は3部作です。
そして非常に難解で難しいです。
ですから、時間を見つけてはじっくりと熟読することをオススメします。

幸せとはどういったものなのか?
どのような考え方なのか?と知れる書籍だと思います。

孫子

世界的名著の1つですね。
戦に勝つための軍事マニュアルみたいなものですが。
現代の生き方、思考、戦術などなど色々と学べる書籍の1つです。

東大教授がおしえる やばい日本史/本郷 和人

歴史上の人物が、身近に感じます。
絵のタッチも少し雑さがありそこも愛嬌がある。

  • 武田信玄はイケメン好き
  • ニートになってお金とお酒を兄にたかる真田幸村
  • フラシスコ・ザビエルの話などなど

ユーモアがあり面白い一冊です。

道徳感情論/アダム・スミス

アダム・スミスの二大著作の一冊が「道徳感情論」です。
「国富論」はその副産物だそうです。
個人とは「共感」能力を持ち、様々な「激情」を持っています。
利己的であったり、社会的であったり、憤ったり、感謝したりします。
スミスはこういった個人の心に「義務」「道徳」を確立して、新しい社会と人間のあり方を探りました。
近代社会の原理を知るための必読書ですよ。

まとめ

変化を恐れず前への見出し画像

どうでしたか?
少し小難しい書籍も含まれていますが。
どれも勉強になる書籍ばかりです。

  • 知的生活/G・フィリップ・ハマトン
  • 超多忙な弁護士が教える時間を増やす思考法/谷原 誠
  • 日本人が知らない世界標準の働き方/谷本 真由美
  • 茶の本/岡倉天心
  • 方丈記/鴨 長明
  • Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である/クリスティーン・ポラス
  • 幸福論/ヒルティ
  • 孫子
  • 東大教授がおしえる やばい日本史/本郷 和人
  • 道徳感情論/アダム・スミス

現代を生きる上で悩みがある人。
思考や教養を身に付けたい人。
ビジネスマンとしてスキルをつけたい方など。

あらゆる人にも読み応えのある必読書ですよ。
是非気になる方は読んでみてね♩

最後までお読み頂きありがとうございます。

COLUMN(コラム)
スポンサーリンク
\シェアする/
Kazuhiro Mouriをフォローする
30代のためのファッションWEBメディア

StyleWear(スタイルウェアー)|30代のためのファッションWEBメディア
【全くの「おしゃれ」初心者が0から、このWEBメディアを通じて「おしゃれ」になる】をコンセプトとし。

・ファッション
・ビューティー
・ライフスタイル
・ヘルスケア
・ファイナンシャル

などの知識を得るための様々なコンテンツを配信しております。

KazuhiroMouriBlog

コメント